No.49 RANKING

イエスタデイ

イエスタデイの画像・ジャケット写真
イエスタデイ / ヒメーシュ・パテル
全体の平均評価点:
(5点満点)

25

  • DVD
  • Blu-ray
  • TSUTAYA TV
ジャンル:

「イエスタデイ」 の解説・あらすじ・ストーリー

ある日突然、自分以外の誰もビートルズの曲を知らない世界に迷い込んでしまった青年が、彼らの名曲の数々を新曲として発表し一躍大スターとなっていく興奮と戸惑いを描いた音楽ファンタジー・コメディ。主演はヒメーシュ・パテル。共演にリリー・ジェームズ。監督は「トレインスポッティング」のダニー・ボイル。ある日、売れないミュージシャンのジャックは交通事故に遭い、意識を失って病院に担ぎ込まれる。彼が目覚めると、そこはなぜか歴史上からビートルズの存在が完全に消えた世界になっていた。ジャックが弾き語りでビートルズの『イエスタデイ』を披露すると、幼なじみで友人のエリーは初めて聴く美しいメロディに大感動。やがてジャックが歌うビートルズの名曲の数々は、彼の持ち歌として世間の注目を集め、瞬く間にスターへの階段を駆け上っていくジャックだったが…。 JAN:4988102824860

「イエスタデイ」 の作品情報

製作年: 2019年
製作国: アメリカ
原題: YESTERDAY

「イエスタデイ」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

イエスタデイの詳細

  • 準新作
収録時間: 字幕: 音声:
116分 日・英 英:ドルビーデジタル5.1ch、日:ドルビーデジタル5.1ch
レイティング: 記番: レンタル開始日:
GNBR5022 2020年04月22日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
347枚 62人 61人

【Blu-ray】イエスタデイ(ブルーレイ)の詳細

  • 準新作
収録時間: 字幕: 音声:
116分
レイティング: 記番: レンタル開始日:
GNXR1351 2020年04月22日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
176枚 65人 75人

関連作品

ユーザーレビュー:25件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

1〜 5件 / 全25件

単なる夢落ちではない

投稿日:2020/08/03 レビュアー:ぴか

単なる夢落ちではない。
おもしろい。
ビートルズをほとんど知らない10から20歳代の人には
どう感じるのだろう?

このレビューは気に入りましたか? はい 0人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

イエスタデイネタバレ

投稿日:2020/07/13 レビュアー:Andriy

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

ビートルズのチカラを改めて思い知る。
ストーリーはまあまあ。

このレビューは気に入りましたか? はい 0人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

SPARKLE

投稿日:2020/07/11 レビュアー:ビンス

世界から「ビートルズ」が消えてしまったら
あの「楽曲たち」が消えてしまったら
その中で自分だけが「ビートルズ」を知っていたら
そんなファンタジーを描いた物語。
ストーリーは
想定内からはみ出すものではありませんが
楽しいです。
その原因は当たり前田のクラッカーで
「ビートズルの曲がサイコーだ!」
これに尽きます。
その楽曲を聴いて
改めて思いますが
こんなにも有名且つ傑作な曲が多いんだ!
どんだけあるんだよ!
そういう思いでした。
歌われる曲、曲、曲
どれもこれもあれもそれもが素晴らしすぎる
これまでもそう思ってたし
実感してたし
耳が覚えているのですが
この物語を通して改めて聴くと
楽曲の持つパワーを思い知ります。
今もって色褪せないそのパワーを。
ビートルズが存在しない世界
そんな世界は不幸でしかない
ありがとうビートルズ
そんな気持ちを強くした鑑賞でした。
ダニー・ボイル監督らしいキラキラ感にある映像も良いです。

さて、もし自分がこの物語の主人公のような立場になるなら
誰の「代わりに」
どんな「楽曲」をこの世に残していきたいか
現時点においては
ボクは迷わず山下達郎さんです。
達郎さんになりきって
「SPARKLE」のイントロのカッティングを
気持ちよく弾いてみたいです。
ビートルズにも通じるような
その普遍的で時代を選ばない楽曲たちを
自分も感動しながら
演奏し歌ってみたいです。

リリー・ジェームズ
今回のリリーはキュートですねぇ
役柄も良く
作品としても面白く
代表作のひとつとして記憶されるものになりました。

このレビューは気に入りましたか? はい 3人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

やっぱりビートルズは最高!

投稿日:2020/07/05 レビュアー:KENOKUDA

改めてビートルズの楽曲がいかに素晴らしいかを認識させてくれた、い〜い映画です。

このレビューは気に入りましたか? はい 0人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

誰もが夢想する話なんだからこそ・・・弱いのかな・・・ネタバレ

投稿日:2020/07/02 レビュアー:Yohey

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

映画は好きですし、漫画も好きなので、この映画の話を聞いたときは「あれ、これってかわぐちかいじの『僕はビートルズ』と同じなんじゃ??」と思ってしまいました。まぁ、誰しもが夢想するんでしょう。ビートルズがいない世界ってどんなんだろうか??ってね。

漫画はタイムスリップをして本当のビートルズも存在するのに、その前にビートルズの曲を世界に発表してしまう、という話。今作は、ビートルズがいない世界で、ビートルズの曲を発表するという話。ちょっと話は違うんだけど、結局行き着く先は一緒だったりするのが面白い。

彼らの行き着く先は、アルバムをリリースすることなんですが、これが、ビートルズのいいとこどりのアルバムだったりするんです。ベストアルバムみたいな感じ、それが出てしまう。そらね、これを聞いたら天才だ!!ってなるでしょう。音楽が出来上がっていく過程もなにもなくて、いきなり完成形が出てくるんだから。

漫画のときも思ったんですが、今作を観て思ったのは、音楽は純粋に音楽だけではないということ。私は素人ですが、詞もメロディもやっぱり背景がないとしっくりこないんですよ。歌が生まれる過程がなければ、出来上がったとしてもそれは本物ではない。精神論かと思われるかも知れないけど、ビートルズの楽曲、この作品にも出てきたレット・イット・ビーなんて背景あってこその歌だと思うけど、それがなく、そこそこまともな生活を送ってきた主人公から歌われても、心に響かないと思うんだけどなぁ。ヘイ・ジュードもね。そういったことを感じるからこそ「どういう風にしてこの歌を作ったんだ??」って本物であるエド・シーランが聞いたんだろうと思う。

まぁ、それなりに面白い作品であり、色々考えさせる作品でありました。正直、私は、この作品の主人公がビートルズの歌を歌っても心に響かない。ビジュアルがやっぱり違うんです。音楽って目でみる印象で変わるんだろうな、どうも、この主人公には華がないんです。ジョン、ポール、ジョージ、リンゴにはなれない。ここらへんをもう少し納得できる形にしていれば良かったのかも。

まぁ、これはビートルズのいない世界を舞台にした恋物語なんだと割り切ればいいんでしょうけど・・そちらがメインな感じもしましたしね・・・あと、ビートルズ以外にも無くなってものがある世界なんだけど、それは要らなかったな。物語的にはどうでもいいし、深く考えたら、それってもっと世界が変わっていることちゃうん、って思ってしまったし・・・

このレビューは気に入りましたか? はい 2人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

1〜 5件 / 全25件

イエスタデイ