ラブ&マーシー 終わらないメロディー

ラブ&マーシー 終わらないメロディーの画像・ジャケット写真
ラブ&マーシー 終わらないメロディー / ジョン・キューザック
予告編を観る
  • 画質は本編映像とは異なります。
全体の平均評価点:
(5点満点)

7

  • DVD
  • TSUTAYA TV
  • 動画ポイント利用可
ジャンル:

「ラブ&マーシー 終わらないメロディー」 の解説・あらすじ・ストーリー

ザ・ビーチ・ボーイズのブライアン・ウィルソンの半生を映画化。60年代、バンドの人気は絶頂だったが、新たな音を追求するブライアンと、楽観的なほかのメンバーの間に確執が生じる。J・キューザックとP・ダノが2人1役でブライアンを演じる。※PG12※一般告知解禁日:11月20日

「ラブ&マーシー 終わらないメロディー」 の作品情報

製作年: 2015年
製作国: アメリカ
原題: Love & Mercy

「ラブ&マーシー 終わらないメロディー」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

ラブ&マーシー 終わらないメロディーの詳細

  • 旧作
収録時間: 字幕: 音声:
122分 英:ドルビーデジタル5.1ch/ドルビーデジタルステレオ
レイティング: 記番: レンタル開始日:
PG-12 DABR4932 2016年01月29日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
15枚 1人 0人

関連作品

ユーザーレビュー:7件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

1〜 5件 / 全7件

知ることが出来て良かったです

投稿日:2016/06/27 レビュアー:スヌーピー

ビーチボーイズは曲くらいしか知らなかったので勉強になりました。数々のヒット曲を出して有名になったのに精神的に不安定になってかわいそうだなと思いました。父親に対しての想いというか恐怖みたいなのも伝わってきました。
信頼していた主治医がとんでもない人だと最初は分からなくて、ブライアンがおかしいから正そうとしてるのかどちらなんだろうと思って見ていました。主治医に薬漬けにされてかわいそうでした。
メリンダに出会ったおかげで救われて本当に良かったなと思いました。
久しぶりに音楽を聴いて懐かしく感じました。

このレビューは気に入りましたか? はい 0人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

2パートに分ける必要あったのか?

投稿日:2016/06/11 レビュアー:Yohey

音楽モノの半生ドラマってメンバーとの葛藤が基本でして、まぁ、これもご多分に漏れず・・・そんなに「ザ・ビーチ・ボーイズ」自体に興味がなかったんで、どうかな、と思ったのですが、興味ないものにとっては全然ダメな映画でしたね。いい映画はそんな人でも観たくなるようなやつじゃないとね。

ミュージシャンが自分の音楽性について悩む、なんていうのはよくある話でして、そこらへんはまぁいいんですが、この映画の致命的なところはザ・ビーチ・ボーイズ時代で、独自の世界観で苦悩していくブライアン・ウィルソンをポール・ダノが演じ、シングルプレイヤーとなって壊れてしまったブライアンをジョン・キューザックが演じているんです。でも、これ二人の共通な部分がなくって、全くの別人の話になっている。

さして演技が良くないジョン・キューザックのパートが核心部分はあるんだろうけどもっちゃりしていて面白くなく、また年代的にも20年もたっていないような年月を2人の役者に分ける必要があったのかと思うと、どうもね。ポール・ダノは非常に良かったですよ。彼でそのまんまやれば良かったし、年代を行ったりきたりする必要もなかったんじゃないかな、と思ったなぁ。

ブライアン・ウィルソンをWikiでみたら、それなりに面白い経歴でして、うまいこと描けば面白くできたんじゃなかろうか、と改めて思いました。まぁ、でも興味もつ人は少ないだろうからヒットはせんかな・・・

このレビューは気に入りましたか? はい 1人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

スターの苦悩

投稿日:2016/02/28 レビュアー:パープルローズ

ビーチボーイズの中心的存在だったブライアン・ウィルソンの伝記的映画。

コアなファンというわけではありませんが、
やっぱり「夏といえばビーチボーズ!」だと思うし、かなりの曲を口ずさめてしまう私は、
曲から受けるどこか能天気な印象の裏に、こんな苦労があったんだと驚きながら、楽しめました。

60年代。
パニック発作で飛行機に乗れなくなったブライアンは、
メンバーが日本ツアーに出ている間、スタジオにこもってレコーディングを始める。
こうして作られたのが有名なアルバム「Pet Sounds」なんですが、
ほんとにスタジオに犬を連れてきたり、「馬もいれていい?」と言ってたのには笑いました。
レコーディングの様子がたっぷりみれておもしろかったです。
しかし、名盤を製作する一方、ブライアンは次第に薬に溺れていきます。

80年代。
車のセールスをしているメリンダ(エリザベス・バンクス)は、客として知り合ったブライアンとデートするようになるが、
ブライアンの行動は常に誰かに監視されていて、デートにもお伴が来ることに驚く。
ブライアンは精神科医(ポール・ジアマッティ)にマインドコントールされて、大量の投薬を受けていた。
メリンダはブライアンと精神科医のつながりを断とうと奮闘する。
実は1988年にアメリカの遊園地で歌ってるビーチボーイズを見かけたことがあるんですが、
当時ブライアンがこんなことになってたなんて。

60年代を演じるポール・ダノと、80年代を演じるジョン・キューザックがあまり似てないし、
2つの時代を脈絡なく行き来するのがどうなんかなあとは思いましたが、
私はけっこう楽しめました。

このレビューは気に入りましたか? はい 3人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

口ずさむ歌が一曲も無い!!

投稿日:2016/02/14 レビュアー:カマンベール

この時期(1960~1970年頃)
日本ではグループサウンズで大熱狂だったと思う。
タイガース、ワイルドワンズ、ブルーコメッツ、寺内たけしのエレキ。
そんなんで夢中でした。
洋楽好きなら、ビートルズがなんたって、ヒット曲連発で、
別格だったと思う。
私はもう少し後の「サイモン&ガーファンクル」の詩と曲の美しさに
魅せられていました。
それで「ビーチボーイズ」に夢中だった・・・という友達はいないのです。
この映画もブライアン・ウィルソンという初期中心に作曲したメンバーの、創作上の悩み、ドラッグ依存、回復途上に、
精神科医に洗脳というか、治療と称して「利用」「支配」された
経緯など、中々興味深かったけれど、
ブライアン・ウィルソンを2人の役者が演じる事で、
変化はついてますね。
ただ、家・・若い頃はプール付きの邸宅、
ジョン・キューザックに変わる部分もお洒落な邸宅でリッチマン。
あまり時代の変化を感じませんでしたね。
YouTubeを見ると、ブライアン・ウィルソンさんは至極、平凡な感じ・・なんですね。
音楽性も聴く限りは、心地良いサウンドで、こんな苦しみと精神的葛藤(病気?)が、あったとは!!
スターダムに乗った人の「苦しみ」を垣間見ました。

このレビューは気に入りましたか? はい 1人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

チャールズ・マンソンの映画をトム・ヒドルストン主演で見たい!ネタバレ

投稿日:2016/02/09 レビュアー:カサブランカ

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

ビーチボーイズの天才ブライアン・ウィルソンのバイオグラフィー。
ポール・ダノとジョン・キューザックの2人が60年代と90年代を分担して演じると聞いていたので、大丈夫なのか?と心配していたが、ほとんど気にならなかった。
ポール・ダノとジョン・キューザック2人の安定感のある演技のおかげもあると思うし、2つの時代のブライアンを少しづつ交互に見ながら映画を進めるやり方もうまかった。
映画の途中でいきなりパッとジョン・キューザックに入れ替わっていたら違和感がすごかっただろうけど、はじまりから少しづつ馴染んでいくことができた。
それに若い俳優が老けメイクなどでごまかしながら数十年間分を演じて、結果としてイーストウッドの映画みたいなことになるよりは思い切って別の俳優にしたほうが逆に自然に見えるのかもしれない。

60年代を演じたポール・ダノの、若き日のブライアン・ウィルソン再現率の高さがすごい。
元々似てるのもあるけど、あのたれ目でふ抜けた感じ(笑)とかアゴのだぶついた感じとかそっくり。だんだん太っていく様子を増量して作った見事な出っ腹で演じている。
繊細でいまにも壊れそうな危うい役がやっぱり上手い。

2つの時代のブライアンを交互に見せていく方法は、映画のテンションを維持するうえでも効果的だったと思う。
60年代のブライアンの話は「ペットサウンズ」あたりがピークで、その後はどんどん病んでいって最後は寝たきりになってしまう。
一方90年代は、薬で支配されている最悪の状態から恋人に助けられ、医者と決別して新しい人生をはじめるまでの話なのでだんだん盛り上がっていくし、明確なラストを作りやすい。
右肩下がりと右肩上がりを重ねて語っていくことで、映画がダレないように、興味が維持できるようにうまく作られていると思う。

アーティストの伝記映画はやっぱり音楽にまつわるシーンが興味深いし、単純に名曲が流れるとそれだけでうれしい。
なので前半はどうしても90年代よりも60年代パートが魅力的になる。
ブライアン・ウィルソンが最高のアルバムを作ろうと試行錯誤する過程は見ていてとても楽しかった。
アーティストの伝記映画を作る上での重要なポイントのひとつは、「音楽が生まれる瞬間や過程」を映像にできるかどうかだと思う。(ちょっと誇張や大げさな所があってもいい)
「Ray」の一番好きなシーンは、愛人との激しい言い争いがまだ終わらないうちに「Hit the Road Jack」の原型となる曲をレイ・チャールズが歌い始める場面。
この映画でもちゃんと、まだ未完成だったり断片だけだったりする「あの名曲」がだんだん曲になっていく様子がいろんなバリエーションでたっぷり描かれているので、それだけでもう満足。
特にスタジオでの様子は、手持ちカメラのドキュメンタリー的な雰囲気や、ポール・ダノやスタジオミュージシャンたちの自然なやりとりなどもあって、かなりいいシーンになっていると思う。
「ブライアン・ウィルソンって天才なんですよ!」描写がちょっとしつこく感じる場面もあった。他のミュージシャンに言葉に出してそれを言わせる必要はなかった気がする。

伝記映画がどうしても陥ってしまう問題?というかよくある特徴は、全体を貫くテーマや語りたいことが定まらず、実際にあった興味深い出来事を並べただけのエピソード集になってしまうこと。
一個一個はおもしろいんだけどバラバラで、ラストに向かって一つの方向に積み上げていくことができず、力の無い作品になる場合がある。
60年代パートはそういうエピソード集になってしまっている側面もちょっとあったけど、映画が進むにつれて90年代パートが徐々におもしろくなってきて、しかもこちらの話は明確なゴールにむかって進むように分かりやすいドラマとして作られているのがうまい。
ポール・ジアマッティが最高に憎たらしく演じている医者兼後見人という分かりやすい悪役と、天使のような恋人との間でブライアンの奪い合いが激しくなる後半はスリルもあったし、最後はけっこう感動させられた。
90年代はブライアンがアーティストとして輝くシーンはほとんどないし、体調の悪そうな中年おじさんなんだけど、それでも最後にはブライアンを応援していたし、幸せになってほしいといつのまにか思えていた。
これは60年代と90年代のパートが上手に組み合わされて、映画全体を通してキャラクターとドラマを魅力的に描くことに成功している証拠だと思う。

このレビューは気に入りましたか? はい 3人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

1〜 5件 / 全7件

ラブ&マーシー 終わらないメロディー

月額課金で借りる

都度課金で借りる