ソング・トゥ・ソング

ソング・トゥ・ソングの画像・ジャケット写真

ソング・トゥ・ソング / ルーニー・マーラ
予告編を観る
  • 画質は本編映像とは異なります。

全体の平均評価点:(5点満点)

8

全体の平均評価点:

予告編を観る

DVD

TSUTAYA TV

動画ポイント利用可

ジャンル :

「ソング・トゥ・ソング」 の解説・あらすじ・ストーリー

DVD

TSUTAYA TV

動画ポイント利用可

解説・ストーリー

「ツリー・オブ・ライフ」「聖杯たちの騎士」の鬼才テレンス・マリック監督がマイケル・ファスベンダー、ライアン・ゴズリング、ルーニー・マーラ、ナタリー・ポートマンの豪華共演で贈るラブストーリー。音楽の街オースティンを舞台に、それぞれに孤独を抱えた不器用な4人の男女が織りなす恋愛模様が、撮影監督エマニュエル・ルベツキの手による美しい映像で綴られていく。またイギー・ポップ、パティ・スミスはじめ本人役で登場する一流ミュージシャンたちも見どころ。 JAN:4532612147980

「ソング・トゥ・ソング」 の作品情報

作品情報

製作年: 2017年
原題: SONG TO SONG

「ソング・トゥ・ソング」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

関連作品

関連作品

アビエイター

リディバイダー

ウィロー

ニュースの真相

ユーザーレビュー:8件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

1〜 5件 / 全8件

とにかく面白くないです

投稿日:2021/06/06 レビュアー:norly

あまりに酷かったので久しぶりのレビュー投稿です。
出ている俳優、女優があまりに魅力的だったのでつい借りてしまいました。
テレンス・マリック、この監督の映画はやはり観るもんじゃないですね。
理解はできるけど、とにかく面白くないです。
前半3分の1くらいは我慢して観ましたが、途中から4倍速で視聴。
ストーリーはそれでも十分理解できます。
内容的には1時間もあれば十分な内容です。
出てる人たちはみんな好きな俳優陣なので、こんな映画に出るのかと思うと
かえってイメージダウンです。

綺麗な映像を見せて、抽象的な表現を多用、みんなどうだ感じて見ろ、考えて見ろ
という押しつけが私的には受け入れられませんでした。
感性だけを大事にする人には良いかもしれませんが、私はストーリーを
重視するので(もちろん映像や音楽も必要ですが)、全く面白くない映画でした。
劇場で見たら間違いなく寝てしまうと思います。

このレビューは気に入りましたか? 2人の会員が気に入ったと投稿しています

美しいものを美しく描く、それだけ

投稿日:2021/05/26 レビュアー:Yohey

久しぶりに「こりゃ、きっつい映画やわ・・・」と思った作品です。ストーリーの説明がない、というのは別によくて、そこは行間を読むような感じで観たらいいんだ、ということなんでしょうが・・・その行間すらもない。ただただ、映像が流れていくだけ。

これで何を感じろ、考えろと・・・確かに、映像は美しいですよ。主人公四人も美しすぎる方々ですし。でも、だからどうなんだってね・・・

そして、美しい人たちと美しい風景を描くのはいいんですが、そこの対比として、その主人公の周りの人物たちは一般的な美とは違う価値観の方々をあえて出しているんですね。その演出こそが醜い。イギー・ポップとかも普通な感じで撮影されているけど、映像の流れからいって、美醜の対比に使われているもんなぁ、ひどい扱いです。

わかる人にはわかるんだ、という映画なんでしょうが・・・まぁ、観る価値はないですね、これ。

このレビューは気に入りましたか? 1人の会員が気に入ったと投稿しています

1

投稿日:2021/05/24 レビュアー:aa

きつい。

このレビューは気に入りましたか? 0人の会員が気に入ったと投稿しています

退屈

投稿日:2021/05/23 レビュアー:ヒロ

詩的?抒情詩?こうした映画を芸術的だと高く評価する人がいるかもしれないが、ストーリー性に欠け、起伏に欠け、訴えるものがない。ただ感情を言葉にして断続的にシーンが流れて退屈。最後まで観た自分を褒めたい。

このレビューは気に入りましたか? 1人の会員が気に入ったと投稿しています

歌は一体どこに?

投稿日:2021/05/19 レビュアー:hinakksk

「聖杯たちの騎士」の監督作品と知って嫌な予感はしていたのですが、的中してしまい残念です。「聖杯たちの騎士」よりもさらに退屈。面白くも楽しくもない。私が映画に求めているものとは違うということです。ぼそぼそと話すだけで、会話らしい会話はなく、登場人物のモノローグで進行していく。男女の話なのに、気取っていて、生活感はゼロ、良く言えば、映像による散文詩のよう。

 期待していた音楽映画でもない。むしろ音楽はぞんざいに扱われている。ただし、前半でリタイアしてしまったので、最後まで観ると違う感想になるのかもしれません。けれど、そこまでの忍耐はなし。

このレビューは気に入りましたか? 6人の会員が気に入ったと投稿しています

1〜 5件 / 全8件

ソング・トゥ・ソング

ユーザーレビュー

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

ユーザーレビュー:8件

とにかく面白くないです

投稿日

2021/06/06

レビュアー

norly

あまりに酷かったので久しぶりのレビュー投稿です。
出ている俳優、女優があまりに魅力的だったのでつい借りてしまいました。
テレンス・マリック、この監督の映画はやはり観るもんじゃないですね。
理解はできるけど、とにかく面白くないです。
前半3分の1くらいは我慢して観ましたが、途中から4倍速で視聴。
ストーリーはそれでも十分理解できます。
内容的には1時間もあれば十分な内容です。
出てる人たちはみんな好きな俳優陣なので、こんな映画に出るのかと思うと
かえってイメージダウンです。

綺麗な映像を見せて、抽象的な表現を多用、みんなどうだ感じて見ろ、考えて見ろ
という押しつけが私的には受け入れられませんでした。
感性だけを大事にする人には良いかもしれませんが、私はストーリーを
重視するので(もちろん映像や音楽も必要ですが)、全く面白くない映画でした。
劇場で見たら間違いなく寝てしまうと思います。

美しいものを美しく描く、それだけ

投稿日

2021/05/26

レビュアー

Yohey

久しぶりに「こりゃ、きっつい映画やわ・・・」と思った作品です。ストーリーの説明がない、というのは別によくて、そこは行間を読むような感じで観たらいいんだ、ということなんでしょうが・・・その行間すらもない。ただただ、映像が流れていくだけ。

これで何を感じろ、考えろと・・・確かに、映像は美しいですよ。主人公四人も美しすぎる方々ですし。でも、だからどうなんだってね・・・

そして、美しい人たちと美しい風景を描くのはいいんですが、そこの対比として、その主人公の周りの人物たちは一般的な美とは違う価値観の方々をあえて出しているんですね。その演出こそが醜い。イギー・ポップとかも普通な感じで撮影されているけど、映像の流れからいって、美醜の対比に使われているもんなぁ、ひどい扱いです。

わかる人にはわかるんだ、という映画なんでしょうが・・・まぁ、観る価値はないですね、これ。

1

投稿日

2021/05/24

レビュアー

aa

きつい。

退屈

投稿日

2021/05/23

レビュアー

ヒロ

詩的?抒情詩?こうした映画を芸術的だと高く評価する人がいるかもしれないが、ストーリー性に欠け、起伏に欠け、訴えるものがない。ただ感情を言葉にして断続的にシーンが流れて退屈。最後まで観た自分を褒めたい。

歌は一体どこに?

投稿日

2021/05/19

レビュアー

hinakksk

「聖杯たちの騎士」の監督作品と知って嫌な予感はしていたのですが、的中してしまい残念です。「聖杯たちの騎士」よりもさらに退屈。面白くも楽しくもない。私が映画に求めているものとは違うということです。ぼそぼそと話すだけで、会話らしい会話はなく、登場人物のモノローグで進行していく。男女の話なのに、気取っていて、生活感はゼロ、良く言えば、映像による散文詩のよう。

 期待していた音楽映画でもない。むしろ音楽はぞんざいに扱われている。ただし、前半でリタイアしてしまったので、最後まで観ると違う感想になるのかもしれません。けれど、そこまでの忍耐はなし。

1〜 5件 / 全8件