植物図鑑 運命の恋、ひろいました

植物図鑑 運命の恋、ひろいましたの画像・ジャケット写真
植物図鑑 運命の恋、ひろいました / 岩田剛典
予告編を観る
  • 画質は本編映像とは異なります。
全体の平均評価点:
(5点満点)

23

  • DVD
  • Blu-ray
  • TSUTAYA TV
  • 見放題
  • 動画ポイント利用可
ジャンル:

「植物図鑑 運命の恋、ひろいました」 の解説・あらすじ・ストーリー

「図書館戦争」の有川浩のミリオンセラー小説を、EXILEなどで活躍する岩田剛典、高畑充希主演で映画化した恋愛ドラマ。さやかはある日、行く当てのない青年・樹と出会う。そして、ひょんなことから半年間、彼を家に住まわせてあげることになり…。

「植物図鑑 運命の恋、ひろいました」 の作品情報

製作年: 2015年
製作国: 日本

「植物図鑑 運命の恋、ひろいました」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

植物図鑑 運命の恋、ひろいましたの詳細

  • 旧作
収録時間: 字幕: 音声:
112分 日:ドルビーデジタル5.1ch/ドルビーデジタルステレオ、日(音声ガイド):ドルビーデジタルステレオ
レイティング: 記番: レンタル開始日:
DB9930 2016年12月07日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
2,518枚 18人 10人

【Blu-ray】植物図鑑 運命の恋、ひろいました(ブルーレイ)の詳細

  • 旧作
収録時間: 字幕: 音声:
112分
レイティング: 記番: レンタル開始日:
SHBR9426 2016年12月07日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
980枚 2人 4人

関連作品

ユーザーレビュー:23件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

1〜 5件 / 全23件

岩ちゃんファンの為だけの作品

投稿日:2019/06/28 レビュアー:きりしま

突然の別れと突然の再会は 恋愛物に不可欠ですが、男が女の前から何も言わずに姿を消す意味も正体を隠す必要性も分からない。岩ちゃんのアップがたくさん出てくるので、若い女性が見るには楽しめる映画なのでしょうか。

このレビューは気に入りましたか? はい 0人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

この設定、好きです。

投稿日:2019/02/25 レビュアー:カマンベール

2016年。
この映画の設定・・・マンションの駐車場で行き倒れた青年が、
「俺を拾って下さい。躾の良い男です」
そう言われたさやか(高畑充希)は自宅に彼をあげて、カップ麺を食べさせる。行き宛のない樹(岩田剛典)と半年の期限付きで、同居生活を始める。

樹は朝ごはん、さやかのお弁当、仕事前に夕食を作ってくれて、掃除からシーツの洗濯までしてくれる。
休みの日には、サイクリングで出かけ、野草を摘み、フキご飯、土筆の佃煮、ワラビの味噌汁、蕗の薹の天ぷらが食卓にのぼる。

正に羨ましい生活。
私の若い頃と男女間の経済格差が減って平等化したのが、
大きいと思います。

料理、洗濯、掃除を男性が受け持ち、女性が社会に出て働き、
家賃や生活費を受け持つことに、なんの抵抗もなくなりつつあるのですね。

1月に観た『雪の華』でも、100万円を払うことで、一ヶ月間の恋人契約をする女性の話しがメインなのですから・・・。

お育ちの良い清潔感溢れる青年・樹に、惹かれていくさやか。
さやかは孤独で母親は再婚して、家族の愛に薄い女性です。
その孤独の隙間を、樹はサイクリング、野草摘み、手料理・・・と愛情たっぷりの豊かな生活を提供してくれるのです。

この生活の潤いが素敵です。
8月15日。さやかの25回目のバースデーにケーキとプレゼントをくれて祝った翌日、樹は消えます。

毎日の食事のレシピ・ノートだけが残されていました。

ここから一波乱があり、ラストへと向かうのですが、
とてもラブストーリーとして、納得でした。
有川浩原作のベストセラー小説。
こんな男の子なら拾って生活したい・・・そう思ってしまう設定の映画でした。

このレビューは気に入りましたか? はい 5人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

幼げな高畑充希ちゃんが愛らしい

投稿日:2018/11/28 レビュアー:飛べない魔女

たった3年前の映画なのに
充希ちゃんも岩田くんも、なんだか凄く若い!
それだけ二人が今では役者として成長した証でしょうか?

『僕を拾ってくれませんか?』
なんて意味深なセリフを言うものだから
この青年はてっきりこの世の者ではないか
未来からタイムスリップしてきた人なのか
いずれにしてもそっち系(ってどっち系よ?)のお方なのかとずっと思っていましたが
案外真相はありきたりで平凡でした。
これ、原作小説がミリオンセラーとか書いてあるけど
今どきこんな普通の恋愛小説がヒットするんかいな?って思うほど
平凡過ぎるお話。
平凡だからいいのかも。
どこにでも転がってそうな恋愛ドラマだからこそ
主人公を自分に重ねることが出来て、感情移入出来るのかもしれません。

まあ、10代〜20代前半のうら若き乙女たちは
こういうドラマに胸キュンキュンしちゃうんでしょうね。
とはいえ、そう言うおばさんも、実はちょっとキュンとしたのは事実ですけどね(笑)
切な過ぎるさやかの樹に対する思いに、じわ〜っときちゃったりして^_^;

このレビューは気に入りましたか? はい 1人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

しつけの良い子

投稿日:2018/01/13 レビュアー:こうさま

「運命の恋ひろいました」というのがサブタイトルになっているが、そもそもの出会いがあまりにも不自然すぎる。
いくらイケメンでしつけの良い子であっても道で倒れている若い男を家にあげたあげく名前も素性もわからないまま同居生活をはじめるなんて今時の若い女性は24歳になってもこれほど無警戒なんだろうかとオジサン目線では理解できないところ。
さて「イツキ」と名乗る男性と同居生活をはじめたさやか、確かに彼はしつけの良い子、ルールを守って一定の距離間を持ってさやかに接し、料理に絶妙の腕をふるったりお弁当まで作ってくれる。
彼女に対する気遣いも並大抵ではない。
仕事で落ち込んでいる彼女を誘って河原へ行き「狩り」と称して野野菜を採取してそれを料理してくれる。
こんな爽やかで好感度のある男性と同居していれば惚れないのが不思議なぐらいなんだが、いつか彼が(最初の約束は半年間の同居だったから)去ってしまうのではないかという不安を抱えながらのイライラするような日々が流れる。
そしてイツキがバイト先の女性と付き合っているのではないかと嫉妬にかられるさやか、もう告白するしかない。
イツキの言うように彼が一線を守って恋愛感情を殺していたのなら本当に彼はしつけの良い子ということになる。
想定どうりの別れ、後はどういう形で二人が再会するのかという興味が残ることになる。
ありえないような設定ではじまったこのお話し、最後にほのぼの感が残る。

このレビューは気に入りましたか? はい 0人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

つまらない

投稿日:2017/10/02 レビュアー:ふじこ

リアルとかリアルでないとかは関係なく、物語が単調でつまらないです。
途中で飽きてしまいました。
以前有川さんが好きだったので、借りてみましたが、この話は外れみたいです。
岩田さんの演技もあまり上手ではなく気になりました。

このレビューは気に入りましたか? はい 0人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

1〜 5件 / 全23件

植物図鑑 運命の恋、ひろいました