ロサンゼルス潜入捜査班 〜NCIS:Los Angeles シーズン3

ロサンゼルス潜入捜査班 〜NCIS:Los Angeles シーズン3の画像・ジャケット写真

ロサンゼルス潜入捜査班 〜NCIS:Los Angeles シーズン3 / クリス・オドネル

全体の平均評価点:(5点満点)

14

全体の平均評価点:

DVD

旧作

「ロサンゼルス潜入捜査班 〜NCIS:Los Angeles シーズン3」 の解説・あらすじ・ストーリー

DVD

旧作

解説・ストーリー

海軍犯罪捜査局(NCIS)の特別部隊・潜入課メンバーの活躍を描いたサスペンスアクションの第3シーズン第11巻。天然痘の病原体を盗んだプロドマン博士。LAチームは彼の乗った飛行機を押さえられず、博士を見失ってしまう。第21話と第22話を収録。

「ロサンゼルス潜入捜査班 〜NCIS:Los Angeles シーズン3」 の作品情報

作品情報

製作年:

2011年

製作国:

アメリカ

原題:

NCIS: LOS ANGELES

「ロサンゼルス潜入捜査班 〜NCIS:Los Angeles シーズン3」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

関連作品

関連作品

FRINGE/フリンジ<セカンド・シーズン>

CSI:マイアミ シーズン4

キャッスル/ミステリー作家のNY事件簿 シーズン5

BONES−骨は語る− シーズン7

ユーザーレビュー:14件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

1〜 5件 / 全14件

総評

投稿日:2015/07/20 レビュアー:ぽんぽん玉

カレンの出生の秘密が一段落したせいか、今ひとつ盛り上がりに欠けたシーズン3。
今シーズンは、派手さよりも、メンバー同士の絆に重点を置いているといえます。
【カレン×サム】の絆はもとより、【ディークス×ケンジー】の絆が強まっていくのかが見物です。
【カレン×サム】【ディークス×ケンジー】【エリック×ネル】のコンビが相棒としてしっくりいくようになってきたのは嬉しい限りです。
カレンストーリーが軸となってきた今作品。それを失って、今後、軸がブレなければ良いのですが。。。
新たなメインストーリーが必要かもしれませんね。

このレビューは気に入りましたか? 1人の会員が気に入ったと投稿しています

衝撃のラスト(VOL12のレビュー)

投稿日:2015/07/20 レビュアー:ぽんぽん玉

今回は本当に衝撃のラストです。
バタバタと死者が出て(さぁ、誰でしょう?)、捜査官の死傷に人一倍厳しい態度を見せるヘティ。
彼女の失意と共に、カレンの怒りが爆発。
もう収拾がつきません。。。
これってどうなってしまうのでしょう?
なのに、リリースがシーズン3で止まっているというのは痛いです(-_-;)
アメリカではシーズン7の制作が決まっているというのに。。。
早いリリースを望みます。

このレビューは気に入りましたか? 4人の会員が気に入ったと投稿しています

クロスオーバーエピソード(VOL11のレビュー)

投稿日:2015/07/20 レビュアー:ぽんぽん玉

第21話は【HAWAII FIVE-0】とのクロスオーバーエピソードです。
【HAWAII FIVE-0】を先に見ていた私は、コメスクもわからないし、【NCIS:LA】のメンバーもわからず、面白さは今ひとつでした。
今回、【NCIS:LA】側から見て、面白さを再確認。
やはり、クロスオーバーエピソードは両方を見てこそ面白さがわかるのですね。
【サム×ダニー】【カレン×チン】に分かれてのカーチェイスがなかなかの見物。
それぞれの性格を表す言動と掛け合いが魅力的でした。




今回のゲスト。
第22話【夫婦】
ミラーは【スーパー・ナチュラル】のアバドン。
ライトは【ER】のクレンショー。

このレビューは気に入りましたか? 1人の会員が気に入ったと投稿しています

無敵のヘティ(VOL10のレビュー) ネタバレ

投稿日:2015/07/20 レビュアー:ぽんぽん玉

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

作戦室でゲームをするエリック。
ヘティに隠れて遊ぶなんて肝が据わっている?
でも結局みつかるんですよねぇ。。。
謎のプレイヤー【ホットショット7】に滅多打ちにされて凹むエリック。
その上、その【ホットショット7】の正体がヘティだと知ってびっくり( ̄□ ̄ゞ)
ヘティって何でもできるんだなぁ。。。



今回のゲスト。
第19話【大儀】
ウェスターマンは【グッド・ワイフ】のマタン・ブロディ。
グリーンは【ヴァンパイア・ダイアリーズ】のマドックス。

このレビューは気に入りましたか? 1人の会員が気に入ったと投稿しています

みんな負けず嫌い(VOL9のレビュー)

投稿日:2015/07/20 レビュアー:ぽんぽん玉

こういう仕事をしていると、みんな負けず嫌いになるのだろうか。
今回、バスケをしていたメンバー達。
【俺のチーム】という言葉に敏感に反応する面々^^;
結局、サム・カレン・ネルvsディークス・ケンジー・エリックの戦いとなるのだ。
まぁ、当然ヘティは審判なんだけど、意地になる面々はまるで子供みたいです^^;




今回のゲスト。
第17話【父親2】
ジュリアは【ゴシップ・ガール】のエリザベス・フィッシャー。
第18話【身売】
ビンは【LOST】のチャン博士。

このレビューは気に入りましたか? 1人の会員が気に入ったと投稿しています

1〜 5件 / 全14件

ロサンゼルス潜入捜査班 〜NCIS:Los Angeles シーズン3

ユーザーレビュー

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

ユーザーレビュー:14件

総評

投稿日

2015/07/20

レビュアー

ぽんぽん玉

カレンの出生の秘密が一段落したせいか、今ひとつ盛り上がりに欠けたシーズン3。
今シーズンは、派手さよりも、メンバー同士の絆に重点を置いているといえます。
【カレン×サム】の絆はもとより、【ディークス×ケンジー】の絆が強まっていくのかが見物です。
【カレン×サム】【ディークス×ケンジー】【エリック×ネル】のコンビが相棒としてしっくりいくようになってきたのは嬉しい限りです。
カレンストーリーが軸となってきた今作品。それを失って、今後、軸がブレなければ良いのですが。。。
新たなメインストーリーが必要かもしれませんね。

衝撃のラスト(VOL12のレビュー)

投稿日

2015/07/20

レビュアー

ぽんぽん玉

今回は本当に衝撃のラストです。
バタバタと死者が出て(さぁ、誰でしょう?)、捜査官の死傷に人一倍厳しい態度を見せるヘティ。
彼女の失意と共に、カレンの怒りが爆発。
もう収拾がつきません。。。
これってどうなってしまうのでしょう?
なのに、リリースがシーズン3で止まっているというのは痛いです(-_-;)
アメリカではシーズン7の制作が決まっているというのに。。。
早いリリースを望みます。

クロスオーバーエピソード(VOL11のレビュー)

投稿日

2015/07/20

レビュアー

ぽんぽん玉

第21話は【HAWAII FIVE-0】とのクロスオーバーエピソードです。
【HAWAII FIVE-0】を先に見ていた私は、コメスクもわからないし、【NCIS:LA】のメンバーもわからず、面白さは今ひとつでした。
今回、【NCIS:LA】側から見て、面白さを再確認。
やはり、クロスオーバーエピソードは両方を見てこそ面白さがわかるのですね。
【サム×ダニー】【カレン×チン】に分かれてのカーチェイスがなかなかの見物。
それぞれの性格を表す言動と掛け合いが魅力的でした。




今回のゲスト。
第22話【夫婦】
ミラーは【スーパー・ナチュラル】のアバドン。
ライトは【ER】のクレンショー。

無敵のヘティ(VOL10のレビュー)

投稿日

2015/07/20

レビュアー

ぽんぽん玉

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

作戦室でゲームをするエリック。
ヘティに隠れて遊ぶなんて肝が据わっている?
でも結局みつかるんですよねぇ。。。
謎のプレイヤー【ホットショット7】に滅多打ちにされて凹むエリック。
その上、その【ホットショット7】の正体がヘティだと知ってびっくり( ̄□ ̄ゞ)
ヘティって何でもできるんだなぁ。。。



今回のゲスト。
第19話【大儀】
ウェスターマンは【グッド・ワイフ】のマタン・ブロディ。
グリーンは【ヴァンパイア・ダイアリーズ】のマドックス。

みんな負けず嫌い(VOL9のレビュー)

投稿日

2015/07/20

レビュアー

ぽんぽん玉

こういう仕事をしていると、みんな負けず嫌いになるのだろうか。
今回、バスケをしていたメンバー達。
【俺のチーム】という言葉に敏感に反応する面々^^;
結局、サム・カレン・ネルvsディークス・ケンジー・エリックの戦いとなるのだ。
まぁ、当然ヘティは審判なんだけど、意地になる面々はまるで子供みたいです^^;




今回のゲスト。
第17話【父親2】
ジュリアは【ゴシップ・ガール】のエリザベス・フィッシャー。
第18話【身売】
ビンは【LOST】のチャン博士。

1〜 5件 / 全14件