フライト

フライトの画像・ジャケット写真
フライト / デンゼル・ワシントン
予告編を観る
  • 画質は本編映像とは異なります。
全体の平均評価点:
(5点満点)

82

  • DVD
  • Blu-ray
  • TSUTAYA TV
  • 見放題
  • 動画ポイント利用可
ジャンル:

「フライト」 の解説・あらすじ・ストーリー

ロバート・ゼメキスが12年ぶりに実写作品の監督を務めたスペクタクルドラマ。制御不能となった飛行機を緊急着陸させたウィトカー機長は、多くの乗客を救ったヒーローとして称えられる。だがある疑惑から、彼は一転して犯罪者として扱われてしまう。

「フライト」 の作品情報

製作年: 2012年
製作国: アメリカ
原題: FLIGHT

「フライト」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

フライトの詳細

  • 旧作
収録時間: 字幕: 音声:
138分 英語/日本語/吹替用日本語 オリジナル(英語):5.1chサラウンド
日本語吹替:5.1chサラウンド
レイティング: 記番: レンタル開始日:
PDSZ135803 2013年07月19日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
64枚 1人 2人

【Blu-ray】フライト(ブルーレイ)の詳細

  • 旧作
収録時間: 字幕: 音声:
138分 英語/日本語/吹替用日本語 オリジナル(英語):5.1DTS-HD Master Audio
日本語吹替:5.1chサラウンド
レイティング: 記番: レンタル開始日:
PDBV132441 2013年07月19日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
27枚 1人 0人

関連作品

ユーザーレビュー:82件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

1〜 5件 / 全82件

あんな機長が操縦する飛行機に乗るのは絶対にご免だ!

投稿日:2019/07/06 レビュアー:かつ

2012年 アメリカ映画

あらすじを読んでトム・ハンクスの「ハドソン川の奇跡」と似てるのかと思ったけれど全然違った。
事故を起こしたパイロット(デンゼル・ワシントン)が凄く高飛車で「なんだよコイツ!」と思ってしまう程だった。

確かにパイロットとしての腕はいいのかもしれない。
事故の直接的な原因も飛行機の故障だったかもしれないけれど、その事故の前日や当日もお酒を飲んでいてコカインもやっている。
なのに反省すらしない。なんで???
それどころか周りの連中もひた隠そうとする。

見どころを敢えて挙げるとしたら、はじめの背面飛行シーンと公聴会でのウォッカを飲んだのは誰かという質問に対して言葉を詰まらせながら答える時のデンゼル・ワシントンの演技。
こういう葛藤がもう少し早目に欲しかった。

はじめの背面飛行は一種のパニック映画です。人が逆さまに降ってくるんだから。
ここのシーンは映画館で観たら迫力があったでしょうね。
作り話だからいいけど、もし自分だったら酒浸りのパイロットの飛行機なんて絶対に乗りたくない。

このレビューは気に入りましたか? はい 4人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

やっぱり疑わしい事しちゃあかん

投稿日:2018/06/11 レビュアー:リュウ

旅客機の緊急着陸で多くの乗客を救ったウィトカー機長だが、酒飲んだりクスリやったり私生活はハチャメチャであった。機体の欠陥もあっただろうが、やっぱり酒やクスリといったとても分が悪い事やっちゃいけないね。なんとか機体の欠陥を主張し続ける主人公の姿がなんとなく子供っぽい。腕は一流、人柄三流、そんな感じの印象だった。でも最後の、裸の付き合いしてたCAの姉ちゃんの顔写真見つめての決断だけは良かった。そこに至るまでのストーリーに感じた。

このレビューは気に入りましたか? はい 0人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

みれないし

投稿日:2015/10/18 レビュアー:00

ディスクが再生できませんでした。
クリーニングしてないの?





このレビューは気に入りましたか? はい 0人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

飛行機パニックものと法廷ドラマが混じったような

投稿日:2015/09/05 レビュアー:Sarah

事故はわりとすぐに起きるのでハラハラして面白いが、ヒーローになった後、犯罪者扱いされてからが長い。
ちょっと恋愛を絡めてるのが無駄に長くて、女性関係はとばしとばし見ても大丈夫でした。

この内容で138分は長すぎると思います。
事故調査委員会みたいのにかけられるので、それが法廷ドラマと同じで長くなってしまう一因ですが、この委員会の場が結構面白いです。
政治的圧力で事実っていくらでもねつ造できるんだな、とどこか実話ではないかと思わせるものがありました。
主人公がけっこうダメダメ人間で、なんとか犯罪者にならずに済むように奔走する様子も人間臭くて逆によかったです。
いわゆるヒーローものとは違いますが、最後はある意味いい奴でスッキリ。

飛行機好きの方にも楽しめる映像だと思いますよ〜。すごい迫力。

このレビューは気に入りましたか? はい 0人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

守るべき最後の一線。

投稿日:2015/09/03 レビュアー:casey25

飛行機に乗る前にはあまり見たくない映画。パイロットだって生身の人間だから酒やドラッグに溺れる人も
いるだろう。かと言ってこの映画の主人公のように「操縦の技術とは別物である。」と開き直られても困る。現実には搭乗前のチェックで引っかかる筈だし、機内にウォッカをいくらパイロットと言えども持ちこむ事はそう簡単ではないだろう。
だけどアメリカでローカル線の超カジュアル(だけどフレンドリー)な乗務員の様子を見ているとこんなこともあり得ると思えてくる。
自衛の方法としてはできるだけ事故率の少ない大手の航空会社を利用すること位しかないのだが・・・
デーゼルワシントンは人間の弱さ、卑屈さと守るべき最後の一線をやや極端ながら上手く演じていた。

このレビューは気に入りましたか? はい 1人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

1〜 5件 / 全82件

フライト