ボディ・ハント

ボディ・ハントの画像・ジャケット写真
ボディ・ハント / マックス・シエリオット
全体の平均評価点:
(5点満点)

31

  • DVD
  • Blu-ray
ジャンル:

「ボディ・ハント」 の解説・あらすじ・ストーリー

「ウィンターズ・ボーン」「ハンガー・ゲーム」のジェニファー・ローレンス主演のサスペンス・スリラー。惨殺事件が起きた現場の隣に母とともに越してきたヒロインが、戦慄の恐怖に見舞われるさまをスリリングに描く。監督は「監禁ハイウェイ」のマーク・トンデライ。17歳の高校生エリッサは住み慣れたシカゴを後にし、離婚した母に連れられ郊外の格安物件に引っ越してくる。格安の理由は、隣の家で数年前に娘が両親を惨殺して失踪するという事件が起こっていたため。その家には現在、事件当時親戚に預けられていて生き延びた息子ライアンが一人で住んでいた。ある夜、エリッサが帰宅途中に偶然通りがかったライアンの車に乗せてもらったことから、2人は急速に距離を縮めていくが…。

「ボディ・ハント」 の作品情報

製作年: 2012年
製作国: アメリカ
原題: HOUSE AT THE END OF THE STREET

「ボディ・ハント」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

ボディ・ハントの詳細

  • 旧作
収録時間: 字幕: 音声:
101分 日 吹 英:ドルビーデジタル5.1ch、日:ドルビーデジタルステレオ
レイティング: 記番: レンタル開始日:
PG-12 PCBP72368 2013年01月16日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
11枚 0人 1人

【Blu-ray】ボディ・ハント(ブルーレイ)の詳細

  • 旧作
収録時間: 字幕: 音声:
101分 日本語・日本語吹替え用字幕 1:DTS-HD Master Audio/5.1chサラウンド/英語
2:DTS-HD Master Audio/ステレオ/日本語
レイティング: 記番: レンタル開始日:
PG-12 PCXP70107 2013年01月16日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
9枚 1人 0人

関連作品

ユーザーレビュー:31件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

1〜 5件 / 全31件

オザキが唄ってる

投稿日:2019/07/23 レビュアー:ビンス

何の疑いもせず
ティーン向けのホラーサスペンス的なものだと思っていたので
描かれる展開をすんなりと受け入れ
2段階で用意されていた驚きに
ちゃんと驚いて楽しめました。
疑わない予想しないって
映画を観る上で大事だなと
再認識した思いです。
ということで
イケイケなチャラいクソボンボンと
陰のあるナイーヴ系男子がいたら
ヒロインは当然、影ある男子に惹かれるわけで
前半はとても基本に忠実にオーソドックスに
ステレオタイプなストーリーが紡がれていきます。
そこからの!
で、行くかと思えば!!
なるほどそう来たかと
そっち系かい、と
「すっかりまんまとの巻」でありまして
こいつぁ中々のヤ〜ツだなと
犯人に感心してしまいました。
ではなぜ?
は、物語を観ていくとその答えが明らかになり
それは途中からうすうす感じていたものが正解するという仕組みになっています。
そうか
そうなるか
そうだよなぁ
犯人の頭の中ではオザキが唄っていたのでしょう
大音量で同じ曲をリピートして叫びまくっていたのでしょう
「僕が僕であるために」

ジェニファー・ローレンス演じる主人公
どうも順番を間違えるきらいがあります。
逃走時の選択ミスが多いなぁと
1から次に進むには
2を通らなきゃいけないのに
どういう算段をしたのか
いきなり4とか5に飛びついちゃっている
もっとスマートに解決できたような気がしてなりません。
石の上にも三年の如くに
洗濯機の上にも三年ぐらいの気持ちで
あの洗濯機の上に鎮座すれば
それで解決できただろうに・・・
な〜〜んて思ったりして

ジェニファーはすっぴんのほうがステキ
あ、すっぴんじゃないのかも・・・
では、すっぴんみたいなナチュラルメイクのほうがステキ
エリザベス・シューは「カクテル」を観て以来好きな女優なので
この共演はうれしかったです。

このレビューは気に入りましたか? はい 1人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

まさかの展開です。

投稿日:2018/08/30 レビュアー:土方歳二

ラストでやっとすべてがわかりました
なかなかの展開ですが
いまいちです。
シナリオは良いと思うのですけどね。

このレビューは気に入りましたか? はい 0人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

やはり、格安物件には理由があるんだなあ…

投稿日:2018/08/21 レビュアー:コタロウ(!)

サラとエリッサの母子は、森林に囲まれた邸宅を格安で借りることができた。
4年前、突き当りの家で、娘が両親を惨殺する事件が発生したからである。
その家には被害者の息子・ライアンが住んでいた。
母・サラの危惧をよそに、高校生のエリッサは、ライアンに惹かれていく…

ライアンの情報を小出しに与えて、中盤くらいまで引っ張ります。
エリッサは「可哀相な子を好きになる」「博愛精神」の持ち主なため、
不幸な生い立ちを持つ物静かなライアンに惹かれてしまうのです。

彼の絶妙なルックスがいい感じ。
童顔で大人しそうな女顔のライアンを好きになる女性はいるかもしれない。
でも、こういうヤツって、なぜか、マッチョ系男子には嫌われるんですよね。
しかし、黙って苛められているライアンではないんですね…ヒャッハー!

グロもないし、ハラハラドキドキもまったりめなので、怖がりさんでも視聴可能。
突っ込みどころのある作品ですが、自分は楽しめました。
エリッサを演じたジェニファー・ローレンスの歌も聞けます。
本作が制作された2012年には、オスカー受賞作品にも出ていたみたいですが、
本作でも演技に手抜きはありません。

このレビューは気に入りましたか? はい 3人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

よく考えるとヒドい話ネタバレ

投稿日:2015/02/21 レビュアー:カマンベール

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

前半は不幸な事件のあった隣家のナイーブな好青年
ライアンと引っ越して来たばかりの17歳の少女エリッサの
ラブストーリーに時間を割かれています。

一見、ライアンの妹のキャリー・アンが両親を惨殺した
狂気の事件のようですが、実はキャリー・アンはライアンと
ブランコ遊びをしていた時、落っこちて死亡しているのです。
両親はキャリー・アンを内密に埋葬し、兄のライアンを、
キャリー・アンとして育てるのてす。そして逆らうと暴力をふるっていた。
実際に両親を惨殺したのは、実はライアンでした。
そしてライアンはキャリー・アンの代わりに若い女性を誘拐して、
薬で自由を奪い、地下室に監禁していた。
エリッサは女性の免許証の入った財布とブルーのカラーコンタクトレンズで
おかしいと気づき始めます。
ライアンはキャリー・アンの代わりをエリッサにもさせようと計画してたのです。
そこは、ハンガー・ゲームのジェニファー・ローレンス。
たくましいヒロインならお手の物です。
ジェニファーちゃん、少しも怖そうでなくて、音響も控えめですし、
血も目立たないから、内容の割りに怖くないホラー映画でした。

このレビューは気に入りましたか? はい 4人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

ジェニファーローレンス主演なので

投稿日:2015/01/22 レビュアー:おがじぇい

彼女が好きな方は見ても損はない。題名から勝手にいわゆる「人間が何かに肉体をのっとられ(または入れ替わられ)・・・・・」を想像していたのだけど、まったく違う普通のサスペンス。
そこそこはらはら。ラストはまぁまぁサプライズ。

このレビューは気に入りましたか? はい 0人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

1〜 5件 / 全31件

ボディ・ハント

月額課金で借りる

都度課金で借りる