ZMフォース ゾンビ虐殺部隊

ZMフォース ゾンビ虐殺部隊の画像・ジャケット写真
ZMフォース ゾンビ虐殺部隊 / クリスチャン・ボービング
全体の平均評価点:
(5点満点)

6

  • DVD
  • TSUTAYA TV
  • 動画ポイント利用可
ジャンル:

「ZMフォース ゾンビ虐殺部隊」 の解説・あらすじ・ストーリー

「ブラッドレイン」「アローン・イン・ザ・ダーク」のウーヴェ・ボルの製作で贈るゾンビ・ムービー。東欧のとある都市で米軍の兵器開発中に事故が発生、人々が謎のウィルスに感染してゾンビとなり街を覆い尽くしてしまう。事故の隠蔽を図るアメリカ政府は、原発を爆破して都市を破壊すべく各分野のエキスパートを集めた精鋭チームを送り込むが…。監督は「EATERS」のマルコ・リストーリ&ルカ・ボーニ。

「ZMフォース ゾンビ虐殺部隊」 の作品情報

製作年: 2013年
製作国: イタリア/アメリカ/ドイツ/カナダ
原題: ZOMBIE MASSACRE

「ZMフォース ゾンビ虐殺部隊」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

ZMフォース ゾンビ虐殺部隊の詳細

  • 旧作
収録時間: 字幕: 音声:
87分 日本語 1:ドルビーデジタル/5.1chサラウンド/英語
レイティング: 記番: レンタル開始日:
R-15 CFTD402 2014年01月03日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
7枚 0人 0人

関連作品

ユーザーレビュー:6件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

1〜 5件 / 全6件

ゲームの映画化でお馴染みウーヴェ・ボル監督のダメなパターンのやつ

投稿日:2014/11/07 レビュアー:伝衛門

『ハウス・オブ・ザ・デッド』でゲームファンとゾンビ映画ファンの双方を敵にまわしたようなウーヴェ・ボル監督。
(あくまで想像ですが。。。(*^.^*))

ホラーファンの望む絵をことごとく外してみせる演出が彼の持ち味のように思われるのですが、
『SHOCKER ショッカー』、『ザ・テロリスト』等、展開そのものは残念なものの
”おっ!”と思わせる演出を魅せてくれることも(極稀に)ある監督さんです。

さて、本作品は98年に発売された『ZOMBIE MASSACRE』というガン・シューティングゲームの映画化作品で、彼のお家芸ともいえるジャンル。
作品のレベルは想定できるし(!)馴染みのレビュアーさんのブログで情報を仕入れた上での鑑賞であり、
尚且つ、原作そのものに思い入れがないので、更にハードルを下げて鑑賞できそうなものですが、本作品は更にその上(下?)を超える作品でした。(・・。)ゞ

ゾンビ大量感染の事故隠ぺいの為に主人公ら精鋭チームが爆弾をセットした時、残り時間54分の表示が読み取れたのが本編開始28分後。
その後、お決まりの展開、美女の出現そして退場、作戦の裏に潜む陰謀などなど色々あって爆弾ドカーンとなったのが本編開始84分後。。。

スピーディーな展開が売りのシューティングアクションのはずが、ほぼリアルタイムの進行具合。。。(・・;)
このもたつき具合に苛立ちが募るところですが、主人公ら精鋭チームの剣士担当の女性の動き・ルックスに怒り爆発!(  ̄っ ̄)
よせばいいのに二刀流!余計に動きが鈍いのが露呈してしまっています。
(『オゾンビ』のダニエル・チャクラン嬢にうっとりした直後だっただけに余計にマイナスに作用)

本作品の見どころは、ひょっとするとラスト5分なのかも?
”何者か知らんが死にやがれ!”と言われてしまうラスボスに、エンドロール間際のサービスカット!( ̄∇ ̄*)ゞ
ウーヴェ・ボルの演出能力、底が知れませんね(*^.^*)

このレビューは気に入りましたか? はい 4人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

ゾンビ博覧会ネタバレ

投稿日:2014/06/29 レビュアー:奇怪伯爵

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

基本はねぇ、ダメダメな内容。
台詞にセンスがなく、あまりにつまらなくてフラストレーションが脳内スキップします。
ストーリーも単純で、キャラも魅力薄。
特にダブルソードのお姉ちゃん、ユルユルな剣術を披露し、外見と共に違和感あるある大事典。

おそらく主人公である終身刑ソルジャーは、身体もデカく、使いようによってはイイ線いきそうなのですが、たいして見せ場はありません。
この人が上半身裸でマシンガンでもブッ放し、ラスボスのゾンビと激しい肉弾戦を繰り広げれば、カルト的人気は得られたと思うのですが……。

唯一といって良い見所は、様々なデザインのゾンビが登場。
ほとんどクリーチャーのようなゾンビも多く、そういうのが好きなマニアは耐えられるでしょう。

そして、忘れてはいけないエンドロール直前のシーン。
それまでのストーリーを忘れさせるようなリセット技。
ここで持ってきたか、B級エロティック・ボム。
あまりに危険な技だぜ、これは!!
しかし、嫌いじゃないわい。

このレビューは気に入りましたか? はい 2人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

価値なし

投稿日:2014/06/23 レビュアー:tomcat

つまらん。

このレビューは気に入りましたか? はい 0人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

つまらん

投稿日:2014/06/16 レビュアー:寅次郎

くだらなさすぎる.時間を返して欲しいくらい.

このレビューは気に入りましたか? はい 1人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

ゾンビ・マサカーのまさか

投稿日:2014/03/09 レビュアー:恋次郎

ZMとは原題のゾンビ・マサカーのことでしょう。フォースといっても任務を帯びてゾンビの街で遂行するのは4人ですが。

ドルフ・ラングレン出演の「バトルハザード」に設定はクリソツです。ロボットはでませんが。

ルーマニアのある街で米軍の研究開発施設でゾンビ化する化学兵器が漏れ出し(このへんはっきりしません)住民が雨に打たれてゾンビになってしまった。
隠ぺいするため原子力発電所を爆破し街ごと消滅させようとするのに傭兵と服役中の凄腕兵士に命じるのですが
軍の思惑は彼らごと秘密を消そうとするものだった。

で、脱出劇が大きな流れですが、ここに開発した博士の娘や観光に来ていた男などが絡むのですがシナリオが整理されてなく矛盾が感じられます。ツッコミどころ満載。

ラスボスらしきゾンビが最後に唐突に出てきますが、それ以外のゾンビの造形はなかなか良くできてます。
スーパーマーケットのくだりはガラスの手といいロメロのゾンビへのオマージュでしょう。

メンバーの一人で日本で剣と体術を修業したネーチャンの存在がニンジャは世界に冠たるスペックなのだなぁと痛感と笑いを呼びました。

ラストにまさかのおまけが(笑)金髪トップレスのパイオツカイデーが登場するので得した気分。

このレビューは気に入りましたか? はい 0人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

1〜 5件 / 全6件

ZMフォース ゾンビ虐殺部隊

月額課金で借りる

都度課金で借りる