No.91 RANKING

ターミネーター:ニュー・フェイト

ターミネーター:ニュー・フェイトの画像・ジャケット写真
ターミネーター:ニュー・フェイト / アーノルド・シュワルツェネッガー
全体の平均評価点:
(5点満点)

41

  • DVD
  • Blu-ray
  • TSUTAYA TV
  • 動画ポイント利用可
ジャンル:

「ターミネーター:ニュー・フェイト」 の解説・あらすじ・ストーリー

「ターミネーター」シリーズの生みの親ジェームズ・キャメロンが製作・原案として「ターミネーター2」以来の復帰を果たし、同じく同作以来のシリーズ復帰となるサラ・コナー役のリンダ・ハミルトンを主演に迎え、改めて「ターミネーター2」の直接の続編として贈るSFアクション大作。シリーズの顔アーノルド・シュワルツェネッガーも再登板し、“審判の日”が回避されたはずの人類を待ち受ける新たな衝撃の運命を描く。共演はシリーズ初参加となるマッケンジー・デイヴィス、ナタリア・レイエス、ガブリエル・ルナ。監督は「デッドプール」のティム・ミラー。 JAN:4988142495419

「ターミネーター:ニュー・フェイト」 の作品情報

製作年: 2019年
原題: TERMINATOR: DARK FATE

「ターミネーター:ニュー・フェイト」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

ターミネーター:ニュー・フェイトの詳細

  • 準新作
収録時間: 字幕: 音声:
129分
レイティング: 記番: レンタル開始日:
PG-12 FXBR95137 2020年03月04日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
1,234枚 64人 68人

【Blu-ray】ターミネーター:ニュー・フェイト(ブルーレイ)の詳細

  • 準新作
収録時間: 字幕: 音声:
129分
レイティング: 記番: レンタル開始日:
PG-12 FXXR95137 2020年03月04日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
528枚 64人 60人

関連作品

ユーザーレビュー:41件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

1〜 5件 / 全41件

ターミネーターの続編として安心して楽しめました。

投稿日:2020/08/07 レビュアー:音速貴公子

続編として安心して楽しめました。
良さも感じられるのですが、何か物足りない感もあります。

このレビューは気に入りましたか? はい 0人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

なんとも言えない

投稿日:2020/05/29 レビュアー:リアナ

懐かしの豪華キャストが見られること以外は何とも言えない仕上がり。
ストーリーが弱いと感じました。せっかくのサラコナーも重要度がなく台無し…
チラッと出てくるイケメンのジョンコナーだけは見られて得した感。

このレビューは気に入りましたか? はい 0人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

LAでリンダに会いました〜

投稿日:2020/05/27 レビュアー:キキ

数年前にLAでリンダに会いました〜。とっても気さくでいい人でした。
それはさておき、、、久々のターミネーターでシュワちゃんもかなりおじさんになっちゃったし、リンダも歳とったので、アクション出来るのかな?と思ってたけど、結果リンダハミルトンは健在〜〜!!!
見事なトレーニングの成果で、登場シーンも「超かっけ〜〜〜〜」
話がちゃんとつながってたし、新しいターミネーターの俳優もなかなか良かった。
ちなみに、彼はエージェントオブシールドでゴーストライダーを演じてますよね。
とりあえず、最近の人はターミネーターを知らない人も多いみたいなので、これを見る前にターミネーター1からおさらいすることをお勧めします。

このレビューは気に入りましたか? はい 1人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

3人の女性が人類の未来を救うために共に戦う

投稿日:2020/05/27 レビュアー:hinakksk

 ターミネーターシリーズはこれで6作目ということらしいですが、過去作は全く観たことはありません。初めて観るターミネーターはとても新鮮で、他の作品の知識がなくても問題なく楽しめました。何よりも世代の異なる主演3人の女性たちが、三者三様に凄く格好いい。

 過去から登場するサラは、様々な体験を積み重ね鍛えられて、いぶし銀のように身も心もタフ。未来から使命を帯びてやってきたサイボーグのグレースは、ストイックで、使命のためには自己犠牲も厭わず、強い意志と覚悟を秘めている。ごく普通の少女だった現代のダニーは、父と弟を失い、ふたりの女性に助けられるうちに、自分に課せられた運命を引き受けて、自ら戦う戦士となっていく。

 そして、人類を滅ぼしAIによる支配を完璧にするべく、その脅威となるだろう少女ダニーを抹殺するために、未来から送り込まれた最強のターミネーターREV-9。とにかくびっくりの無双の強さで、破壊されてもすぐ自己復元し、人間への変身もデータへのアクセスも自由自在。その上、2体に分離することすらできる。こんな怪物マシーンにどうすれば勝てるのか、不死身すぎて勝負にならない。

 女性3人に力を貸すのが、かつて人類と戦ったが、今は人間化してひっそりと暮らすターミネーター、モデル101(アーノルド・シュワルツェネッガー)。4人は、執拗に追ってくるREV-9と、大型輸送機内や巨大ダムを舞台に死闘を繰り広げる。すべては人類の未来を救うためだが、「未来で何をするかなんてどうでもいい、大切なのは今何をするかだ」と、ダニーも強大な相手に怯むことなく堂々と戦いを挑む。

 実は女性3人には時間を超えた複雑で深いつながりがあるという物語に加えて、アクションは切れ味鋭く、CGとのバランスもよくて、とても楽しめました。ターミネーターは倒しても倒しても甦り、憎らしいほど最強で、とにかく驚愕するばかりです。

このレビューは気に入りましたか? はい 3人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

これで続いていくの?

投稿日:2020/05/24 レビュアー:ひろ

スカイネット計画をやっつけてやっとめでたしめでたしと思ったら、今度はリージョンとかいう新たなAIと戦う未来があって、その未来から送り込まれたジョン.コナーのような女英雄ボスを抹殺するための別のターミネーターとの闘い。そこにスカイネット時代のジョンコナーの母とシュワルツェネッガーが無理やり絡むというストーリー。映像も暗い場面が多いし、結局武器らしい武器はなく、最終的には素手で戦うという不自然さ。
このシリーズが終わったらまた新しいネーミングでAIの未来がでてきてしまいそう。これでは無限循環ですね。打ち手がなくなっての苦肉の策のように感じられ、それゆえにやっぱり苦しいです。単なる機械対人間の戦いの作品で終わってしまっています。

以後はシュワルツェネッガーという存在感抜群かつコミカルなキャラクターもストーリーの流れからすると使いにくいし、彼に代わる役者もなかなかいないだろうし、そんな中続けていってもよほどのインパクト、斬新なストーリー展開がないとヒットはしないでしょうねえ。

このレビューは気に入りましたか? はい 1人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

1〜 5件 / 全41件

ターミネーター:ニュー・フェイト