No.77 RANKING

リチャード・ジュエル

リチャード・ジュエルの画像・ジャケット写真
リチャード・ジュエル / サム・ロックウェル
予告編を観る
  • 画質は本編映像とは異なります。
全体の平均評価点:
(5点満点)

29

  • DVD
  • Blu-ray
  • TSUTAYA TV
  • 動画ポイント利用可
ジャンル:

「リチャード・ジュエル」 の解説・あらすじ・ストーリー

巨匠クリント・イーストウッド監督が、1996年のアトランタ五輪で大会期間中に起きた爆弾テロをめぐる実話を映画化したサスペンス・ドラマ。警備員として多くの命を救ったヒーローから一転、容疑者とされた男リチャード・ジュエルの過酷な運命を描く。主演はポール・ウォルター・ハウザー、共演にサム・ロックウェル、キャシー・ベイツ。1996年、アトランタ。高齢の母と2人暮らしの不器用で実直な男リチャード・ジュエル。警備員をしていた彼は、多くの人でにぎわうイベント会場で不審なリュックを発見し、中身の爆発物に気づいたことで大惨事を未然に防いだ。マスコミはこぞって彼を英雄として報道するも、捜査に当たるFBIは次第に第一発見者のリチャードに疑いの目を向け始めるが…。 JAN:4548967439656

「リチャード・ジュエル」 の作品情報

製作年: 2019年
製作国: アメリカ
原題: RICHARD JEWELL

「リチャード・ジュエル」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

リチャード・ジュエルの詳細

  • 準新作
収録時間: 字幕: 音声:
131分 日・英・吹 英:ドルビーデジタル5.1ch、日:ドルビーデジタル5.1ch
レイティング: 記番: レンタル開始日:
1000764282 2020年05月20日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
387枚 29人 35人

【Blu-ray】リチャード・ジュエル(ブルーレイ)の詳細

  • 準新作
収録時間: 字幕: 音声:
131分
レイティング: 記番: レンタル開始日:
1000764281 2020年05月20日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
142枚 80人 86人

関連作品

ユーザーレビュー:29件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

1〜 5件 / 全29件

女性記者キャシーの描き方に疑問

投稿日:2020/09/05 レビュアー:かつ

2019年 アメリカ映画
監督:クリント・イーストウッド

諸手を挙げて素晴らしい!と思えませんでした。
映画そのものは事実を元にしっかり社会問題を提起していて最後まで興味深く観ましたが、
この作品の問題点は冤罪となる主人公のジュエルではなく、それをスッパ抜いた女性記者の描き方ではないかと思う。フィクションなら多少の脚色は仕方ないにしても、ノンフィクションですからキャシー側の真実もきちんと伝えて欲しかった。
事実を知りたくて幾つか調べたら、このキャシーは、実際はあんな高飛車な女ではなかったらしい。記事を書いたのもFBIがジュエルを要注意人物として捜査しているのを基に書いただけだったそうで、裁判所によるとキャシーの記事は正確な情報だったという。
また、劇中にもあるようにジュエルが犯行予告の公衆電話の現場まで辿り着けない事に気付いて撤回の記事も出している。キャシーは事件から5年後に44歳で処方薬の過剰摂取により亡くなっています。原因が自殺か事故かは不明(自殺だと書いている著者もいます)。
ジュエルの母親役のキャシー・ベイツのスピーチは真に迫るものがあったし、弁護士役のサム・ロックウェルもジュエルとの関係性を魅力的に演じていました。
ジュエル役のポール・ウォルター・ハウザーはコメディアンらしく、私はよく存じ上げませんでしたが、おデブで変わり者のリチャード・ジュエルを好演したと思います。
メディアと権力に支配される怖さを描いている作品ゆえに、逆に第二のキャシーになってはいないだろうか。クリント・イーストウッドが好きなだけにそこが残念だった。
90歳で監督として健在ですから、今度はキャシー側の映画をお願いしたい。



このレビューは気に入りましたか? はい 2人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

頑張れリチャード

投稿日:2020/08/29 レビュアー:たかちゃん

出だしはイマイチでしたが、映像が展開していくうちに引き込まれて感動のうちに終了。ただ、ラストにはメディアを訴える事実まで入れて欲しかった。

このレビューは気に入りましたか? はい 1人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

感心するのは

投稿日:2020/08/21 レビュアー:やぁもっ

イーストウッド監督は実話ベースの作品が多いけど、上手に作っていると思う。

このレビューは気に入りましたか? はい 1人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

リチャード・ジュエル

投稿日:2020/08/21 レビュアー:ぴゅうた

長いのに、実話なのに、退屈もせず面白かったです。

このレビューは気に入りましたか? はい 0人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

FBI支局の廊下に南軍旗が!なぜ?

投稿日:2020/07/29 レビュアー:哲郎

プロファイリングで犯人像に一致したからっていうんだけど、リチャードがもしスリムでハンサムなイケメン男だったらどうだった?
あるいは彼の家が名門で当主が代々街の名士であるとかだったら、FBIは第一発見者だからといっても、簡単に容疑者にはできなかったのではないか。
良くも悪くも、人は見た目やイメージで相手を判断する。これを全否定はできないのだが、公権力を行使する側の人間はよくよくわきまえて、法と理に基づいて職務を執行しなければならない。これはマスコミも同様である。

事のきっかけは、リチャードが警備員として働いていた大学の学長が、事件を見て彼の素行についてFBIにチクったことだった。
そこからFBIアトランタ支局はプロファイリングでリチャードを容疑者に仕立てた。ところが、その機密情報が洩れ、アトランタ・ジャーナル紙がそれを報じたことから彼と母の運命は一気に暗転する。
作品では、情報を洩らしたのはFBIの捜査主任で、アトランタ・ジャーナル紙の女性記者が色仕掛けで彼から情報を得たことが映されている。捜査主任と女性記者はどちらも自らの立場と手柄が大事で、人権に対する配慮は無いように見えた。弁護士がついていなければ、リチャードはいとも簡単に犯人にされていたのだ。ただ、リチャードはやや教条主義的で柔軟性に欠ける部分はあったかもしれない。また生真面目で権威を重んずる性格から、マスコミに対する警戒感も薄かったのだろう。

特典映像でイーストウッド監督は「いまだに彼を犯人と考える人もいる」と言い、製作のティム・ムーアは「クリントは、リチャードの爆弾犯のぬれぎぬを晴らしたかった」と監督の気持ちを代弁している。そして彼らが最も伝えたかったのは、弁護士のワトソン・ブライアントが転職するリチャードに戒めとしてかけた次のことばだろう。
「いいか、リチャード。バッジを付けても、クズ野郎にはなるなよ」「権力をもつと、人は怪物になるんだ」と。
このセリフに作品内容のすべてが、真実が集約されている。リチャードに起きた悲劇は、世界中のどこでも、誰にでも起こり得る。

ところで、ラストのほうでリチャードは弁護士とともにFBI支局の一室で審問を受けるのだが、その廊下の壁に南北戦争時の南軍旗が飾られていることに気づいただろうか。廊下で会話中の人物の背景としてなんども映されている。私には、これは意図的にカメラのフレーム内に入れられたように思えた。考えてみると、これはおかしなことである。FBIは連邦政府の機関なのだから、合衆国の現国旗(星条旗)を掲げるのが当然なのである。
これは、この冤罪事件について、ジョージア州アトランタという地の風土、社会の空気の影響を示唆する巧妙な隠し絵である。

このレビューは気に入りましたか? はい 2人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

1〜 5件 / 全29件

リチャード・ジュエル