No.28 RANKING

スノー・ロワイヤル

スノー・ロワイヤルの画像・ジャケット写真
スノー・ロワイヤル / リーアム・ニーソン
予告編を観る
  • 画質は本編映像とは異なります。
全体の平均評価点:
(5点満点)

17

  • DVD
  • Blu-ray
  • TSUTAYA TV
  • 動画ポイント利用可
ジャンル:

「スノー・ロワイヤル」 の解説・あらすじ・ストーリー

ハンス・ペテル・モランド監督が『ファイティング・ダディ 怒りの除雪車』をリーアム・ニーソン主演でセルフリメイクしたサスペンスアクション。息子を麻薬組織に殺された除雪作業員のネルズ・コックスマンは、除雪車で次々と敵を始末していく。※PG12

「スノー・ロワイヤル」 の作品情報

製作年: 2019年
製作国: アメリカ
原題: COLD PURSUIT

「スノー・ロワイヤル」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

スノー・ロワイヤルの詳細

  • 新作
収録時間: 字幕: 音声:
119分 英:ドルビーデジタル5.1ch、日:ドルビーデジタルステレオ
レイティング: 記番: レンタル開始日:
PG-12 DABR5613 2019年10月18日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
422枚 55人 66人

【Blu-ray】スノー・ロワイヤル(ブルーレイ)の詳細

  • 新作
収録時間: 字幕: 音声:
119分
レイティング: 記番: レンタル開始日:
PG-12 DAXR5613 2019年10月18日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
181枚 21人 30人

関連作品

ユーザーレビュー:17件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

1〜 5件 / 全17件

悪くないリメイク

投稿日:2019/12/05 レビュアー:inui

『ファイティングダディ 怒りの除雪車』視聴済み。まさかのリメイクが気になっていたので見た。
話はほぼ同じ。だいぶわかりやすくなっていると思う。が、親切すぎるというか興ざめな感もある。
変更した設定を生かし新たなユーモアを入れてきているのはよかった。
リーアム・ニーソンは知的イケおじゆえ、いきあたりばったりで抜けてるド素人っぽさは出せていなかったように思う。そこはしょうがないだろうし別に悪くはない。警官の一人を女性にしたのはわからんではないし、小ネタを入れてきてて悪くはなかった。
楽しめた。悪くはない。だが、配役の妙というかハマってる感じは全体的に欠けていて面白みが薄れていると思った。リメイク元のほうが好き。

敵役は北米向けの配慮でヴィーガン設定なしにしたのかとも思うが、キャラ付けに面白みがなくなってる上に役者が知性を感じさせる容貌なのが外してる感。書いてて思ったが、敵役の息子も小利口になっていたので、面白み減の要因は不要な知性を出そうとしたor見えてしまうことかもしれない。
『怒りの除雪車』は、少年とのやり取り(ロワイヤルにもあるが)と敵役の部下のイケメン細マッチョがぱつんぱつんのシャツ着てるのがツボで、敵役の趣味(不思議なインテリア等)や部下達が野菜ジュース飲んでるのとかも好きだった。興味があるならお勧めしたい。主演のステラン・スカルスガルド以上に高身長の敵役とその息子役の美少年、さすが北欧と思った。Googleによるとステラン191cm、ポール・スヴェーレ・ハーゲン197cm。
リメイク元視聴済みで本作を見るか迷っている人には、Blu-rayの特典映像でチラッとながら背景が語られていたことをお伝えしたい。話はほぼ同じ&日本語吹替入りなので、北欧言語&字幕のみゆえにわかりにくかったところが多少補完できる点もポイントかも。

このレビューは気に入りましたか? はい 0人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

リーアム・ニーソン大好きです

投稿日:2019/12/05 レビュアー:mokoさん

彼は追い込まれる 反撃する こういう役をやらせると
ホントにあいます。

このレビューは気に入りましたか? はい 0人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

スノー・ロワイヤルネタバレ

投稿日:2019/11/22 レビュアー:片山刑事

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

 息子さんが殺されたので、麻薬組織にリベンジしていく中でどんどんと話が大きくなっていく話。

 主人公の息子さんが殺されたことを発端にしてリベンジもののストーリーではありますが、この映画の魅力はギャングたちのくだらない会話だったり、キャラクターたちのズレた面白さで笑いをとったりと外したところの面白さで魅せる映画でした。

 麻薬組織のボスがやたらと健康志向だったり、子分たちがやたらとくだらない会話をしたり先住民がインド人をインディアンと呼んで子分として扱っていたりと楽しいシーンがいっぱいでした。ラストのラストで忘れていたパラグライダーの子分のオチとかいいオチでした。

 ただ主人公がリベンジを開始してあっという間に次から次に殺害していったりして、展開が早すぎてどうして今ここにいるのかとかわかりにくかったり、キャラクターが群像劇に近いからか、主人公の奥さんとかあっという間に退場したり、麻薬組織のボスの奥さんとかも消えてしまったり、組織の抗争で燃える女性警官とかもあまり話に関係なく思えたりとキャラクターの背景とか深みとかは一切ないのが残念でした。

 クライマックスも普通に銃撃戦が起こって普通に終わっていくのもアクションシーンもそこまで盛り上がる設計にも感じられなかったのがカタルシスが少ない映画でした。

 とはいえ、殺された人たちのクレジットがそのたびに出るのとか面白い演出の映画でした。

このレビューは気に入りましたか? はい 7人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

リーアムさんを怒らせたら誰にも止められません!

投稿日:2019/11/18 レビュアー:飛べない魔女

『ファイティング・ダディ 怒りの除雪車』は観ていないので
それは後で見ることにして
本作のリーアムさん演じる除雪作業員のネルズ・コックスマンさんは
決して除雪車で次々と敵を始末はしませんね。
始末はしますよ。
始末はするけど、その手口はいろいろです。
除雪車で捻りつぶすが如くのイントロダクションですが、違います。

終始ブラックなコメディタッチで案外楽しめました。
市から模範市民として表彰されるほどの真面目人間のコックスマンさん。
警察は息子は薬物過剰摂取での死亡であって、事件性はないと取り合ってもくれない。
そんなこんなでコックスマンさん、怒りましたわ!
復讐の鬼と化しましたわ!
真の犯人を探し当てるまで問答無用で
関係者一同殺しまくりですわ!
遺体の処理が済むと、十字架マークが登場し合掌。
雇った殺し屋さんの顛末もお笑いです。

それにしてもコックスマンさんは本当にただの除雪作業員さんなんですか?
強いです!
お兄さんはマフィア?みたいなので、やはりただ物ではなかったのかな?
そう思えばあの巧みな大暴れぶりも納得です。
ラストのオチもブラックですが
果たして、コックスマンさんは、罪は償わなくて良いのだろうか?(←え?そこ?)

このレビューは気に入りましたか? はい 2人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

面白かったけど「そこそこ」は付いちゃうかな

投稿日:2019/11/17 レビュアー:オッドジョブ

サスペンス映画としての展開は予想を超えてすごく面白かった。ただここで褒められているようなブラックユーモア的な箇所はたいして面白くもないので期待しすぎないほうがいいような…

一部やり過ぎなところもあるけれど、登場人物のキャラクター作りがとてもよく出来ている。まずこれがこの映画を面白くさせた成功要因。悪役側を上手く表現するのは本当に重要。

加えて単純な復讐劇になりそうなところを三つ巴に持っていったストーリーがとても良い。この手の映画って先が読みにくくなる巴戦と相性がいい上、こちらのキャラクター設定もバッチリ決まっていた。

と意外な傑作感にウキウキした分ラストのアッサリがかなり残念。せっかくの巴戦も人質も警察も、何と言っても除雪車も全然生かされてないじゃん。ここを決めて王道アクション映画としての傑作にして欲しかったです。

このレビューは気に入りましたか? はい 1人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

1〜 5件 / 全17件

スノー・ロワイヤル