鳩の撃退法の画像・ジャケット写真

鳩の撃退法 / 藤原竜也

全体の平均評価点:(5点満点)

17

全体の平均評価点:

予告編を検索

DVD

Blu-ray

準新作

ジャンル :

「鳩の撃退法」 の解説・あらすじ・ストーリー

DVD

Blu-ray

準新作

解説・ストーリー

直木賞作家・佐藤正午の同名ベストセラーを藤原竜也主演で映画化したミステリー・エンタテインメント。落ちぶれた元天才作家が執筆中の新作として語る謎めいた物語が、虚実あいまいなままにスリリングに展開していく。共演は土屋太鳳、風間俊介、西野七瀬、豊川悦司。監督は「ホテル ビーナス」のタカハタ秀太。かつては直木賞も受賞した天才作家ながら、今は東京の場末でバーテンダーをしている津田伸一。彼はバーにやって来た担当編集者の鳥飼なほみに書き途中の新作を読ませることに。それは、津田本人が主人公の物語で、富山で送迎ドライバーとして働く津田が巻き込まれていく、いくつかの不可解な事件が描かれていた。過去に津田が起こしたトラブルに巻き込まれたトラウマを抱える鳥飼は、小説が本当にフィクションなのか不安になり、自ら検証に乗り出すのだったが…。 JAN:4988105807242

「鳩の撃退法」 の作品情報

作品情報

製作年:

2021年

「鳩の撃退法」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

キャスト・スタッフ

脚本:

藤井清美

原作:

佐藤正午

音楽:

堀込高樹

関連作品

関連作品

連続ドラマW 天使のナイフ

腑抜けども、悲しみの愛を見せろ

石内尋常高等小学校 花は散れども

ST 赤と白の捜査ファイル

ユーザーレビュー:17件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

1〜 5件 / 全17件

う〜ん

投稿日:2022/09/08 レビュアー:ユディアント

なんだかなぁ。 どうだろう。

もう一度見たいとは思わないかな。 

このレビューは気に入りましたか? 0人の会員が気に入ったと投稿しています

演技派キャストによる娯楽作品

投稿日:2022/08/08 レビュアー:kazupon

監督:タカハタ秀太(2021年・日本・119分)
原作:佐藤正午『鳩の撃退法』

原作は未読ですが、上巻476頁、下巻477頁という長編らしいです。なので、映画化の際にはストーリーを短縮し、エピソードや登場人物をいくつか間引いたようです。
主人公の津田伸一(藤原竜也)は元直木賞作家で、本作冒頭では、デリヘルの送迎ドライバー。
ある夜、行きつけの喫茶店で幸地秀吉(風間俊介)という男と「本」をきっかけに知り合いますが、秀吉は後に家族と共に忽然と姿を消し、「神隠し」と噂されます。
やがて、秀吉一家の失踪や津田が送迎したデリヘル嬢などが微妙に絡んで、津田に関わって来ます。
あとは、ディスカスのイントロの通り、津田は自分の身の上に起きた事実に、彼なりの推理(創作)を混ぜこぜにして小説を書き、編集者の鳥飼(土屋太鳳)に読ませるのです。

「この男が書いた小説(ウソ)を見破れるか。」とジャケットにあります。
というのも本作で起きる出来事、事件が津田の小説のネタになっているのですが、彼は全てを実際に見ているワケではありません。ところどころは「見て来たような」ウソ(創作)なのです。
キャリーバッグに詰め込まれた3000万円の札束と、1万円札3枚。重要アイテムはこれだけ。
この現金がどのような経緯で人々の手に渡っていくのか?

これ、演技達者なキャスト陣にかなり助けられていると思います。
私は、岩松了演じるデリヘル経営者(善人で調子が良い)と、リリー・フランキーの床屋(口が堅く男気がある)、ミッキー・カーチスの古本屋の老人(気難しいけど、結局、津田のファンで支援者)が好きでした。
これからご覧になる方へのアドバイスは、
「ゆるゆるっとお気楽に観るべし。」

このレビューは気に入りましたか? 5人の会員が気に入ったと投稿しています

 

投稿日:2022/07/22 レビュアー:綾奈

 

このレビューは気に入りましたか? 0人の会員が気に入ったと投稿しています

難解

投稿日:2022/05/26 レビュアー:こうさま

原作の小説を読んでいないのでなんとも言えないが映像を見る限りかなり難解な作品である。
主人公である元直木賞受賞作家、津田、現在は筆を置いてデルヘル店の運転手として女の子の送り迎えをしている。
そんな彼が新たな作品を執筆中で彼の作品に大いなる興味を示す出版社の女編集者が津田にお金を払ってその作品を読みたがる。
本作は現実の話と、小説のストーリーが同時進行のような作りになっているところも難解な要因のひとつみたい。
津田の人間関係と彼が巻き込まれるトラブル、知り合ったバーを経営する男とその家族が突然疾走、その男の妻と不倫関係にあった郵便局員も失踪、古本屋のオヤジが何故か津田に残してくれた3003万という現金、しかしその中には精巧なニセ札が混ざっていた。
街を取り仕切る謎の男も絡んでくる。
ミステリーのような流れではあるがこれらの謎が最後まで腑に落ちる解決はしない。
あちこちに伏線が張り巡らしてあるようだが、伏線になっていない部分もある。
ピーターパンの小説もキーになる小道具みたい。
多分2-3回本作を見直せばもう少し理解が深まるのかもしれないが、残念ながらそこまでの興味も沸いてこない、なんかマニアックな作品という印象。

このレビューは気に入りましたか? 0人の会員が気に入ったと投稿しています

本屋のじーちゃんは好きでした。

投稿日:2022/04/02 レビュアー:ihcadomotagagie

構成は工夫されてて良くできてるなと感じました。
ただ、オチがすべてって感じで過程は楽しめるかというと、
ん〜ってなります。

なによりお話の内容が、
自分の好みではなかったのが辛かったですね。。。
本屋のじーちゃんは好きでした。
大好きなのでタイトルもこれにしようと思います。

このレビューは気に入りましたか? 0人の会員が気に入ったと投稿しています

1〜 5件 / 全17件

鳩の撃退法

ユーザーレビュー

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

ユーザーレビュー:17件

う〜ん

投稿日

2022/09/08

レビュアー

ユディアント

なんだかなぁ。 どうだろう。

もう一度見たいとは思わないかな。 

演技派キャストによる娯楽作品

投稿日

2022/08/08

レビュアー

kazupon

監督:タカハタ秀太(2021年・日本・119分)
原作:佐藤正午『鳩の撃退法』

原作は未読ですが、上巻476頁、下巻477頁という長編らしいです。なので、映画化の際にはストーリーを短縮し、エピソードや登場人物をいくつか間引いたようです。
主人公の津田伸一(藤原竜也)は元直木賞作家で、本作冒頭では、デリヘルの送迎ドライバー。
ある夜、行きつけの喫茶店で幸地秀吉(風間俊介)という男と「本」をきっかけに知り合いますが、秀吉は後に家族と共に忽然と姿を消し、「神隠し」と噂されます。
やがて、秀吉一家の失踪や津田が送迎したデリヘル嬢などが微妙に絡んで、津田に関わって来ます。
あとは、ディスカスのイントロの通り、津田は自分の身の上に起きた事実に、彼なりの推理(創作)を混ぜこぜにして小説を書き、編集者の鳥飼(土屋太鳳)に読ませるのです。

「この男が書いた小説(ウソ)を見破れるか。」とジャケットにあります。
というのも本作で起きる出来事、事件が津田の小説のネタになっているのですが、彼は全てを実際に見ているワケではありません。ところどころは「見て来たような」ウソ(創作)なのです。
キャリーバッグに詰め込まれた3000万円の札束と、1万円札3枚。重要アイテムはこれだけ。
この現金がどのような経緯で人々の手に渡っていくのか?

これ、演技達者なキャスト陣にかなり助けられていると思います。
私は、岩松了演じるデリヘル経営者(善人で調子が良い)と、リリー・フランキーの床屋(口が堅く男気がある)、ミッキー・カーチスの古本屋の老人(気難しいけど、結局、津田のファンで支援者)が好きでした。
これからご覧になる方へのアドバイスは、
「ゆるゆるっとお気楽に観るべし。」

 

投稿日

2022/07/22

レビュアー

綾奈

 

難解

投稿日

2022/05/26

レビュアー

こうさま

原作の小説を読んでいないのでなんとも言えないが映像を見る限りかなり難解な作品である。
主人公である元直木賞受賞作家、津田、現在は筆を置いてデルヘル店の運転手として女の子の送り迎えをしている。
そんな彼が新たな作品を執筆中で彼の作品に大いなる興味を示す出版社の女編集者が津田にお金を払ってその作品を読みたがる。
本作は現実の話と、小説のストーリーが同時進行のような作りになっているところも難解な要因のひとつみたい。
津田の人間関係と彼が巻き込まれるトラブル、知り合ったバーを経営する男とその家族が突然疾走、その男の妻と不倫関係にあった郵便局員も失踪、古本屋のオヤジが何故か津田に残してくれた3003万という現金、しかしその中には精巧なニセ札が混ざっていた。
街を取り仕切る謎の男も絡んでくる。
ミステリーのような流れではあるがこれらの謎が最後まで腑に落ちる解決はしない。
あちこちに伏線が張り巡らしてあるようだが、伏線になっていない部分もある。
ピーターパンの小説もキーになる小道具みたい。
多分2-3回本作を見直せばもう少し理解が深まるのかもしれないが、残念ながらそこまでの興味も沸いてこない、なんかマニアックな作品という印象。

本屋のじーちゃんは好きでした。

投稿日

2022/04/02

レビュアー

ihcadomotagagie

構成は工夫されてて良くできてるなと感じました。
ただ、オチがすべてって感じで過程は楽しめるかというと、
ん〜ってなります。

なによりお話の内容が、
自分の好みではなかったのが辛かったですね。。。
本屋のじーちゃんは好きでした。
大好きなのでタイトルもこれにしようと思います。

1〜 5件 / 全17件