天国からの奇跡

天国からの奇跡の画像・ジャケット写真
天国からの奇跡 / ジェニファー・ガーナー
予告編を観る
  • 画質は本編映像とは異なります。
全体の平均評価点:
(5点満点)

10

  • DVD
  • TSUTAYA TV
  • 動画ポイント利用可
ジャンル:

「天国からの奇跡」 の解説・あらすじ・ストーリー

少女の身に起こった奇跡を描いたヒューマンドラマ。小さな田舎町で暮らす少女・アナは幼い頃から重い病気を患い、入退院を繰り返していた。そんなある日、アナが庭の大木から落下。彼女は幸い一命を取り留めるが、その身に驚くべき奇跡が訪れる。※一般告知解禁日:8月26日

「天国からの奇跡」 の作品情報

製作年: 2016年
製作国: アメリカ
原題: MIRACLES FROM HEAVEN

「天国からの奇跡」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

天国からの奇跡の詳細

  • 旧作
収録時間: 字幕: 音声:
108分 日・英 英:ドルビーデジタル5.1ch、日:ドルビーデジタル5.1ch
レイティング: 記番: レンタル開始日:
RDD80831 2016年11月02日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
28枚 6人 2人

関連作品

ユーザーレビュー:10件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

1〜 5件 / 全10件

心温まる話

投稿日:2018/06/07 レビュアー:クララ

天国の存在を信じる信じないは別として
病気の子を抱えた家族、周りの人々のあたたかさにひたすら感動

このレビューは気に入りましたか? はい 0人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

感動しました

投稿日:2017/10/10 レビュアー:ふじこ

正直神への祈りが通じたとかいう流れには共感できませんでしたが、奇跡が起こることはあると思うので、実際に起こったことはよかったと思います。

それよりも周りや出会った人たちの優しさにとても感動しました。
この映画をみてとても優しい気持ちになれ、また誰かに親切にしたいと思いました。
見終わって幸せな気持ちになれる映画でした。

このレビューは気に入りましたか? はい 0人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

ラストで泣きました

投稿日:2017/08/21 レビュアー:スヌーピー

実話だと思うと驚きました。こんなことって本当にあるんだと思いました。本当に奇跡だなと思いました。でも奇跡って神様だけじゃなくて人々の優しさから生まれるのもあるんだなと思いました。
ラストでの教会のシーンでは泣いてしまいました。

ラストで実際の家族が出てきて本当に元気になって幸せそうで驚き感動しました。
でも、人の優しさってもらうだけじゃなくてこの家族たちが今まで優しくしてきたからもらえたんだと思いました。日本人はキリスト教の人は少ないかもしれないし私も良くわかないけど聖書を読みたくなりました。よく徳を積むっていうけどその通りだなと思いました。

このレビューは気に入りましたか? はい 0人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

難病の人は真似しないように

投稿日:2017/06/14 レビュアー:colonpan博士

意外と低評価みたいだが、近年珍しいほど心(記憶)に残る素晴らしい映画だった。
(400冊以上の本を併読しているため、つまらない話だと観た直後に忘れます)
かわいい女の子が3人も出てきますから、ペドな人も大満足でしょう。
泣けるほどではなかったが、母親の努力に呼応するように、小さな善意の積み重なりが感動を呼ぶ。
難病女児の自然な演技、姉妹たちの健気な振る舞いも、抑制されたリアリティが心を打つ。
アメリカ人を美化しすぎだろうと思って観ていたが、実話だった。
エンドロールで初めて知ったが、最初から知っていたらもっと感情移入出来たと思う。
奇跡は突然訪れるが、この古木はどうなったのだろう?
難病患者がこの古木を求めて米国中から集まって来たのでは?

このレビューは気に入りましたか? はい 0人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

狭量な神ネタバレ

投稿日:2017/02/26 レビュアー:パープルローズ

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

好評のレビューが並ぶ中、空気読まずに辛口レビューです。

突然重い病気にかかってしまった娘アナを救うために、
奔走する母親クリスティ(ジェニファー・ガーナー)の頑張りにはさすがに涙腺がゆるみました。
しかし、「奇跡」が起きてからの展開は疑問だらけで、これも所詮宗教映画に過ぎなかったんだと思わざるを得ませんでした。

いちばん気になったのは、病院で同室だった女の子の顛末。
神様のことばかり話すアナに感化を受けた女の子を心配した女の子の父親が、
宗教に関わることは話させないでほしいとクリスティに頼みます。
「奇跡」が起こって元気になったアナに対して、「奇跡」が起こらず死んでしまった女の子。
ところが、娘を失った父親をわざわざ教会に読んでスピーチさせるって、これは懺悔の強要ですか?
信じるものは救われる。けれども、信じないものは救わないって、彼らの神はなんと狭量で不寛容なことなんでしょうか。

あと、お金のこと。
アナを見舞いに行くために、飛行機に乗ろうとした家族は
クレジットカードが拒否されてしまい、チケットが買えない。
ところがそこでまた「奇跡」が起こって、家族は無事アナのもとへ。
それはいいけど、あそこでああいう「奇跡」が起きても、最終的にはお金は払わないといけないよね。
以前に観た「天国は本当にある」もそうでしたが、金銭面での問題がなにも解決されないままで終わってしまう。
信じる気持ちがあれば、お金の問題はどうにでもなるってわけでもないでしょうに。

このレビューは気に入りましたか? はい 2人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

1〜 5件 / 全10件

天国からの奇跡

月額課金で借りる

都度課金で借りる