1. DVDレンタルTOP
  2. すべてのジャンル
  3. 洋画のDVDレンタル
  4. ホラーのDVDレンタル
  5. キャンディマン(2021)

キャンディマン(2021)

キャンディマン(2021)の画像・ジャケット写真

キャンディマン(2021) / ヤーヤ・アブドゥル=マティーン2世

全体の平均評価点:(5点満点)

8

全体の平均評価点:

予告編を検索

DVD

Blu-ray

準新作

ジャンル :

「キャンディマン(2021)」 の解説・あらすじ・ストーリー

DVD

Blu-ray

準新作

解説・ストーリー

1992年の同名ホラー映画の続編として、「ゲット・アウト」「アス」のジョーダン・ピールが製作・脚本を務めて現代に甦らせたスラッシャー・ホラー。忌まわしいキャンディマンの都市伝説をモチーフに、その謎を追う主人公を待ち受ける戦慄の恐怖を描く。主演は「シカゴ7裁判」のヤーヤ・アブドゥル=マティーン二世。監督は、これが長編2作目の新鋭ニア・ダコスタ。シカゴの公営住宅“カブリーニ・グリーン”地区には、鏡に向かってキャンディマンと5回唱えると、右手に大きなフックが付いた殺人鬼が現れ殺されるという不気味な都市伝説が語り継がれていた。都市開発によって今や高級住宅地となったカブリーニ・グリーンに引っ越してきたヴィジュアル・アーティストのアンソニーは、町の都市伝説に興味を持ち、キャンディマンの謎を追い始めるが…。 JAN:4550510005034

「キャンディマン(2021)」 の作品情報

作品情報

製作年:

2021年

製作国:

アメリカ

原題:

CANDYMAN

「キャンディマン(2021)」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

関連作品

関連作品

アンビュランス

ファイナル・デッド ダーク・ウォッチャー

ファイナル・デッドブリッジ

シドニー・ホールの失踪

ユーザーレビュー:8件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

1〜 5件 / 全8件

キャンディマン(2021)

投稿日:2022/04/05 レビュアー:洋画2000本鑑賞済

あまり腑に落ちない設定を盛り過ぎな気もしますが、最後まで退屈せずに観られました。

このレビューは気に入りましたか? 0人の会員が気に入ったと投稿しています

影絵の焼死

投稿日:2022/04/04 レビュアー:裸足のラヴァース 2.0


こちらは「ハロKIL」よりも意識高い系かな あジェーブラでなくて
ジョーダンピールか いやこの2人はごっちゃになるね 文句なく
優秀な娯楽映画「US」の次はどうなるで なあんだジョーダンは
本と製作だけなんだあ ちょい不安だね

ルックはまあ良しとして デザイン処理もすかしたものだ ギョギョ
音楽が先端音楽では有名なロバートアイキオウブリーロウだよ
君 当然知ってるよね え知らない ぷ

なんせ主人公はシカゴアートシーンの黒人芸術家とは盛ったね ぷ
けスノッブじゃあん そんなモダンデザインなホラー美学と都市伝説
のどろーんとしたとこの全体を黒人差別問題圏として描いている
わけだが まともに出ちゃうとちょっと扱いずらいわね

鏡のホラーであり ドッペルなので やはりUSの方がいかに秀れた
演出であったかを証明しちゃった様な作品ですにゃ さてジョーダン
の監督としての次回作は「ノープ」と言うそうで そちら期待で
星一つおまけ

このレビューは気に入りましたか? 1人の会員が気に入ったと投稿しています

次元が違うホラー

投稿日:2022/03/26 レビュアー:smart

たぶん、ハロウィン、ジェイソンなど
現実的なホラーを想像していた人、多いと思いますが全く違うホラー
意味不明と言えば意味不明
物語の中では実在しない空想的な殺人鬼という事でまったく怖さはない
むしろ、日本で言えば貞子の方が数十倍も怖いね 笑

このレビューは気に入りましたか? 0人の会員が気に入ったと投稿しています

端正な映像、印象的なショット…だが、怖くない…

投稿日:2022/03/21 レビュアー:コタロウ(!)

米国イリノイ州シカゴのカブリーニ・グリーンは、かつて多くの黒人が居住する公営住宅だった。
現在は再開発によって高層ビルや洒落たマンションが建っており、古びた居住区を僅かに残すのみである。
黒人画家アンソニーはカブリーニ・グリーンを新作のテーマに決め、居住区を訪れた。
彼は、住人バークが語った「キャンディマン」に触発され、作品制作に没頭していく…

1992年制作「キャンディマン」に連なる作品。
ニア・ダコスタ監督、製作・脚本にジョーダン・ピールが携わっている。
「鏡の前で、キャンディマンと5回唱えると、彼が現れて殺しに来る」という都市伝説の恐怖を描く。
かなりの人数がキャンディマンの犠牲になるが「恐ろしい…」という気持ちにならない。
彼が右手に装着した鉤爪で人々を切り裂くシーンは、やけに淡々としている。
コンパクトの小さな鏡越し、遠くに見える建物の窓越し、車の曇った窓越しに見える惨劇は、他人事にしか見えない。
まあ、他人事だが…
一方、アンソニーの重篤な皮膚疾患は熱心に描かれていた。おぉぉぉ…

カブリーニ・グリーンはシカゴに実在している。
低所得者層の居住区が再開発によって高級化すること(ジェントリフィケーション)で生じる問題、
黒人が受けてきた差別の歴史などが、本作を通じて訴えられている。それは良い。
しかし、上記の問題、キャンディマンは虐げられてきた黒人の象徴である等々、
主張のほとんどがセリフで説明されているため説教臭い。すまぬ。
居住区でレイプや銃撃被害に遭った児童の名が挙げられ、
私刑で殺害された黒人男性、死刑判決を受けた黒人少年を表す影絵も登場する。
やるせない…

アンソニーの恋人で画廊経営者のブリアナは、物心両面で彼を支えている。
彼女はカブリーニ・グリーンの再開発地域に素敵な部屋を手に入れ、アンソニーと暮らす。
ブリアナは企画展で注目され、美術業界で成功しつつある黒人女性だ。
彼女はキャンディマンと縁のない人生を送れるだろうか。ブリアナに幸あれ。

回想シーン(前作の概要、かつて白人に惨殺された黒人たち等)は、影絵で表現されている。
悲しく惨たらしい出来事が幻想的に描かれ、本編よりも印象に残った。
映像は端正で美しい。高層建築や夜の鉄道駅のショットは忘れ難い。

このレビューは気に入りましたか? 4人の会員が気に入ったと投稿しています

あのキャンディ食べる人いるの? ネタバレ

投稿日:2022/03/10 レビュアー:Jigsawkiller

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

・・・といつも思ってしまうw

これも一応名作ホラーになるのかなー。知る人ぞ知る的なイメージあるけど。
悪くはなかったです。でも本作のみならずだけど、こうやって最近の作品を観るとほんとにつくづく昔の作品の出来の良さを思い知らされる。
CGとかそういう技術もほとんどなかった時代にあれだけの作品を創れるってすごいよなー。

本作、個人的にはキャンディマンの存在が薄い気もしました。ちょっとだらだらしたし。
キャンディマンより劇中に何度か登場する切り絵というか影絵の完成度の高さと世界観に惹かれてしまったw
いいねー、あれ。

可もなく不可もなくかなー。
観たいなら止めないけど、敢えておすすめもしない。
そんな作品。





おすすめ度 60%

このレビューは気に入りましたか? 0人の会員が気に入ったと投稿しています

1〜 5件 / 全8件

キャンディマン(2021)

ユーザーレビュー

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

ユーザーレビュー:8件

キャンディマン(2021)

投稿日

2022/04/05

レビュアー

洋画2000本鑑賞済

あまり腑に落ちない設定を盛り過ぎな気もしますが、最後まで退屈せずに観られました。

影絵の焼死

投稿日

2022/04/04

レビュアー

裸足のラヴァース 2.0


こちらは「ハロKIL」よりも意識高い系かな あジェーブラでなくて
ジョーダンピールか いやこの2人はごっちゃになるね 文句なく
優秀な娯楽映画「US」の次はどうなるで なあんだジョーダンは
本と製作だけなんだあ ちょい不安だね

ルックはまあ良しとして デザイン処理もすかしたものだ ギョギョ
音楽が先端音楽では有名なロバートアイキオウブリーロウだよ
君 当然知ってるよね え知らない ぷ

なんせ主人公はシカゴアートシーンの黒人芸術家とは盛ったね ぷ
けスノッブじゃあん そんなモダンデザインなホラー美学と都市伝説
のどろーんとしたとこの全体を黒人差別問題圏として描いている
わけだが まともに出ちゃうとちょっと扱いずらいわね

鏡のホラーであり ドッペルなので やはりUSの方がいかに秀れた
演出であったかを証明しちゃった様な作品ですにゃ さてジョーダン
の監督としての次回作は「ノープ」と言うそうで そちら期待で
星一つおまけ

次元が違うホラー

投稿日

2022/03/26

レビュアー

smart

たぶん、ハロウィン、ジェイソンなど
現実的なホラーを想像していた人、多いと思いますが全く違うホラー
意味不明と言えば意味不明
物語の中では実在しない空想的な殺人鬼という事でまったく怖さはない
むしろ、日本で言えば貞子の方が数十倍も怖いね 笑

端正な映像、印象的なショット…だが、怖くない…

投稿日

2022/03/21

レビュアー

コタロウ(!)

米国イリノイ州シカゴのカブリーニ・グリーンは、かつて多くの黒人が居住する公営住宅だった。
現在は再開発によって高層ビルや洒落たマンションが建っており、古びた居住区を僅かに残すのみである。
黒人画家アンソニーはカブリーニ・グリーンを新作のテーマに決め、居住区を訪れた。
彼は、住人バークが語った「キャンディマン」に触発され、作品制作に没頭していく…

1992年制作「キャンディマン」に連なる作品。
ニア・ダコスタ監督、製作・脚本にジョーダン・ピールが携わっている。
「鏡の前で、キャンディマンと5回唱えると、彼が現れて殺しに来る」という都市伝説の恐怖を描く。
かなりの人数がキャンディマンの犠牲になるが「恐ろしい…」という気持ちにならない。
彼が右手に装着した鉤爪で人々を切り裂くシーンは、やけに淡々としている。
コンパクトの小さな鏡越し、遠くに見える建物の窓越し、車の曇った窓越しに見える惨劇は、他人事にしか見えない。
まあ、他人事だが…
一方、アンソニーの重篤な皮膚疾患は熱心に描かれていた。おぉぉぉ…

カブリーニ・グリーンはシカゴに実在している。
低所得者層の居住区が再開発によって高級化すること(ジェントリフィケーション)で生じる問題、
黒人が受けてきた差別の歴史などが、本作を通じて訴えられている。それは良い。
しかし、上記の問題、キャンディマンは虐げられてきた黒人の象徴である等々、
主張のほとんどがセリフで説明されているため説教臭い。すまぬ。
居住区でレイプや銃撃被害に遭った児童の名が挙げられ、
私刑で殺害された黒人男性、死刑判決を受けた黒人少年を表す影絵も登場する。
やるせない…

アンソニーの恋人で画廊経営者のブリアナは、物心両面で彼を支えている。
彼女はカブリーニ・グリーンの再開発地域に素敵な部屋を手に入れ、アンソニーと暮らす。
ブリアナは企画展で注目され、美術業界で成功しつつある黒人女性だ。
彼女はキャンディマンと縁のない人生を送れるだろうか。ブリアナに幸あれ。

回想シーン(前作の概要、かつて白人に惨殺された黒人たち等)は、影絵で表現されている。
悲しく惨たらしい出来事が幻想的に描かれ、本編よりも印象に残った。
映像は端正で美しい。高層建築や夜の鉄道駅のショットは忘れ難い。

あのキャンディ食べる人いるの?

投稿日

2022/03/10

レビュアー

Jigsawkiller

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

・・・といつも思ってしまうw

これも一応名作ホラーになるのかなー。知る人ぞ知る的なイメージあるけど。
悪くはなかったです。でも本作のみならずだけど、こうやって最近の作品を観るとほんとにつくづく昔の作品の出来の良さを思い知らされる。
CGとかそういう技術もほとんどなかった時代にあれだけの作品を創れるってすごいよなー。

本作、個人的にはキャンディマンの存在が薄い気もしました。ちょっとだらだらしたし。
キャンディマンより劇中に何度か登場する切り絵というか影絵の完成度の高さと世界観に惹かれてしまったw
いいねー、あれ。

可もなく不可もなくかなー。
観たいなら止めないけど、敢えておすすめもしない。
そんな作品。





おすすめ度 60%

1〜 5件 / 全8件