キネマの神様の画像・ジャケット写真

キネマの神様 / 沢田研二

全体の平均評価点:(5点満点)

12

全体の平均評価点:

予告編を検索

DVD

Blu-ray

準新作

ジャンル :

「キネマの神様」 の解説・あらすじ・ストーリー

DVD

Blu-ray

準新作

解説・ストーリー

名匠・山田洋次監督が人気小説家・原田マハの同名小説を原作に、映画への愛を込めて贈る松竹映画100周年記念作品。映画監督の夢に破れダメ親父になってしまった男を主人公に、彼と家族が織りなす奇跡の物語を、活気あふれる撮影所で奮闘する若き日の青春模様とともに描き出す。主演は沢田研二と菅田将暉。かつて映画監督を志すも夢破れ、今やギャンブルに明け暮れる借金まみれのダメ親父ゴウ。妻の淑子や娘の歩にもすっかり見放されたゴウだったが、行きつけの映画館“テアトル銀幕”の館主テラシンだけは、いつでも温かく迎えてくれた。2人は青年時代、同じ撮影所で汗水流した盟友だった。助監督として働いていたゴウは、名だたる名監督やスター女優の桂園子、近所の食堂の看板娘・淑子らに囲まれながら懸命に夢を追う日々だったが…。 JAN:4988105979086

「キネマの神様」 の作品情報

作品情報

製作年:

2021年

製作国:

日本

「キネマの神様」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

関連作品

関連作品

おしい刑事

タンポポ

宇宙の仕事

銀魂2 掟は破るためにこそある

ユーザーレビュー:12件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

1〜 5件 / 全12件

3

投稿日:2022/06/09 レビュアー:aa

良かったです。

このレビューは気に入りましたか? 0人の会員が気に入ったと投稿しています

映画全盛の時代へのオマージュ

投稿日:2022/05/23 レビュアー:モモイチゴ

志村けん主演の代役であった沢田研二だが、なかなかいい延喜を見せていた。ほんわかと心温まる映画。

このレビューは気に入りましたか? 0人の会員が気に入ったと投稿しています

志村けんさんが演じる予定だった主役

投稿日:2022/05/22 レビュアー:oyoyo

安定の人情劇。
主役の志村けんが急死してしまい、
代役は志村と親交の深かった沢田研二。
「8時だよ全員集合」から「ドリフ仲の良かった志村けんと沢田研二。
特に「鏡のコント」は最高だった。
2人の友情を知っているからか、なんでもないシーンに涙がホロリ・・・。
極めつけはあの「歌」を唄うところでまた涙が。

へべれけに酔っぱらったゴウを沢田が演じる場面でも、
志村けんならどう表現しただろうかと想像してしまう。
きっと笑える演技をしてくれたの違いない。
笑える演技を想像しながら切なく想う。

沢田研二の事ばかり書いているが、
菅田将暉と永野芽郁の好演も忘れてはならない。
菅田と永野の過去パートがあるからこそ、沢田の現代パートが生きる。
過去の挫折を引きずったまま落ちぶれていったゴウ。
夢追いかける青春時代の絶頂期を演じる菅田、永野からは輝きさえ感じる。
その対比が巧い。
だが、昭和から令和までの間、ゴウに何があったかを知りたかったな。
過去ペーとの北川景子からは昭和スターのオーラを感じた(笑)

終盤の、スクリーンから演者が飛び出してくるというのは
綾瀬はるか・坂口健太郎共演の「今夜、ロマンス劇場で」を思い出す。

全編志村けんを想いながら観てました。

90点

このレビューは気に入りましたか? 3人の会員が気に入ったと投稿しています

評価のみ

投稿日:2022/05/17 レビュアー:redrose

評価のみ

このレビューは気に入りましたか? 0人の会員が気に入ったと投稿しています

ダメだ

投稿日:2022/05/14 レビュアー:rudia

準備不足と言え沢田研二は最悪。
志村けんで観たかった。

このレビューは気に入りましたか? 0人の会員が気に入ったと投稿しています

1〜 5件 / 全12件

キネマの神様

ユーザーレビュー

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

ユーザーレビュー:12件

3

投稿日

2022/06/09

レビュアー

aa

良かったです。

映画全盛の時代へのオマージュ

投稿日

2022/05/23

レビュアー

モモイチゴ

志村けん主演の代役であった沢田研二だが、なかなかいい延喜を見せていた。ほんわかと心温まる映画。

志村けんさんが演じる予定だった主役

投稿日

2022/05/22

レビュアー

oyoyo

安定の人情劇。
主役の志村けんが急死してしまい、
代役は志村と親交の深かった沢田研二。
「8時だよ全員集合」から「ドリフ仲の良かった志村けんと沢田研二。
特に「鏡のコント」は最高だった。
2人の友情を知っているからか、なんでもないシーンに涙がホロリ・・・。
極めつけはあの「歌」を唄うところでまた涙が。

へべれけに酔っぱらったゴウを沢田が演じる場面でも、
志村けんならどう表現しただろうかと想像してしまう。
きっと笑える演技をしてくれたの違いない。
笑える演技を想像しながら切なく想う。

沢田研二の事ばかり書いているが、
菅田将暉と永野芽郁の好演も忘れてはならない。
菅田と永野の過去パートがあるからこそ、沢田の現代パートが生きる。
過去の挫折を引きずったまま落ちぶれていったゴウ。
夢追いかける青春時代の絶頂期を演じる菅田、永野からは輝きさえ感じる。
その対比が巧い。
だが、昭和から令和までの間、ゴウに何があったかを知りたかったな。
過去ペーとの北川景子からは昭和スターのオーラを感じた(笑)

終盤の、スクリーンから演者が飛び出してくるというのは
綾瀬はるか・坂口健太郎共演の「今夜、ロマンス劇場で」を思い出す。

全編志村けんを想いながら観てました。

90点

評価のみ

投稿日

2022/05/17

レビュアー

redrose

評価のみ

ダメだ

投稿日

2022/05/14

レビュアー

rudia

準備不足と言え沢田研二は最悪。
志村けんで観たかった。

1〜 5件 / 全12件