No.24 RANKING

ナイブズ・アウト/名探偵と刃の館の秘密

ナイブズ・アウト/名探偵と刃の館の秘密の画像・ジャケット写真
ナイブズ・アウト/名探偵と刃の館の秘密 / クリス・エヴァンス
予告編を観る
  • 画質は本編映像とは異なります。
全体の平均評価点:
(5点満点)

8

  • DVD
  • TSUTAYA TV
  • 動画ポイント利用可
ジャンル:

「ナイブズ・アウト/名探偵と刃の館の秘密」 の解説・あらすじ・ストーリー

「LOOPER/ルーパー」「スター・ウォーズ/最後のジェダイ」のライアン・ジョンソン監督がオリジナル脚本を手掛け、ダニエル・クレイグ、クリス・エヴァンスをはじめとする豪華オールスターキャストで贈る本格群像ミステリー。ベストセラー作家の富豪が謎の死を遂げ、一癖も二癖もある家族全員に容疑がかかる中、謎めいた名探偵が事件の真相へと迫っていくさまを軽妙な筆致で描き出していく。世界的ミステリー作家にして富豪のハーラン・スロンビーが85歳の誕生日を迎え、ニューヨーク郊外にある彼の豪邸では家族が集いパーティが開かれる。ところが翌朝、ハーランは遺体で発見される。やがて匿名の人物から依頼を受けた名探偵ブノワ・ブランが現われ、殺人事件として調査を開始する。そして調べが進むほどに、家族の秘密や嘘が次々と暴かれていくのだったが…。 JAN:9999206867336

「ナイブズ・アウト/名探偵と刃の館の秘密」 の作品情報

製作年: 2019年
製作国: アメリカ
原題: Knives Out

「ナイブズ・アウト/名探偵と刃の館の秘密」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

ナイブズ・アウト/名探偵と刃の館の秘密の詳細

  • 新作
収録時間: 字幕: 音声:
131分 日・吹 英:ドルビーデジタル5.1ch/ドルビーデジタルステレオ、日:ドルビーデジタルステレオ
レイティング: 記番: レンタル開始日:
VPBU23346 2020年07月22日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
294枚 618人 493人

関連作品

ユーザーレビュー:8件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

1〜 5件 / 全8件

大物が出演している割に…

投稿日:2020/08/08 レビュアー:あんちゃん

観終わったときの腑に落ちない感じ。
なんていうか、浅い気がした。
心に響かなかった。綺麗事すぎて。

このレビューは気に入りましたか? はい 0人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

密室殺人ミステリー

投稿日:2020/08/06 レビュアー:ラストシアター

大富豪の世界的ミステリー作家が豪邸で

謎の自殺事件が起きる

私立探偵のダニエル・クレイブが

真相を究明するミステリー

相続をめぐる醜い親族の争いに

看護師と家政婦が絡んでいく

全体が軽快なテンポで家族の関係もわかりやすくて

ラストの謎解きまで一気に楽しめた

このレビューは気に入りましたか? はい 0人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

浮気の件はどうなった?

投稿日:2020/08/04 レビュアー:

移民=完全なる善人
アメリカ人=偽善者の金にがめつい悪人

制作者の激しい偏見とプロパガンダが激しすぎ
薄っぺらなクリスティかぶれで視聴後も気持ち悪さしか残らない

不法移民大賛成、受け入れない奴はレイシストって考えの人なら気に入るんだろうね

このレビューは気に入りましたか? はい 1人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

善良が最大の武器

投稿日:2020/07/23 レビュアー:モモイチゴ

なかなか真相がみえない。おもしろい。

このレビューは気に入りましたか? はい 0人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

富豪のミステリー作家・真犯人は誰だ

投稿日:2020/07/10 レビュアー:くまげらの森

ライアン・ジョンソン監督が「ミステリーの女王アガサ・クリスティー」に捧げたオリジナル脚本で、
『スタイルズ荘の怪事件』や、『アクロイド殺し』その他連想されるクリスティの作品が沢山浮かぶ。
ハーラン(クリストファー・プラマー)はベストセラー作家として財をなし、85歳の
誕生日パーティを開くが、翌日ナイフで喉が切られ亡くなっているのが発見された。
自殺か他殺か、家族や関係者が集められる。
それぞれが腹に一物あるクセあり家族を、個性的な俳優陣が、見事な演技で全員が怪しく見える。
オーソドックスな造りながら、ミスリードを誘う脚本は、一度二度確かに騙されるだろう。

我々は探偵ブノワ(ダニエル・クレイブ)の知らない情報を見せられて、ブノワの推理から逃げる一方、
最後には「見えないドーナツの穴」が見えてきた、というブノワに完敗するのだ。
仕掛けや伏線にうなると同時に、ライアン監督が、
「頭をカラッポにして観られるものは私は真のエンタメではないと思う。この映画を
2019年のアメリカにすると決めた時、今のアメリカはどうだろうと考えた。」
と言うところの、貧富の格差と移民問題が巧妙に裏地に縫い込められているのに気が付く。

マルタ(アナデアルマス)は南米からの移民の娘で経済的にも苦しい。
ハーランの家族の人々からは同情から優しくされているが、上から目線で面倒みられているだけ。
ひとたびマルタが、自分たちより上の経済力を得ようものなら、そうはさせじと悪意の固まりになるのだ。
(移民である彼女を支えたいと発言するのはあくまで優位に立ってるからで、ウルグアイ出身とかブラジルだとかそれすら知らない。ルーツになど興味がないのだ)
そして紙切れ一枚の遺書で、それら人間の基盤の上下がガラッとひっくり返ってしまう恐怖!
ハーラン家の人々に、マルタに備わっている(過ちが暴露されても救急車を呼ぶ)
(疑われるのがわかっていて警察に通報する)という人の命が大事という優しさや気骨があるのか。
ないだろうなー。ハーランのお金にたかる事しか出来なかった人たちだもの。
ベランダから見下ろすようなマルタではないけども、あれもひとつのシンボライズされた
ラストなのでしょう。
マルタが、アメリカの良心みたいなキャプテン・アメリカの顔に盛大に〇〇をかけた時、
(あ、アメリカは終わっちまった・・)と思って少し笑ってしまった。
ユーモアのある素晴らしい脚本、アガサ・クリスティへの深い敬愛が感じられた作品でした。

このレビューは気に入りましたか? はい 5人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

1〜 5件 / 全8件

ナイブズ・アウト/名探偵と刃の館の秘密

月額課金で借りる

都度課金で借りる