ドリームの画像・ジャケット写真

ドリーム / タラジ・P・ヘンソン

全体の平均評価点:(5点満点)

35

全体の平均評価点:

予告編を検索

DVD

Blu-ray

旧作

ジャンル :

「ドリーム」 の解説・あらすじ・ストーリー

DVD

Blu-ray

旧作

解説・ストーリー

NASAで初期の宇宙開発計画を陰で支えた3人の黒人女性数学者の知られざる活躍を映画化した感動の実話ドラマ。主演はタラジ・P・ヘンソン、オクタヴィア・スペンサー、ジャネール・モネイ。監督は「ヴィンセントが教えてくれたこと」のセオドア・メルフィ。アメリカがソ連との熾烈な宇宙開発競争を繰り広げていた1960年代初頭。NASAのラングレー研究所には、優秀な頭脳を持つ黒人女性たちが計算手として働く“西計算グループ”という部署があった。ドロシー、キャサリン、メアリーはそこで働く仲良し3人組。数学の才に秀でたキャサリンは、その実力が認められ、ハリソン率いる宇宙特別研究本部に配属されるが、白人男性ばかりの職場に彼女を歓迎する雰囲気は微塵もなかった。一方、ドロシーとメアリーにも理不尽な壁が立ちはだかるが…。 JAN:4988142318411

「ドリーム」 の作品情報

作品情報

製作年:

2016年

製作国:

アメリカ

原題:

HIDDEN FIGURES

「ドリーム」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

関連作品

関連作品

キルスティン・ダンストの大統領に気をつけろ!

8月のメモワール

若草物語

モリーズ・ゲーム

ユーザーレビュー:35件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

1〜 5件 / 全35件

才能と努力で 周囲を見返す様は、観ていて痛快です。

投稿日:2020/11/07 レビュアー:ホラーは観ないKEN

キャサリンたちは 黒人である事で差別され、また
女性である事でも差別されます。

それでも、才能と努力で 周囲の白人男性たちを見返して
やがては NASAの中で必要とされる人材となっていく様は、
男性の私から見ても 痛快なくらいです。

このレビューは気に入りましたか? 2人の会員が気に入ったと投稿しています

「 知は力なり 」「 私たちが時代を変える 」の映画 

投稿日:2020/08/04 レビュアー:ロキュータス

ロキュの69日連続レビュー V  第57日
濁音で始まるタイトルの映画レビュー・シリーズ 「 ド 」の巻

( ネタばれあり)

( ネタばれあり )
これは社会派とエンターテインメントがうまく融合した、いい作品です。

「 アメリカ宇宙計画初期の、3人のアフリカ系アメリカ人女性の知られざる貢献
  〜これまで正当に評価されてこなかった、陰の英雄たち〜 」の話で間違いないわけですが、その描き方のスタンスとスケール感が魅力です。

映画はアフリカ系アメリカ人女性エンジニアのマーキュリー計画への知られざる貢献を描いたもので、人種、ジェンダーゆえに仕事が評価されない、二重の偏見がテーマです。

 この3人の女性たちはひどい差別に合いますが、本作は被害者とか犠牲者という、ある意味「受け身の存在」としては扱わない。
彼女たちは「能動的に闘う」存在として描かれますが、誰かを糾弾したり、仕返しにひどい目に合わせるという闘い方はしない。
基本的な市民権のない厳しい差別の時代でできなかったこともあるだろうが、報復は正義ではない、自分たちの求めてるものはそうではないというスタンス、高潔さを僕は感じます。

本作の持っているスケール感は、1960年代初頭のアメリカの時代精神を感じさせる点にあります。
JFKを大統領にし、ボブ・ディランが歌にしたようにその時代精神とは「時代は変わる」であり、その推進力は「知は力なり」の信奉、自分たちが「時代を変える」という矜持でした。

有人宇宙飛行計画も黒人差別も当時大きな困難を抱えていたが、その時代精神が行動となったとき、時代は変わり、後年それは月への飛行と公民権獲得となって実を結んでいくことをこの映画は描いています。

 本作は「 新しい時代の扉が開いた 」という瞬間をとらえたシーンが何か所かあって感動させてくれますし、警官の職務質問の怖さとか何も変わってないなと考えさせるシーンがあって、現在と過去のつなぎ方が巧みだなと思います。

主演3人の女性は、『 ヘルプ 』でアカデミー助演女優賞したオクタビア・スペンサーが少し知られるくらい。 ジャネール・モネイは『 ムーンライト 』にも出てました。
タラジ・P・ヘンソンは『 ベンジャミン・バトン 』に出ていたそうですが、ぼくは観てなくて知りませんでした。 知名度はあまり高くなく、たしかに一般の映画ファンにはアピールしないかもしれない。

でもケヴィン・コスナーもキルスティン・ダンストも出てるやないの。
ケヴィン・コスナーはわりとおいしいところを持っていく役どころ。
キルスティン・ダンストは地味で月並みになるような役でしたが、演じるにあたってより人間らしくみえるように、役の人物を理解しようとしたと言っているとおり、しっかりと演じていて女優として成長を感じさせました。
『 ムーンライト 』で同年のアカデミー助演男優賞のマハラージャ・アリも出ています。

音楽はハンス・ジマーですが、ファレル・ウィリアムスが製作とともに参加。

撮影監督のマンディ・ウォーカーは女性で他に『ニュースの天才』『ニュースの真相』など
ヘッド・エンジニア役のジム・パーソンズはゲイであることを公表しパートナーとも結婚しています。  スタッフ・キャストにも見られる多様性  ひるがえって日本はどうか。

「フェイクニュース」の現代だからあえて書きますが、ウィキペディアなどで本作を検索してもらえばわかるように、実話も元にしていても実際の彼女たちの史実と映画との間には違いがあります。 
ただ事実と違うプロパガンダか、虚構に仮託して本質を語ることとは、形は似ているがまったく違うもので、評価は観る者が下していくこと。
ぼくは後者だと申し上げます。

このレビューは気に入りましたか? 3人の会員が気に入ったと投稿しています

不良品

投稿日:2020/05/03 レビュアー:cmcm

最初の15分ぐらい途切れ途切れになって見れませんでした。

このレビューは気に入りましたか? 0人の会員が気に入ったと投稿しています

快哉でした

投稿日:2020/02/09 レビュアー:ひろ

1961年というちょっと前なのにあれだけの黒人差別があったということを突きつけられた感がありました。作品では語りつくせない差別や偏見があったと思いますが、それらを乗り越えて名声を得た素晴らしい実話だと思います。また差別や偏見を重たく暗くせずテンポよく、また乗り越える力としていろいろな形で愛が描かれていていい作品になっていると思いました。
ただ実際には稀有な話でしょうし、具体的な目に見える差別や偏見は減っているかもしれませんが、人の心の中の差別や偏見は残念ながらなくなっていないのでしょう。
個人的には快哉だったのですが、一方で重たい気持ちが残った作品でした。

このレビューは気に入りましたか? 0人の会員が気に入ったと投稿しています

ザ・偏見レビュー

投稿日:2020/01/11 レビュアー:オッドジョブ

人種や性別による偏見・差別への批判をドドンとメインに添えた映画。

で、そんな映画を見ての感想が偏見満載な感じで申し訳ないんだけど「女性ウケ狙って作られたNASAもの映画」って感じ。こういうのが不快な人は「オッサンには響きにくい映画」と読み替えていただければ幸いです。

NASAものとしては珍しくミッション自体の描き方にカタルシスが無く、主役トリオが周囲に評価されていく事だけに比重が置かれてます。なんかその辺りがすごく女性向け(またはオッサン除外)な印象なんですよ。

実話ベースだから仕方ないのもあるんだけど、トリオのうちこの映画内で活躍するのは一人だけ(エンジニアはこれからだし、IBM計算結果は使えないにされてるし)でストーリーとしても締まりが無い。

時間が無駄に長い割にやたら恋バナ部分が多いのにもうんざり。

映画自体はそこそこ良くできているので退屈しないし駄作ではないんだけど、ちょっと偏見批判をストレートに表現し過ぎてしまったような気がします。

このレビューは気に入りましたか? 2人の会員が気に入ったと投稿しています

1〜 5件 / 全35件

ドリーム

ユーザーレビュー

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

ユーザーレビュー:35件

才能と努力で 周囲を見返す様は、観ていて痛快です。

投稿日

2020/11/07

レビュアー

ホラーは観ないKEN

キャサリンたちは 黒人である事で差別され、また
女性である事でも差別されます。

それでも、才能と努力で 周囲の白人男性たちを見返して
やがては NASAの中で必要とされる人材となっていく様は、
男性の私から見ても 痛快なくらいです。

「 知は力なり 」「 私たちが時代を変える 」の映画 

投稿日

2020/08/04

レビュアー

ロキュータス

ロキュの69日連続レビュー V  第57日
濁音で始まるタイトルの映画レビュー・シリーズ 「 ド 」の巻

( ネタばれあり)

( ネタばれあり )
これは社会派とエンターテインメントがうまく融合した、いい作品です。

「 アメリカ宇宙計画初期の、3人のアフリカ系アメリカ人女性の知られざる貢献
  〜これまで正当に評価されてこなかった、陰の英雄たち〜 」の話で間違いないわけですが、その描き方のスタンスとスケール感が魅力です。

映画はアフリカ系アメリカ人女性エンジニアのマーキュリー計画への知られざる貢献を描いたもので、人種、ジェンダーゆえに仕事が評価されない、二重の偏見がテーマです。

 この3人の女性たちはひどい差別に合いますが、本作は被害者とか犠牲者という、ある意味「受け身の存在」としては扱わない。
彼女たちは「能動的に闘う」存在として描かれますが、誰かを糾弾したり、仕返しにひどい目に合わせるという闘い方はしない。
基本的な市民権のない厳しい差別の時代でできなかったこともあるだろうが、報復は正義ではない、自分たちの求めてるものはそうではないというスタンス、高潔さを僕は感じます。

本作の持っているスケール感は、1960年代初頭のアメリカの時代精神を感じさせる点にあります。
JFKを大統領にし、ボブ・ディランが歌にしたようにその時代精神とは「時代は変わる」であり、その推進力は「知は力なり」の信奉、自分たちが「時代を変える」という矜持でした。

有人宇宙飛行計画も黒人差別も当時大きな困難を抱えていたが、その時代精神が行動となったとき、時代は変わり、後年それは月への飛行と公民権獲得となって実を結んでいくことをこの映画は描いています。

 本作は「 新しい時代の扉が開いた 」という瞬間をとらえたシーンが何か所かあって感動させてくれますし、警官の職務質問の怖さとか何も変わってないなと考えさせるシーンがあって、現在と過去のつなぎ方が巧みだなと思います。

主演3人の女性は、『 ヘルプ 』でアカデミー助演女優賞したオクタビア・スペンサーが少し知られるくらい。 ジャネール・モネイは『 ムーンライト 』にも出てました。
タラジ・P・ヘンソンは『 ベンジャミン・バトン 』に出ていたそうですが、ぼくは観てなくて知りませんでした。 知名度はあまり高くなく、たしかに一般の映画ファンにはアピールしないかもしれない。

でもケヴィン・コスナーもキルスティン・ダンストも出てるやないの。
ケヴィン・コスナーはわりとおいしいところを持っていく役どころ。
キルスティン・ダンストは地味で月並みになるような役でしたが、演じるにあたってより人間らしくみえるように、役の人物を理解しようとしたと言っているとおり、しっかりと演じていて女優として成長を感じさせました。
『 ムーンライト 』で同年のアカデミー助演男優賞のマハラージャ・アリも出ています。

音楽はハンス・ジマーですが、ファレル・ウィリアムスが製作とともに参加。

撮影監督のマンディ・ウォーカーは女性で他に『ニュースの天才』『ニュースの真相』など
ヘッド・エンジニア役のジム・パーソンズはゲイであることを公表しパートナーとも結婚しています。  スタッフ・キャストにも見られる多様性  ひるがえって日本はどうか。

「フェイクニュース」の現代だからあえて書きますが、ウィキペディアなどで本作を検索してもらえばわかるように、実話も元にしていても実際の彼女たちの史実と映画との間には違いがあります。 
ただ事実と違うプロパガンダか、虚構に仮託して本質を語ることとは、形は似ているがまったく違うもので、評価は観る者が下していくこと。
ぼくは後者だと申し上げます。

不良品

投稿日

2020/05/03

レビュアー

cmcm

最初の15分ぐらい途切れ途切れになって見れませんでした。

快哉でした

投稿日

2020/02/09

レビュアー

ひろ

1961年というちょっと前なのにあれだけの黒人差別があったということを突きつけられた感がありました。作品では語りつくせない差別や偏見があったと思いますが、それらを乗り越えて名声を得た素晴らしい実話だと思います。また差別や偏見を重たく暗くせずテンポよく、また乗り越える力としていろいろな形で愛が描かれていていい作品になっていると思いました。
ただ実際には稀有な話でしょうし、具体的な目に見える差別や偏見は減っているかもしれませんが、人の心の中の差別や偏見は残念ながらなくなっていないのでしょう。
個人的には快哉だったのですが、一方で重たい気持ちが残った作品でした。

ザ・偏見レビュー

投稿日

2020/01/11

レビュアー

オッドジョブ

人種や性別による偏見・差別への批判をドドンとメインに添えた映画。

で、そんな映画を見ての感想が偏見満載な感じで申し訳ないんだけど「女性ウケ狙って作られたNASAもの映画」って感じ。こういうのが不快な人は「オッサンには響きにくい映画」と読み替えていただければ幸いです。

NASAものとしては珍しくミッション自体の描き方にカタルシスが無く、主役トリオが周囲に評価されていく事だけに比重が置かれてます。なんかその辺りがすごく女性向け(またはオッサン除外)な印象なんですよ。

実話ベースだから仕方ないのもあるんだけど、トリオのうちこの映画内で活躍するのは一人だけ(エンジニアはこれからだし、IBM計算結果は使えないにされてるし)でストーリーとしても締まりが無い。

時間が無駄に長い割にやたら恋バナ部分が多いのにもうんざり。

映画自体はそこそこ良くできているので退屈しないし駄作ではないんだけど、ちょっと偏見批判をストレートに表現し過ぎてしまったような気がします。

1〜 5件 / 全35件