惡の華

惡の華の画像・ジャケット写真
惡の華 / 伊藤健太郎
予告編を観る
  • 画質は本編映像とは異なります。
全体の平均評価点:
(5点満点)

10

  • DVD
  • Blu-ray
  • TSUTAYA TV
  • 動画ポイント利用可
ジャンル:

「惡の華」 の解説・あらすじ・ストーリー

押見修造の人気コミックを伊藤健太郎、玉城ティナ共演で映画化した暗黒青春物語。中学2年の春日高男は、女生徒の体操着を盗んだ現場を問題児・仲村佐和に目撃される。そのことを秘密にする代わりに、春日は仲村からの変態的な命令に従うことになり…。※PG12※一般告知解禁日:12月6日

「惡の華」 の作品情報

製作年: 2019年
製作国: 日本

「惡の華」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

惡の華の詳細

  • 準新作
収録時間: 字幕: 音声:
127分 日(バリアフリー) 日:ドルビーデジタル5.1ch
レイティング: 記番: レンタル開始日:
PG-12 80DRJ30417 2020年02月04日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
223枚 4人 12人

【Blu-ray】惡の華(ブルーレイ)の詳細

  • 準新作
収録時間: 字幕: 音声:
127分
レイティング: 記番: レンタル開始日:
PG-12 80XRJ20115 2020年02月04日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
59枚 1人 0人

関連作品

ユーザーレビュー:10件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

1〜 5件 / 全10件

所々に残念なとこがネタバレ

投稿日:2020/06/17 レビュアー:Runtas

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

元々の話など全く知らず、パッケージの仲村さんの目のインパクトだけで借りたようなものだが、どうにもスッと入ってこない部分があちこちにあった。

中学生にもなって、女の子に腹を1発殴られたぐらいで過呼吸レベルになり、完全無抵抗で脱がされて体操服着せられるとか無いから。できれば何か危ない道具で脅されて自分で着替えさせられるとかなら納得できた。

主人公の感情がフリ切れる場面では、どこも「うわー!」で統一されてるのも残念。わざとらしくて素に戻る。

結論、やっぱりドSモードの仲村さんの目と、あどけない表情の対照的な感じが良かった。

このレビューは気に入りましたか? はい 0人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

想像と違った

投稿日:2020/05/13 レビュアー:Toshiyuki

ちょっとエロい変態コメディかと勝手に想像してたら、真面目っぽい重いドラマだった。

このレビューは気に入りましたか? はい 1人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

男の思春期

投稿日:2020/03/21 レビュアー:ひとりのおとこ

私は、この映画をみて、思います。
女性にもはたして、男のような思春期があるのか、と言う事。
実はチョット懐疑的やなあ。若い頃からそう思っておりました。

といいますのは、思春期の頃、男が女の子に関心があるのは、それはものすごい心の大部分をとてつもない力で占領します。もう、それ以外は何もないのです。

だいたいが、結婚と言う男女の行動自体も、そのパワーがあればこそのたまものだと思います。

例えばそれの男子のパワーを100としますと、女子の異性に対する関心や、あるいは、逆に「男の子なんて不潔やしなんか、拒否やわ」と言う気持ちもパワーで言うたら1か2程度のものなんです。

そんな1か2の気分的なものと、100と言う一途と言うか、命がけ的な気持ちが、はたしてタイタイでいいのか?いいのか!

そこには、男の思春期があります。

この映画は、その辺の、人生の思春期と言う永遠の疑問を真理を微妙、巧妙についていると考えます。
女は、子供の時期から心はおばはんで、主人公の男の子の思春期を弄ぶところが、この作品の大きな見どころです。

このレビューは気に入りましたか? はい 1人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

何の美意識もないチープな哲学ネタバレ

投稿日:2020/03/14 レビュアー:icy

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

肉体が美しいだけの大根役者による醜い喜劇。
ラストシーンに至るまでに3回ほど負のカタルシスを迎えるのだが、そのすべて、あるいはどこかで確実に人の命が奪われなければならなかった。そして、高校生になってからの展開は不要。このストーリーの哲学が向こう側は存在しないということならば、行き止まりをドロドロの絶望と死で描かないでどうする。そこで生き残ってしまっては、それは無神論者のマスターベーションのようなものだ。
もちろん、このストーリーの哲学は向こう側が存在しないことを否定的にとらえているのではなく、唐突に肯定して楽観してしまうという腑抜けなので、その展開には無理がある。美しくも下手な役者で表現する映画なら、負のカタルシスを美しい破滅で描かないのはつまらない。だって、惡の華なんだから。
ちなみに、音楽もとってもチープ。

このレビューは気に入りましたか? はい 0人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

投稿日:2020/03/08 レビュアー:ネットレンタル愛好者

このレビューは気に入りましたか? はい 1人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

1〜 5件 / 全10件

惡の華