キング・コング

キング・コングの画像・ジャケット写真

キング・コング / ジェフ・ブリッジズ

全体の平均評価点:(5点満点)

15

全体の平均評価点:

DVD

Blu-ray

映画賞受賞作品

ジャンル :

「キング・コング」 の解説・あらすじ・ストーリー

DVD

Blu-ray

映画賞受賞作品

解説・ストーリー

怪獣映画の古典をイタリアの製作者ディノ・デ・ラウレンティスが巨費を投じてリメイク。旧作のようなモデル・アニメーションにこだわりさえしなければ、ヌイグルミのコング(特殊メイクアップ・アーティストのリック・ベイカー自らが演じる)というのは質感・力感の表現に長けており悪い選択ではないのだが、いかんせんドラマの展開が平板なのと視覚的な見せ場に欠けるのとで内容空疎な作品に終っている。J・ラングがキングコングに囚われた美女役でデビュー。

「キング・コング」 の作品情報

作品情報

製作年: 1976年
製作国: アメリカ
原題: KING KONG
受賞記録: 1976年 アカデミー賞 特別業績賞(視覚効果)
1976年 ゴールデン・グローブ 新人女優賞

「キング・コング」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

関連作品

関連作品

ナイル殺人事件

ワルツ・オブ・ザ・トレアドールズ

ギヴァー 記憶を注ぐ者

トッツィー

ユーザーレビュー:15件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

1〜 5件 / 全15件

オリジナル版と記憶が混ざって・・・

投稿日:2006/06/27 レビュアー:kazupon

戦前に作られたオリジナルに比べて、こちらの方が迫力不足に感じるのはどうしてでしょう?
ストーリー展開はギラーミン版の方が自然で、謎の島を目指す経緯など納得できました。
オリジナルでは、コングと恐竜たちとの闘いの場面がふんだんにありましたが、こちらは巨大蛇との格闘シーンのみです。
丸太の橋から乗り組み員たちが振り落とされるシーンは同じでしたね。
私の記憶では、コングの握った手の中で美女がコングに語りかけ、最後はエンパイアーステートビルから落ちる。というものでした。
明らかにオリジナルとの混合で、私にとってはそれが印象に残った映像だったのでしょう。
この作品では、コングと美女が心を通い合わせてしまったために
コングに対する畏れや迫力がなくなったように感じます。

このレビューは気に入りましたか? 8人の会員が気に入ったと投稿しています

ジャクソン版より良い所もあり

投稿日:2006/02/06 レビュアー:勝王

ピーター・ジャクソンの「キング・コング」を見たらこの映画を見たくなって、再見いたしました。昔、劇場公開時に見たときは、妙にコングに同情的な映画で、コングの大暴れが余り見られなかったのでガッカリした記憶があったのですが、今見直してみると、それなりに面白いし、ジャクソン版より良い所もあります。CGの発達でコングの造形や特撮場面の迫力は圧倒的にジャクソン版が凄いのですが、ジョン・ギラーミンは意外にストーリーをマジメにきっちりと追っていて、女優が海を流れてくるという最初の方の馬鹿馬鹿しい場面を除くと、自然保護、エコロジーが無理なく主張されておりますし、コングを運ぶところもしっかり見せていて、「どーなってるんだ」と言いたくなる箇所はむしろジャクソン版の方が多いです。ジェシカ・ラングも新人らしくフレッシュな感じでいいですし、ジャクソン版のようにコングとスケートしたりしないので好感が持てます。スケートの場面で安達裕美の「REX恐竜物語」を思い出してしまったのは私だけでしょうか?コングも(技術がないためでしょうが)ジャクソン版のように人間みたいな気持ち悪い表情をしないので、安心して見ていられます。貿易センタービルも見られるし。何より、ギラーミン版のコングはゆっくりと動くので巨大感があり、堂々としています。ジャクソン版の方はCGなのでちょこまかしてるし、そのくせ、自動車よりスピードが遅いという、米国版「ゴジラ」と同じポンコツぶりです。といっても、全体的にはオリジナルのコング、ジャクソン版のコングに挟まれて、どーでもいい映画ではあります。当時、大作だと思ったのは、私がまんまと騙されたのでした。

このレビューは気に入りましたか? 3人の会員が気に入ったと投稿しています

(個人的整理用コメント)

投稿日:2010/03/29 レビュアー:かづしげ

 観てから長期間経過。わりとおもしろかった印象だが、今見たらつまらなそう

このレビューは気に入りましたか? 2人の会員が気に入ったと投稿しています

生まれて初めて映画館で観た映画

投稿日:2007/07/26 レビュアー:ruby

小学校低学年で、弟はまだ幼稚園だった。その当時は、入れ替え制じゃなく何度でも観れたんだよね。その日はむちゃくちゃ混んでて、一回目は一番後ろに私は立って、父は弟を肩車してた。二回目は一番前に座る事ができたっけ。弟は侍映画の予告で、主君の首を斬られた侍がその首を抱いて「夢でござる、夢でござる」と言っていたのを覚えているって言ってた(ご存じの方教えて下さい)。


私はほんの子供だったけど、ジェシカラングが滝に落とされて
濡れるシーンの美しさに惹き付けられた。その他のシーンはあまり覚えていないのに・・・・・・。そして私は密かに、優越感に浸ったもんだ。彼女の美しさが分かる子供で良かったと。


この映画を観る度に、あの日を思い出す。弟が生きていて私達が家族だったあの日を。映画が最高の娯楽だったあの日を。


どんな映画を観ても、あの日のあの「キングコング」の感動を超える映画には巡り会えない。


巡り会いたくて、私は映画を観続けるのかも知れない。





このレビューは気に入りましたか? 2人の会員が気に入ったと投稿しています

さすがに・・・

投稿日:2006/06/02 レビュアー:にい

このリメイク版はかなり以前に観ましたが今でも記憶に残っています。最新のリメイク版の最後のシーンに納得できなくて借りました。
特撮技術・映像の合成技術は最新のリメイク版に比べると当然お粗末ですが、当時ではスゴイ!と思いながら観ていました。
J・ラングもナオミ・ワッツもかわいいです。
あらすじは同じですが、コングが攻撃され地上に転落したあとのシーンは私にはこちらのリメイク版の方が良いと思います。
どちらのリメイク版にしろ共通して言えるのはコングが哀れです。でもこちらの方はまだ死ぬ間際に好きな?女性に看取られただけ救われたかもしれません。

このレビューは気に入りましたか? 2人の会員が気に入ったと投稿しています

1〜 5件 / 全15件

キング・コング

ユーザーレビュー

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

ユーザーレビュー:15件

オリジナル版と記憶が混ざって・・・

投稿日

2006/06/27

レビュアー

kazupon

戦前に作られたオリジナルに比べて、こちらの方が迫力不足に感じるのはどうしてでしょう?
ストーリー展開はギラーミン版の方が自然で、謎の島を目指す経緯など納得できました。
オリジナルでは、コングと恐竜たちとの闘いの場面がふんだんにありましたが、こちらは巨大蛇との格闘シーンのみです。
丸太の橋から乗り組み員たちが振り落とされるシーンは同じでしたね。
私の記憶では、コングの握った手の中で美女がコングに語りかけ、最後はエンパイアーステートビルから落ちる。というものでした。
明らかにオリジナルとの混合で、私にとってはそれが印象に残った映像だったのでしょう。
この作品では、コングと美女が心を通い合わせてしまったために
コングに対する畏れや迫力がなくなったように感じます。

ジャクソン版より良い所もあり

投稿日

2006/02/06

レビュアー

勝王

ピーター・ジャクソンの「キング・コング」を見たらこの映画を見たくなって、再見いたしました。昔、劇場公開時に見たときは、妙にコングに同情的な映画で、コングの大暴れが余り見られなかったのでガッカリした記憶があったのですが、今見直してみると、それなりに面白いし、ジャクソン版より良い所もあります。CGの発達でコングの造形や特撮場面の迫力は圧倒的にジャクソン版が凄いのですが、ジョン・ギラーミンは意外にストーリーをマジメにきっちりと追っていて、女優が海を流れてくるという最初の方の馬鹿馬鹿しい場面を除くと、自然保護、エコロジーが無理なく主張されておりますし、コングを運ぶところもしっかり見せていて、「どーなってるんだ」と言いたくなる箇所はむしろジャクソン版の方が多いです。ジェシカ・ラングも新人らしくフレッシュな感じでいいですし、ジャクソン版のようにコングとスケートしたりしないので好感が持てます。スケートの場面で安達裕美の「REX恐竜物語」を思い出してしまったのは私だけでしょうか?コングも(技術がないためでしょうが)ジャクソン版のように人間みたいな気持ち悪い表情をしないので、安心して見ていられます。貿易センタービルも見られるし。何より、ギラーミン版のコングはゆっくりと動くので巨大感があり、堂々としています。ジャクソン版の方はCGなのでちょこまかしてるし、そのくせ、自動車よりスピードが遅いという、米国版「ゴジラ」と同じポンコツぶりです。といっても、全体的にはオリジナルのコング、ジャクソン版のコングに挟まれて、どーでもいい映画ではあります。当時、大作だと思ったのは、私がまんまと騙されたのでした。

(個人的整理用コメント)

投稿日

2010/03/29

レビュアー

かづしげ

 観てから長期間経過。わりとおもしろかった印象だが、今見たらつまらなそう

生まれて初めて映画館で観た映画

投稿日

2007/07/26

レビュアー

ruby

小学校低学年で、弟はまだ幼稚園だった。その当時は、入れ替え制じゃなく何度でも観れたんだよね。その日はむちゃくちゃ混んでて、一回目は一番後ろに私は立って、父は弟を肩車してた。二回目は一番前に座る事ができたっけ。弟は侍映画の予告で、主君の首を斬られた侍がその首を抱いて「夢でござる、夢でござる」と言っていたのを覚えているって言ってた(ご存じの方教えて下さい)。


私はほんの子供だったけど、ジェシカラングが滝に落とされて
濡れるシーンの美しさに惹き付けられた。その他のシーンはあまり覚えていないのに・・・・・・。そして私は密かに、優越感に浸ったもんだ。彼女の美しさが分かる子供で良かったと。


この映画を観る度に、あの日を思い出す。弟が生きていて私達が家族だったあの日を。映画が最高の娯楽だったあの日を。


どんな映画を観ても、あの日のあの「キングコング」の感動を超える映画には巡り会えない。


巡り会いたくて、私は映画を観続けるのかも知れない。





さすがに・・・

投稿日

2006/06/02

レビュアー

にい

このリメイク版はかなり以前に観ましたが今でも記憶に残っています。最新のリメイク版の最後のシーンに納得できなくて借りました。
特撮技術・映像の合成技術は最新のリメイク版に比べると当然お粗末ですが、当時ではスゴイ!と思いながら観ていました。
J・ラングもナオミ・ワッツもかわいいです。
あらすじは同じですが、コングが攻撃され地上に転落したあとのシーンは私にはこちらのリメイク版の方が良いと思います。
どちらのリメイク版にしろ共通して言えるのはコングが哀れです。でもこちらの方はまだ死ぬ間際に好きな?女性に看取られただけ救われたかもしれません。

1〜 5件 / 全15件