SEOBOK/ソボク

SEOBOK/ソボクの画像・ジャケット写真

SEOBOK/ソボク / コン・ユ

全体の平均評価点:(5点満点)

9

全体の平均評価点:

DVD

準新作

ジャンル :

「SEOBOK/ソボク」 の解説・あらすじ・ストーリー

DVD

準新作

解説・ストーリー

「建築学概論」のイ・ヨンジュ監督がコン・ユとパク・ボゴムを主演に迎えて贈るSFサスペンス・アクション。極秘プロジェクトで誕生した人類初のクローン人間と彼の護衛を任された余命わずかの元エージェントが繰り広げる決死の逃避行を、2人の間に芽生える絆の行方とともに描き出す。不治の病で余命宣告を受けた元情報局エージェントのギホン。彼の新たな任務は、国家の極秘プロジェクトで誕生した人類初のクローン人間ソボクの護衛。ソボクの細胞には人類に不死をもたらす力があり、世界的な争奪戦に巻き込まれていた。そして研究所からの移動中に何者かの襲撃を受けたソボクとギホンは2人だけでの逃避行を余儀なくされてしまう。闇の組織に追われ続ける中、ずっと実験室だけで生きてきたソボクに戸惑いつつも、少しずつ心を通わせていくギホンだったが…。 JAN:4532640325251

「SEOBOK/ソボク」 の作品情報

作品情報

製作年:

2021年

製作国:

韓国

原題:

SEOBOK

「SEOBOK/ソボク」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

関連作品

関連作品

コーヒープリンス1号店 Original Sound Track Music DVD

サスペクト 哀しき容疑者

コーヒープリンス1号店

国家が破産する日

ユーザーレビュー:9件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

1〜 5件 / 全9件

生きる者と生かされる者

投稿日:2022/04/08 レビュアー:Voice K

期待通りコン・ユさんとパク・ボゴムさんの演技は素晴らしいものでした。

ただ、この二人じゃなかったら、途中で観るのをやめていました(苦笑)。

生きる意味に翻弄される二人の悲しい宿命。そこに感情移入できたのは逃避行のあたりまで。

終盤、次から次へと人が殺されていくあたりから個人的についていけなくなりました。血生臭いシーンが続き、もはやホラー(怖)。

二人の演技が秀逸なだけにもったいないなぁと感じた作品でした。

このレビューは気に入りましたか? 0人の会員が気に入ったと投稿しています

投稿日:2022/01/27 レビュアー:aa

普通に楽しめた。

このレビューは気に入りましたか? 0人の会員が気に入ったと投稿しています

60点 

投稿日:2022/01/07 レビュアー:まさくん

超能力への導入部分が甘い。
クローンとして生きる事の意味を言いたいのか❓わからん❓ 中途半端な韓国らしいSFもどき。

このレビューは気に入りましたか? 0人の会員が気に入ったと投稿しています

フランケンシュタインを彷彿とさせる ネタバレ

投稿日:2022/01/05 レビュアー:だいこんさん

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

フランケンシュタインは、愛もなくなぜ作った。でしたが、こちらは愛があった。というか、死んだ息子を忘れられなくて…でしたが、なぜか超能力を使えるようになる。さてどうなるか?ってお話ですが、やっぱり最後はこうなるよね。ってエンディングで可哀想でした。こっちの主人公は可愛い少年でしたが、どちらも怪物にかわりなく、悲しい結末だった。

このレビューは気に入りましたか? 1人の会員が気に入ったと投稿しています

SEOBOK/ソボク クローン

投稿日:2021/12/14 レビュアー:ラストシアター

謎の組織から狙われる永遠の命をもつ人類初のクローンの青年と、彼を護衛することになった余命宣告を受けた元情報局員の男

死ぬことのない青年と、死から逃れられない男との間に、反発しながら次第に奇妙な絆が芽生える

宿命に抗なう2人の運命を描いた韓国発のSFサスペンス

このレビューは気に入りましたか? 0人の会員が気に入ったと投稿しています

1〜 5件 / 全9件

SEOBOK/ソボク

ユーザーレビュー

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

ユーザーレビュー:9件

生きる者と生かされる者

投稿日

2022/04/08

レビュアー

Voice K

期待通りコン・ユさんとパク・ボゴムさんの演技は素晴らしいものでした。

ただ、この二人じゃなかったら、途中で観るのをやめていました(苦笑)。

生きる意味に翻弄される二人の悲しい宿命。そこに感情移入できたのは逃避行のあたりまで。

終盤、次から次へと人が殺されていくあたりから個人的についていけなくなりました。血生臭いシーンが続き、もはやホラー(怖)。

二人の演技が秀逸なだけにもったいないなぁと感じた作品でした。

投稿日

2022/01/27

レビュアー

aa

普通に楽しめた。

60点 

投稿日

2022/01/07

レビュアー

まさくん

超能力への導入部分が甘い。
クローンとして生きる事の意味を言いたいのか❓わからん❓ 中途半端な韓国らしいSFもどき。

フランケンシュタインを彷彿とさせる

投稿日

2022/01/05

レビュアー

だいこんさん

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

フランケンシュタインは、愛もなくなぜ作った。でしたが、こちらは愛があった。というか、死んだ息子を忘れられなくて…でしたが、なぜか超能力を使えるようになる。さてどうなるか?ってお話ですが、やっぱり最後はこうなるよね。ってエンディングで可哀想でした。こっちの主人公は可愛い少年でしたが、どちらも怪物にかわりなく、悲しい結末だった。

SEOBOK/ソボク クローン

投稿日

2021/12/14

レビュアー

ラストシアター

謎の組織から狙われる永遠の命をもつ人類初のクローンの青年と、彼を護衛することになった余命宣告を受けた元情報局員の男

死ぬことのない青年と、死から逃れられない男との間に、反発しながら次第に奇妙な絆が芽生える

宿命に抗なう2人の運命を描いた韓国発のSFサスペンス

1〜 5件 / 全9件