きみの鳥はうたえる

きみの鳥はうたえるの画像・ジャケット写真
きみの鳥はうたえる / 柄本佑
予告編を観る
  • 画質は本編映像とは異なります。
全体の平均評価点:
(5点満点)

10

  • DVD
  • TSUTAYA TV
  • 見放題
  • 動画ポイント利用可
ジャンル:

「きみの鳥はうたえる」 の解説・あらすじ・ストーリー

佐藤泰志の小説を柄本佑、石橋静河、染谷将太の共演で映画化した青春ドラマ。函館郊外の書店で働く“僕”は、失業中の静雄と共同生活を送っていた。ある日、“僕”は同じ書店で働く佐知子と関係を持つ。すると彼女は、毎晩のように遊びに来るように…。

「きみの鳥はうたえる」 の作品情報

製作年: 2018年
製作国: 日本

「きみの鳥はうたえる」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

きみの鳥はうたえるの詳細

  • まだまだ話題作
収録時間: 字幕: 音声:
106分 日:ドルビーデジタル5.1ch/ドルビーデジタルステレオ
レイティング: 記番: レンタル開始日:
TCED4475 2019年05月10日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
436枚 1人 1人

関連作品

ユーザーレビュー:10件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

1〜 5件 / 全10件

出演者の演技がすごく自然体で良かった

投稿日:2020/04/24 レビュアー:スヌーピー

見ていて複雑な気持ちになりました。三角関係にならないか心配してたらその方向に向かっていったのでどうなるのかなと思いながら見てたらラストもここで終わるの?と思い正直結末が知りたかったです。
でも静雄がいつ戻れるか分からないからその時点で色々なことが変わっていくのかなと思いました。
楽しい時ってずっと続かないのかなと思いました。
私も一時期男性3人と遊んでいて楽しかったけど色々あって
自分から輪から抜けました。短い期間だったけどいい思い出です。あのまま続けていたらまた変わっていたかもしれないしどうなっていたのか知りたい気持ちもあるけどでも逆に終わらせたからいい思い出で終われたのかもと思うようにしました。

出演者の演技が3人とも自然体ですごく良かったです。実際にいそうな感じがしました。

このレビューは気に入りましたか? はい 1人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

うー胸が・・・

投稿日:2020/04/09 レビュアー:daichan

若い男と女がくっついたり離れたりするのをみながら
いろいろと感じたり考えたりさせられる映画なんだけど
中心になっている若い三人の役者さんの演技力に感動した
大袈裟にいうと彼らの気持ちが痛いほどわかって胸が苦しかった
(エンタテインメントしてじゅうぶん楽しめたんだけど)
すばらしい原作・脚本の上に、役者の才能を発掘する監督・スタッフの力量を感じた
長く記憶に残りそうな作品


このレビューは気に入りましたか? はい 2人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

なんでこんなやつに彼女ができるんだ

投稿日:2019/12/12 レビュアー:土方歳二

どうしようもないやつなんだけどなぁ
同居の彼の方がいいやつなのになぁ


ちょっとダラダラして退屈してしまいました

このレビューは気に入りましたか? はい 1人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

石橋静河は魅力的。柄本佑は実際身近にいたらブン殴...ネタバレ

投稿日:2019/10/26 レビュアー:CLIMBER

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

私事ですが、「アクアマン」観た後これ観て、いろんな高低差に耳、キイィィーンてなりました( ̄∀ ̄)

佐藤泰志原作の映画。「そこのみにて光輝く」「海炭市叙景」「オーバーフェンス」、監督は違えど全て心に刺さったので、気になっての鑑賞。
舞台はやはり函館か‥‥けと、あまり函館感はない。日本中、どこにでもいる若者たちの話。

正直、一番刺さらなかった。普通過ぎる。
バイト仲間同士の恋愛、軽い三角関係、ビリヤード、ピンポン、ダーツ、ライヴハウス、毎晩のように朝まで飲み明かす‥‥朝焼けの空。
知ってる。昔、そこにいたし(音楽はラップではなかったが)‥‥

柄本佑演じる(僕)がウザくてたまらない。
自己中、自堕落、そのくせ変な自信、理由もなく周りを見下してる、感性の合う人間しか人として認めてない‥‥なんて嫌なヤツ。
けれどコイツは、いつかの自分でもある。だから余計イラつくんだな(こいつみたいにモテはしなかったけどね)。

(僕)にとっての嫌な先輩。
しかし先輩から見たら(僕)は嫌な後輩だ。
店長から見たら困ったバイトくんだ。
この映画はそれ、わかってる。
終盤、それがちゃんと描かれてて、嫌いになりかけてた映画を嫌わずにすんだ。
脇役のバイト仲間の女の子も新しく入ってきたバイト青年と恋に落ちそうだ。
その娘の笑顔がドチャクソ可愛い(^^)
それぞれに人生、青春はある。そして等しく尊い。だからまぁ、主人公の(僕)の人生も、大目に見てやるか、って気にもなれる‥‥

あ、ラストには凄く不満。逃げだな、とは思う。
けれど嫌いにはなりきれない作品です。
(柄本佑がモゥちょっと若かったらなぁ‥‥)


追記
ヒロイン・石橋静河がカラオケで歌うシーン、個人的に石橋凌の娘が(^o^)目線で見てしまった。やっぱり歌唱センスあるよなぁ‥‥
ファン目線ですいません(^^;)

このレビューは気に入りましたか? はい 0人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

2.5

投稿日:2019/09/09 レビュアー:aa

退屈だった

このレビューは気に入りましたか? はい 0人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

1〜 5件 / 全10件

きみの鳥はうたえる

月額課金で借りる

都度課金で借りる