HK/変態仮面 アブノーマル・クライシス

HK/変態仮面 アブノーマル・クライシスの画像・ジャケット写真
HK/変態仮面 アブノーマル・クライシス / 鈴木亮平
全体の平均評価点:
(5点満点)

13

  • DVD
  • TSUTAYA TV
  • 動画ポイント利用可
  • シリーズ
ジャンル:

「HK/変態仮面 アブノーマル・クライシス」 の解説・あらすじ・ストーリー

あんど慶周原作、福田雄一監督による異色のヒーローアクション第2弾。愛子のパンティを被って変態仮面となり、悪と戦う狂介。彼に複雑な思いを抱いていた愛子はパンティを返してもらうが、徐々にふたりの気持ちはすれ違い始めてしまい…。※一般告知解禁日:7月4日

「HK/変態仮面 アブノーマル・クライシス」 の作品情報

製作年: 2016年
製作国: 日本

「HK/変態仮面 アブノーマル・クライシス」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

HK/変態仮面 アブノーマル・クライシスの詳細

  • 旧作
収録時間: 字幕: 音声:
118分 日:ドルビーデジタル5.1ch
レイティング: 記番: レンタル開始日:
DRTD03936 2016年09月14日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
597枚 4人 6人

関連作品

ユーザーレビュー:13件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

1〜 5件 / 全13件

こんな作品嫌だっただろうなっ…

投稿日:2018/05/13 レビュアー:伝衛門

なんてばかばかしい作品なんでしょうっ!

と感じた前作に引き続き続編誕生。

主演の鈴木亮平さんをはじめ主要キャラを演じる俳優陣が
ほとんで再登板されていることが素晴らしい!

ヒロインを演じられたあの方もです…

PG-12が外れパワーダウンが否めませんが、
それでも、あの演出は嫌だったでしょうね…

このレビューは気に入りましたか? はい 0人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

出家させるパワー

投稿日:2017/11/08 レビュアー:iha

鈴木亮平、うまいなぁ。
俺物語、変態仮面と声音を使いわけ、
コメディを演じきっている。
清水富美加、いや千眼美子か。
この馬鹿馬鹿しさに出家してしまったのでは。
柳楽優弥のような演技派も、コメディとなると
鈴木亮平の引き立て役となってしまってる。
前作よりパワーダウン。

このレビューは気に入りましたか? はい 0人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

すまぬ。。

投稿日:2017/04/15 レビュアー:じゃじゃまる

なんで借りちゃったんだろう、、、
鈴木亮平君の体がすごい。
今話題の清水富美加さんが出てます。
まじめにやってますがスパイダーマン見てないのでパロディもわからなかった。。

おいなりさんかぁ。。。

このレビューは気に入りましたか? はい 0人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

進歩なし

投稿日:2017/03/25 レビュアー:ヒイロフィッシュ

1作目とほぼ調子ですが、1作目のほうが面白かったと思います。
1作目もたいして面白くありませんでしたが、何故かみたくなりますね。
悪い意味で予想通りの期待値です。
鈴木亮平のはまり役は凄いですね。身体能力が高そうなので、本格アクションが出来るんじゃないかと期待しています。サンシャイン池袋も次回は競演したら面白いかもしれません。
スパイダーマンのようなシーンがあったり、
日本でもそれっぽい映画ができるまでCG技術が高くなっているんだと思いました。
次回があるか分かりませんが、エロを出して、より変態を強調していくしか無いと思いました。
最後のオチは完全なやっつけです。途中で予算を使いすぎて、足りなくなった感じの終わり方です。

このレビューは気に入りましたか? はい 0人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

少しうんこ臭い場合もある?

投稿日:2017/02/21 レビュアー:きーちゃん

 第一作を地上波テレビで視聴したのをきっかけに今回、第二作をレンタルした次第です。昔、テレビの番組だったか中年のお笑いタレントが女性のパンティを頭から被って寝ているシーンがあって、正に「変態だ」として笑いを取っていました。また、通信販売では女性の未使用パンティに霧吹きで湿らせて、「使用済みパンティ」と称して配送しているシーンも記憶にあります。

 本作はコミックの実写化だそうですが、鈴木亮平という若い男性がこんなにもズケズケと、変態おじさんのテリトリーを用いて堂々と変態ぶりを露出している様は逆に天晴れかと思います。あれが正当なパンティの被り方でしょうが、よく見ると位置的には鼻に当たる部分は肛門がある辺りなので場合によってはやや臭くなるのではと推察しますが、自然界では雄の動物は雌の肛門を嗅いで興奮するようなので、ベストポジションなのかも知れません。

 前作では変態仮面の対抗馬として出演していた安田顕が変態仙人役で再登場してますが、彼も仕事が暇なのかよくやってます。自分自身のイメージが違う方向に進んでいくリスクを顧みず、真剣な演技が笑えました。外国製のサイクロン掃除機×巨大タラバガニで産まれた「ダイナソン」っていうのがあまりにも稚拙で、私の許容限度を逸脱してますが、原作がコミックなので仕方ありません。ヒロインの愛子ちゃんこと清水富美加が他方面で世間を騒がせているようで、これもやや驚きでした。

このレビューは気に入りましたか? はい 1人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

1〜 5件 / 全13件

HK/変態仮面 アブノーマル・クライシス