No.99 RANKING

くるみ割り人形と秘密の王国

くるみ割り人形と秘密の王国の画像・ジャケット写真
くるみ割り人形と秘密の王国 / マッケンジー・フォイ
予告編を観る
  • 画質は本編映像とは異なります。
全体の平均評価点:
(5点満点)

21

  • DVD
  • Blu-ray
  • TSUTAYA TV
ジャンル:

「くるみ割り人形と秘密の王国」 の解説・あらすじ・ストーリー

解説・あらすじ・ストーリーは、ただいま準備中です。

「くるみ割り人形と秘密の王国」 の作品情報

製作年: 2018年
原題: THE NUTCRACKER AND THE FOUR REALMS

「くるみ割り人形と秘密の王国」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

くるみ割り人形と秘密の王国の詳細

  • 準新作
収録時間: 字幕: 音声:
99分
レイティング: 記番: レンタル開始日:
VWDP6790 2019年03月06日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
2,657枚 78人 105人

【Blu-ray】くるみ割り人形と秘密の王国(ブルーレイ)の詳細

  • 準新作
収録時間: 字幕: 音声:
99分
レイティング: 記番: レンタル開始日:
VWBP6790 2019年03月06日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
839枚 40人 48人

関連作品

ユーザーレビュー:21件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

1〜 5件 / 全21件

パッとしない作品でした・・・ネタバレ

投稿日:2019/06/16 レビュアー:静かなる海

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

つまらなくは無いのですが、格段の感動も無い作品でした。
内容にまとまりが無く、ありきたりのストーリー設定と展開で残念な感じでした。

CGとかはとてもキレイでした。
ネズミとかマトリョーシカみたいなピエロとかは凄かったです。

しかし登場人物たちの背景とかの書き込みが全く足りていないため、お母さんを失って悲しむ主人公とお父さんの関係とか、最初に出てきた弟?もアレって感じ。
もう少し家族の関係とか書くと良かった気がします。

あと一番言いたいのが、無理にバレエのシーンいらないだろうってこと。
バレエミュージカルにするのか?
もう少し作品に一貫性が欲しかった。
バレエの尺をストーリーの深堀に使えばよかったのにと思ってしまいます。
あれもこれも盛り過ぎて、広く浅くな残念作品になってしまいました。

ご家族で見る分には楽しめると思います。
惜しい作品でした。

原作との乖離もあるし、とにもかくにも中途半端でした。

このレビューは気に入りましたか? はい 1人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

ディズニー

投稿日:2019/05/27 レビュアー:wani

ディズニーのアニメションから 実写物語に アニメと違った 迫力が あります
少し話の内容が アニメと少し違いますが 少女クララのははの思い 叔父の
クリスマスパーティーから不思議な 世界に 入っていきます そこの二で会う 
四つの国の 王? また 母の秘密を 知ることになり 四つの国を わがものにしようと
する悪者 どう立ち向かえるか 見どころありスリルありで 面白かったです

このレビューは気に入りましたか? はい 0人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

バレエは素晴らしいけど

投稿日:2019/05/27 レビュアー:igio

少し辛口ですみません。
くるみ割り人形が題材だからかもしれませんが、不思議の国のアリスに似たようなストーリーで、つまらないというほどではないけど、すごく面白いというほどでもなかった。
ファンタジー系は好きなんですが、これは途中で飽きてしまいました。
でも、途中やエンディングのバレエは素晴らしかった。

このレビューは気に入りましたか? はい 0人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

くるみ割り人形と秘密の王国ネタバレ

投稿日:2019/05/19 レビュアー:片山刑事

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

 パーティー会場から何だか歩き回っていたら、謎の世界に迷い込んで大冒険する話。

 CGいっぱいの華やかな衣装や美術でさすがの豪華なディズニー映画! という感じの映画でした。

 ただお話の方は数多く作られてきた似たような作品の中に埋没してしまいそうな展開が多くて新鮮味がなくて全体的に退屈な映画でした。

 主人公は母親の喪失をメインに残された家族の父親との関係を修復していくというのもありきたりだし、そもそもお母さんが謎のプレゼントをわざわざややこしい渡し方をしてきたりする意味もよくわからないし。冒険の世界の方の悪そうな人が実は…。良い人だと思っていたら実は…な展開もありきたりすぎて面白くもなんともなかったです。アクションシーンもネズミがわちゃわちゃ暴れているだけの印象でした。

 ちょっと他の映画との区別があまりつかない映画で残念でした。

このレビューは気に入りましたか? はい 6人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

おとぎ話はディズニーのお家芸のはずなのだが・・

投稿日:2019/05/11 レビュアー:勇光

マッケンジー・フォイが可愛かった。「インターステラ」のときは泣いてばかりいたが、今回はよく笑っていた。原作の主人公はマリーという7歳の女の子であるが、この映画の主人公はマリーの娘のクララで、歳は14歳くらいになっている。原作の続編みたいなストーリー設定であるが、登場するキャラクターはかなり違うようだ。が、原作ほど複雑なストーリーではなく、尺も短い。子ども向けにつくったようだ。そのわりにはカネがかかっていて制作費は日本円にして130億円以上。で、赤字になってるようだ。ボーナスコンテンツを観たらセットがすごく豪華だったらしい。CGでやってたら制作費もそんなにかからなかったろうに、どうしてそんなにセットにコったのか不思議。
つまらなくはなかったが、とくに感動もなかった。

このレビューは気に入りましたか? はい 1人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

1〜 5件 / 全21件

くるみ割り人形と秘密の王国