No.32 RANKING

黒い司法 0%からの奇跡

黒い司法 0%からの奇跡の画像・ジャケット写真
黒い司法 0%からの奇跡 / ジェイミー・フォックス
予告編を観る
  • 画質は本編映像とは異なります。
全体の平均評価点:
(5点満点)

15

  • DVD
  • Blu-ray
  • TSUTAYA TV
  • 動画ポイント利用可
ジャンル:

「黒い司法 0%からの奇跡」 の解説・あらすじ・ストーリー

全米ベストセラー・ノンフィクションをマイケル・B・ジョーダン、ジェイミー・フォックス、ブリー・ラーソンの共演で映画化した実話ドラマ。1980年代のアメリカ南部アラバマ州を舞台に、冤罪の黒人死刑囚を救うべく立ち上がった若手弁護士が、差別と偏見によって歪められた司法制度の深い闇を相手に苦しみながらも、正義を求めて闘い続けた執念の軌跡を描く。監督は「ショート・ターム」のデスティン・ダニエル・クレットン。一流大学を出た正義感に燃える若手弁護士のブライアン・スティーブンソンは、アラバマ州でウォルター・マクミリアンという黒人男性が、証拠もないのに死刑判決を受けたとのニュースに接し、何としても彼の冤罪を晴らしたいと自ら弁護を買って出るが…。 JAN:4548967440140

「黒い司法 0%からの奇跡」 の作品情報

製作年: 2019年
原題: JUST MERCY

「黒い司法 0%からの奇跡」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

黒い司法 0%からの奇跡の詳細

  • 準新作
収録時間: 字幕: 音声:
137分 1.日本語2.英語(for the Hearing Impaired)3.吹替用 1.ドルビーデジタル5.1ch:英語
2.ドルビーデジタル5.1ch:日本語
レイティング: 記番: レンタル開始日:
1000769365 2020年06月17日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
265枚 39人 50人

【Blu-ray】黒い司法 0%からの奇跡(ブルーレイ)の詳細

  • 準新作
収録時間: 字幕: 音声:
137分 1.日本語2.英語(for the Hearing Impaired)3.吹替用 1.ドルビーTrueHDドルビーアトモス:英語
2.ドルビーデジタル5.1ch:英語
3.ドルビーデジタル5.1ch:日本語
レイティング: 記番: レンタル開始日:
1000769364 2020年06月17日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
89枚 58人 53人

関連作品

ユーザーレビュー:15件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

1〜 5件 / 全15件

ほんの一握りの奇跡

投稿日:2020/09/19 レビュアー:マーチン

実話に基づいた話なので迫力が感じられました。
冒頭はひどい差別に腹が立ちましたが、最後はすっきり。
最後まで戦った弁護士の精神力は凄い。
ただ、失った時間は戻ってこないのに何の補償もないん
だろうな〜。

このレビューは気に入りましたか? はい 0人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

黒人は生まれながらに有罪

投稿日:2020/09/05 レビュアー:こうさま

折しも全米で白人警官によって窒息死させられた黒人、後ろから射殺された黒人、
過度に不当な扱いを受ける黒人容疑者の事件に対する抗議デモがおこなわれているが、この作品が真実に基づくものだと聞いてもさほどの驚きはない。
舞台は1987-1993のアラバマ州モンロビール、あの「アラバマ物語」の作者の出生地なのだそうだ。
「アラバマ物語」ではベテラン白人弁護士が黒人青年の冤罪を晴らすというストーリーだったが、本作ではハーバード大出の新人弁護士が黒人死刑囚の無実を証明するという展開になっている。
物的証拠もなく多くの黒人たちの証言も無視されたった一人の白人犯罪者の証言だけで死刑判決を受けたウォルターの事件を再調査する弁護士ブライアン、なんとか再審決定まで持ち込みたいところなのだが、彼に対する風当たりは想像以上に強い。
地元警察や検事局にとってはもう済んだ事件、メンツもあり蒸し返してほしくないという雰囲気がアリアリ、刑務所に面会に行ったら裸にされてチェックされたり、
パトカーの警官にいやがらせをされたり、新たに探し出した証人に対する迫害等々
根強い差別意識が描かれている。
ウォルターが犯人でなくても黒人が犯人に違いないからお前が代わりに罰されればよいという理屈になってしまうのだろう。
本作は黒人だという理由で正しく裁かれない、司法の場に歴然と存在する人種差別の理不尽さを浮き彫りにしながら、圧倒的不利な再審への道をどう切り開いたのか、何故ブライアンにはそれが出来たのかリアル感を持って描かれている。
相手の話を聞き自分との共通点を見出し共感するというのがブライアンの武器なのであろう。
30年前と現在のアメリカは人種差別に関してはなんら変わっていないと言っても言い過ぎではなかろう。

このレビューは気に入りましたか? はい 0人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

黒い司法 0%からの奇跡ネタバレ

投稿日:2020/08/27 レビュアー:片山刑事

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

 殺人事件の容疑で死刑判決を受けた受刑者の冤罪をはらそうと頑張る弁護士の話。

 実在の人物、事件を描いていて死刑や冤罪を真摯に丁寧に描いていて貧困層や黒人などのマイノリティが不当に扱われる現実を描いていて勉強になる映画でした。不当な扱いにも負けずに頑張る主人公を応援できました。死刑囚の精神的重圧も見ていて苦しくて、アメリカの死刑囚は死刑執行日が事前に通達されるんだと初めて知りました。

 ただ最後の最後まで主人公の頑張りが報われなかったのが、相手方の担当検事と話したら、その担当検事が心を変えるまでの苦悩とか決意とかが全く描かれていないので、彼に何があってどういうドラマがあったのだろうかと気になる終わり方でした。

 アメリカの死刑制度の問題、人種差別。そして絶対的に不可能だと思えることでもチャレンジして風穴を開けていくという漫画のような展開も熱くて学校の授業とかで流してもいい映画でした。

このレビューは気に入りましたか? はい 6人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

事実に勝る真実

投稿日:2020/08/08 レビュアー:趣味は洋画

黒い司法 0%からの奇跡(2019年・アメリカ、カラー、137分)

正義の前に立ちはだかる差別と不正。

アメリカ合衆国は、「奴隷解放運動」や「黒人差別撤廃運動」など、歴史的に様々な人種差別撤廃に取り組んできた長い歴史がある。古くは1640年代に奴隷制度が合法化されていたという記録が残されているが、リンカーン大統領が奴隷解放宣言を行った1862年から、158年もの年月が経っている。1950年代から1960年代に行われた公民権運動からも、半世紀以上を経ているのだ。

私はアメリカ人ではないし、アメリカに住んだこともない。
黒人差別の実態を現実の場で直視した経験もないので、安易に意見を述べることには抵抗がある。
しかし新聞やTV報道の数々、あるいは今まで観てきた数多くの「黒人差別を描いた映画」から、一定の知識は持っているつもりだ。鑑賞済の同列作品群のなかに、新たに本作が加わったわけだが、あらためてその根深さを憂う。

本作は冒頭に「実話に基づく物語」と字幕紹介され、1987年アラバマ州モンロー郡と出る。
30数年前といえば、そんな昔のことではないという勝手な思い込みが脳裏をよぎる。

18歳の女性を殺害した犯人として、黒人の死刑囚マクミリアン(ジェイミー・フォックス)がいる。
彼の無実を立証する為、若き弁護士ブライアン・スティーヴンソン(マイケル・B・ジョーダン)が立ち上がる。彼はハーバード大出の秀才だが、黒人や貧しい人々を弁護する道を選択していた。
マクミリアンが収監されている刑務所へ接見に出向くが、黒人弁護士というだけで非道な扱いを受ける。
そして当人のマクミリアンは、ブライアンに云う。
‘俺たちは生来、有罪なんだ’  ‘最高裁に訴えるなど、アラバマでは幻だ’

怯むことなく、正々堂々と、粛々と、事件の事実関係について調査を進めるブライアン。
新たなアリバイ証言、偽証者の反転、当時の警官や監察医の証言、様々な新事実を入手する。
しかし、それだけの新たな証拠を提出しても、判事の ‘死刑は撤回しない’ という裁定に驚愕する。
ブライアンは思い切った戦略に打って出る...。

映画は多角的に、多様に焦点を当てている。
死刑囚の一人が刑を執行される日、囚人たちはそれぞれの房の鉄格子をアルミのコップで一斉に叩く。
‘一人じゃないぞ、みんな一緒だぞ!’と口々に叫ぶ。
その音と肉声は、死刑囚にも通気孔から届いていた。

ブライアンがマクミリアンの家族のもとを訪ねるシーンがある。
マクミリアンの妻が笑顔で出迎える。息子や娘、親戚の人々、近所の人々...
マクミリアンのために闘ってくれる若き弁護士への信愛と敬意の表れのようだ。
こうした黒人社会のコミュニティの一旦も、映像に描かれることにホッとする。

印象的な俳優を1人だけ記すと、偽証した囚人マイヤーズを演じたティム・ブレイク・ネルソン。
(本編では、本人のとおり、口を大きく歪めて話すので、すぐ判る)
90年代後半の「フェイク」や「シン・レッド・ライン」等、小さな役が続いたが、2000年代後半から個性的な演技に磨きがかかり、今ではオファーが絶えない俳優となった。

本編終了後、登場人物の「その後」や、「本人画像」も紹介され、実話であることの迫真性を感じる。

このレビューは気に入りましたか? はい 3人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

久し振りに

投稿日:2020/08/02 レビュアー:arara40

心を揺さぶられる
素晴らしい映画でした。

このレビューは気に入りましたか? はい 0人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

1〜 5件 / 全15件

黒い司法 0%からの奇跡