映画 真田十勇士

映画 真田十勇士の画像・ジャケット写真
映画 真田十勇士 / 中村勘三郎
予告編を観る
  • 画質は本編映像とは異なります。
全体の平均評価点:
(5点満点)

15

  • DVD
  • Blu-ray
  • TSUTAYA TV
  • 動画ポイント利用可
ジャンル:

「映画 真田十勇士」 の解説・あらすじ・ストーリー

「SPEC」シリーズの堤幸彦監督、中村勘九郎主演で真田十勇士の大仕掛けを描いたスペクタクル大作。関ヶ原の戦いから14年。名将として世間から尊敬を集めていた真田幸村。しかし、実は気弱な腰抜け男の幸村はある時、猿飛佐助と運命的に出会い…。

「映画 真田十勇士」 の作品情報

製作年: 2016年
製作国: 日本

「映画 真田十勇士」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

映画 真田十勇士の詳細

  • 旧作
収録時間: 字幕: 音声:
135分 日:ドルビーデジタル5.1ch/ドルビーデジタルステレオ
レイティング: 記番: レンタル開始日:
PCBP73526 2017年03月15日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
799枚 19人 8人

【Blu-ray】映画 真田十勇士(ブルーレイ)の詳細

  • 旧作
収録時間: 字幕: 音声:
135分
レイティング: 記番: レンタル開始日:
PCXP70480 2017年03月15日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
307枚 7人 3人

関連作品

ユーザーレビュー:15件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

1〜 5件 / 全15件

幸村は名将ではなかった

投稿日:2018/08/22 レビュアー:こうさま

真田幸村の家臣で10人衆として有名な真田十勇士、霧隠才蔵、猿飛佐助、三好青海入道の名前は出てくるが他はなかなか出てこない。
彼らは伝承上の架空の人物とされているが講談などでは欠かせない個性豊かなキャラで知将幸村を支える家臣団、でも本作の幸村は名将ではなく佐助や才蔵によって戦略が立てられていたとなっているところが漫画的で面白い。
佐助や才蔵は幸村に対してはタメグチで接している。
真田十勇士が集まるところはアニメになっていてこの映画はアニメではないと断ってある、勇士も最後は数合わせ的であまり強そうでないメンバーも加わっている。
戦略は誰が考えたにしろ真田丸での戦闘や最後の夏の陣で本気になった幸村の突撃シーンが見せ場になっている。
豊臣秀頼は本当に自害して果てたのか、いろいろな説があり本作のオチも充分アリなのだろう。
全体的にチト中途半端、幸村と十勇士の絆も上手く語れていないところが評価を下げてしまう要因。

このレビューは気に入りましたか? はい 0人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

出演者が豪華でした

投稿日:2018/02/17 レビュアー:スヌーピー

ユーミンさんのエンディング曲が映画にすごい合ってるなと思いました。
あり得ないことだらけだったけど面白かったです。戦闘シーンは迫力もあってスケールも大きくて楽しめました。
淀殿が若いイメージがあったので少し大竹しのぶさんには驚きました。アニメの部分もあって工夫されていて良かったです。

このレビューは気に入りましたか? はい 1人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

時代劇アクションと割り切って観るべし

投稿日:2017/12/17 レビュアー:kazupon

「真田十勇士」って実在していたのか、誰かをモデルとした架空の人物なのか、諸説あってハッキリしません。
関ヶ原の戦いから14年。
「天下の名将」と名高い真田幸村でしたが、
実際の幸村はただの腰抜けだったという設定でストーリーが進んで行きます。
そんな幸村の前に現れたのが、抜け忍の猿飛佐助。
「嘘もつき続ければ、いつかは本物になる」と言うのが佐助の持論。
佐助が真田一勇士となり、次いで霧隠才蔵が二勇士となり・・・
真田十勇士結成の運びとなります。
驚きだったのは、猿飛佐助が意外にも軍師だったこと。
佐助が幸村に策を授ける手段に、ちょっとウケました。(笑)
霧隠才蔵も抜け忍ですが、マントでムササビのように空を飛ぶシーン、カッコよかったです。
本作の見どころは、何と言っても「大坂冬の陣」「大坂夏の陣」
特に「夏の陣」における決死の突撃シーンは見応えがありました。
本作での真骨頂は、合戦シーンです。
真田丸に施された工夫も興味深いですし、敵・味方入り乱れての戦闘シーンは、それなりに迫力がありました。
「夏の陣」が一番盛り上がったと思うので、その後に続くどんでん返しの部分は、賛否が分かれるところかも。
しかも、逃げ果せた秀頼らのその後が描かれます。
もっと驚くのは、彼らのその後がエンドロールで紙芝居風に描かれるのです。
正直、しつこい。
“しつこい”と言えば、劇中の筧十蔵のおしっこ。
ウンザリするほど長い。(年寄か!)
途中、何度となく睡魔に襲われ、その度に巻き戻しての鑑賞でした。
合戦シーンだけは、豪華で面白かったです。

このレビューは気に入りましたか? はい 4人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

ひどい

投稿日:2017/09/20 レビュアー:atudon

アニメでストーリーを端折るって、、ないでしょ。
この監督、TVドラマは面白いけど、映画となると、途端につまらなくなる。

このレビューは気に入りましたか? はい 0人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

発想が良いです。楽しめた。

投稿日:2017/09/18 レビュアー:リョウ

アニメから始まり、実写映画その後はエンディングは紙芝居という校正です。ある意味良かった。

このレビューは気に入りましたか? はい 0人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

1〜 5件 / 全15件

映画 真田十勇士