1. DVDレンタルTOP
  2. すべてのジャンル
  3. 洋画のDVDレンタル
  4. サスペンスのDVDレンタル
  5. ジョナサン−ふたつの顔の男−

ジョナサン−ふたつの顔の男−

ジョナサン−ふたつの顔の男−の画像・ジャケット写真

ジョナサン−ふたつの顔の男− / スーキー・ウォーターハウス

全体の平均評価点:(5点満点)

7

全体の平均評価点:

予告編を検索

DVD

旧作

ジャンル :

「ジョナサン−ふたつの顔の男−」 の解説・あらすじ・ストーリー

DVD

旧作

解説・ストーリー

「ベイビー・ドライバー」のアンセル・エルゴートが昼と夜で人格が異なる男を演じるSFドラマ。対照的な人格ながら、12時間で切り替わり、互いに情報を共有することで不自由なく生活できていたはずが、ふとしたことからそのバランスが崩れはじめ、窮地に陥っていく葛藤の行方を描く。共演はスーキー・ウォーターハウス、マット・ボマー、パトリシア・クラークソン。監督は本作が長編デビューとなるビル・オリヴァー。規則正しい生活を送るジョナサン。彼にはある秘密があった。彼の心には、内気なジョナサンとは対照的に社交的な性格であるもう一つの人格ジョンが潜んでいた。2人は脳内に埋め込まれたタイマーによって正確に12時間ごとに切り替わるように設定され、昼はジョナサン、夜はジョンが活動するようにしていたのだったが…。 JAN:4907953275379

「ジョナサン−ふたつの顔の男−」 の作品情報

作品情報

製作年:

2018年

製作国:

アメリカ

原題:

JONATHAN

「ジョナサン−ふたつの顔の男−」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

関連作品

関連作品

ベイビー・ドライバー

TIME/タイム

ホワイトカラー シーズン3

シャープ・オブジェクト KIZU−傷−:連続少女猟奇殺人事件

ユーザーレビュー:7件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

1〜 5件 / 全7件

サスペンス??

投稿日:2020/12/23 レビュアー:Toshiyuki

なんかもっと2人が敵対していくのかと思ったら
なんだよ、いい話じゃん、って。

最初からドラマとして見るのなら不満はなさそう。

このレビューは気に入りましたか? 0人の会員が気に入ったと投稿しています

いい意味で想像と違った

投稿日:2020/05/09 レビュアー:icy

鑑賞前から勝手に内容や展開を想像する悪い癖があるが、今回は想像と違ったことが好かったパターン。エレナという彼女を交えた展開までは想像通りで、ある意味つまらない。しかし、シンプルながら哲学的なラスト20分は好感が持てる。
もちろん作り話の世界なのだが、色んな寓意を読むことができる面白さがあった。ジョナサンに共感する男性が多いのではないか。平板の誹りを免れないところはあるものの、ある意味でとても美しいキャラクターだと思う。でも女性の目から見るとアホっぽいかもしれない。また、リバタリアンの目から見るとパトリシア・クラークソン演じる医者(科学者)はどう考えても悪人だが、これも色んな解釈の出来る役どころだろう。
独りでは生きられないと言って誰かを求め、そして結局はその誰かを殺すという業。求められた末に殺される側は、それでも二人でいられた時間を良かったと感じるという不条理。人は支え合うだけでなく殺し合うのが本性なのだ。

このレビューは気に入りましたか? 0人の会員が気に入ったと投稿しています

ジョナサン−ふたつの顔の男−

投稿日:2020/04/15 レビュアー:洋画2000本鑑賞済

意外と最後まで楽しめました

このレビューは気に入りましたか? 0人の会員が気に入ったと投稿しています

ジョンとジョナサン、二人で一つ

投稿日:2020/04/10 レビュアー:飛べない魔女

一つの肉体をジョンとジョナサンが共有するお話。
二人は兄弟だという。
ジョンは陽気で外交的、ジョナサンは内向的で神経質。
いわゆる二重人格。
物語はジョナサンの視点から語られる。
医師により、脳内に埋め込まれたコントローラーで
朝の7時〜夜7時まではジョナサンタイム、それ以外はジョンの時間と
完全に二人を分離することに成功した。
やたらめったら入れ替わったりはしないのだ。
そこが今までの多重人格ものと違って新しい感じがした。

二人は深い絆で結ばれており、二人で決めたルール、
必ず何があったかを毎日報告し合い、嘘はつかない、に則り生活している。
ところがジョンに恋人がいることをジョナサンが知ることになり
そのことで二人の均衡が崩れていく。

まあ、きっとそうなるんだろうな、という予想通り展開で
特に大きな盛り上がりはない。
切れ切れにカットされる映像は
ラストの方は意味不明になるが
これこそがジョナサンの気持ちの表れなんだろう。
可もなく不可もなくといったところ。

アンセルは性格の違うジョンとジョナサンを見事に演じ分けていた。
見ているうちに、別々の人間のような気がしてきたものだ。

このレビューは気に入りましたか? 1人の会員が気に入ったと投稿しています

コメディ連想しそうな設定をシリアスにやったらこうなった。

投稿日:2020/03/16 レビュアー:ihcadomotagagie

娯楽映画、という印象は感じない映画でした。

そういう映画、基本的に苦手なんですけどこの映画は感慨深く、
記憶に残る映画でしたね。
逆に娯楽要素に手を伸ばさない(悪く言えば逃げない)
潔さが良かったかも。

思い返せば、退屈に感じた時間がなかったな〜。それは希少。

色々考えさせられました。特に死について。

このレビューは気に入りましたか? 0人の会員が気に入ったと投稿しています

1〜 5件 / 全7件

ジョナサン−ふたつの顔の男−

ユーザーレビュー

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

ユーザーレビュー:7件

サスペンス??

投稿日

2020/12/23

レビュアー

Toshiyuki

なんかもっと2人が敵対していくのかと思ったら
なんだよ、いい話じゃん、って。

最初からドラマとして見るのなら不満はなさそう。

いい意味で想像と違った

投稿日

2020/05/09

レビュアー

icy

鑑賞前から勝手に内容や展開を想像する悪い癖があるが、今回は想像と違ったことが好かったパターン。エレナという彼女を交えた展開までは想像通りで、ある意味つまらない。しかし、シンプルながら哲学的なラスト20分は好感が持てる。
もちろん作り話の世界なのだが、色んな寓意を読むことができる面白さがあった。ジョナサンに共感する男性が多いのではないか。平板の誹りを免れないところはあるものの、ある意味でとても美しいキャラクターだと思う。でも女性の目から見るとアホっぽいかもしれない。また、リバタリアンの目から見るとパトリシア・クラークソン演じる医者(科学者)はどう考えても悪人だが、これも色んな解釈の出来る役どころだろう。
独りでは生きられないと言って誰かを求め、そして結局はその誰かを殺すという業。求められた末に殺される側は、それでも二人でいられた時間を良かったと感じるという不条理。人は支え合うだけでなく殺し合うのが本性なのだ。

ジョナサン−ふたつの顔の男−

投稿日

2020/04/15

レビュアー

洋画2000本鑑賞済

意外と最後まで楽しめました

ジョンとジョナサン、二人で一つ

投稿日

2020/04/10

レビュアー

飛べない魔女

一つの肉体をジョンとジョナサンが共有するお話。
二人は兄弟だという。
ジョンは陽気で外交的、ジョナサンは内向的で神経質。
いわゆる二重人格。
物語はジョナサンの視点から語られる。
医師により、脳内に埋め込まれたコントローラーで
朝の7時〜夜7時まではジョナサンタイム、それ以外はジョンの時間と
完全に二人を分離することに成功した。
やたらめったら入れ替わったりはしないのだ。
そこが今までの多重人格ものと違って新しい感じがした。

二人は深い絆で結ばれており、二人で決めたルール、
必ず何があったかを毎日報告し合い、嘘はつかない、に則り生活している。
ところがジョンに恋人がいることをジョナサンが知ることになり
そのことで二人の均衡が崩れていく。

まあ、きっとそうなるんだろうな、という予想通り展開で
特に大きな盛り上がりはない。
切れ切れにカットされる映像は
ラストの方は意味不明になるが
これこそがジョナサンの気持ちの表れなんだろう。
可もなく不可もなくといったところ。

アンセルは性格の違うジョンとジョナサンを見事に演じ分けていた。
見ているうちに、別々の人間のような気がしてきたものだ。

コメディ連想しそうな設定をシリアスにやったらこうなった。

投稿日

2020/03/16

レビュアー

ihcadomotagagie

娯楽映画、という印象は感じない映画でした。

そういう映画、基本的に苦手なんですけどこの映画は感慨深く、
記憶に残る映画でしたね。
逆に娯楽要素に手を伸ばさない(悪く言えば逃げない)
潔さが良かったかも。

思い返せば、退屈に感じた時間がなかったな〜。それは希少。

色々考えさせられました。特に死について。

1〜 5件 / 全7件