1. DVDレンタルTOP
  2. すべてのジャンル
  3. 洋画のDVDレンタル
  4. ドラマのDVDレンタル
  5. サイダーハウス・ルール

サイダーハウス・ルール

サイダーハウス・ルールの画像・ジャケット写真

サイダーハウス・ルール / トビー・マグワイア

全体の平均評価点:(5点満点)

109

全体の平均評価点:

予告編を検索

DVD

Blu-ray

映画賞受賞作品

旧作

お届け率:100%

ジャンル :

新規ご登録はこちら

新規登録で
「定額レンタル4」月額1,026円(税込)を

14日間無料お試し!※1
  • ※1 無料お試しは初めてアカウントを作成されるお客様が対象です。原則おひとり様一回限り有効です。
  • ※2 [新作]は無料お試しの対象外です。都度課金で単品レンタルをご利用ください。
  • ※3 本サービスは1か月ごとの自動更新サービスです。
  • ※4 無料お試し期間終了後、通常月額料金で自動更新となります。

「サイダーハウス・ルール」 の解説・あらすじ・ストーリー

解説・ストーリー

「ガープの世界」などで知られる米現代文学の巨匠、ジョン・アーヴィング原作の感動作。孤児院生まれの青年を主人公に、彼がさまざまな経験を通し成長してゆく姿を温かな視点で描く。マイケル・ケイン、トビー・マグワイア共演。20世紀半ばのアメリカ。田舎町の孤児院で、堕胎を専門とする産婦人科医ラーチに育てられたホーマー。成長し、彼の助手として手伝いをしていた彼は、やがて自立して孤児院を去ってゆく。

「サイダーハウス・ルール」 の作品情報

作品情報

製作年:

1999年

製作国:

アメリカ

原題:

THE CIDER HOUSE RULES

受賞記録:

1999年 アカデミー賞 助演男優賞

「サイダーハウス・ルール」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

新規登録で
「定額レンタル4」月額1,026円(税込)を

14日間無料お試し!※1
  • ※1 無料お試しは初めてアカウントを作成されるお客様が対象です。原則おひとり様一回限り有効です。
  • ※2 [新作]は無料お試しの対象外です。都度課金で単品レンタルをご利用ください。
  • ※3 本サービスは1か月ごとの自動更新サービスです。
  • ※4 無料お試し期間終了後、通常月額料金で自動更新となります。

TSUTAYAだから可能な圧倒的作品数!!

TSUTAYAだから可能な圧倒的作品数!!

洋画・邦画

35,500
タイトル以上

国内ドラマも一部含まれております

国内・海外ドラマ

5,400
タイトル以上

アニメ

9,200
タイトル以上

R-18

223,000
タイトル以上

CD

250,000
タイトル以上

※2022年2月 現在のタイトル数

新規登録で
「定額レンタル4」月額1,026円(税込)を

14日間無料お試し!※1
  • ※1 無料お試しは初めてアカウントを作成されるお客様が対象です。原則おひとり様一回限り有効です。
  • ※2 [新作]は無料お試しの対象外です。都度課金で単品レンタルをご利用ください。
  • ※3 本サービスは1か月ごとの自動更新サービスです。
  • ※4 無料お試し期間終了後、通常月額料金で自動更新となります。

関連作品

関連作品

沈黙の要塞

マイ・フレンド・メモリー

ウルフ

勝利への脱出

私の愛情の対象

ユーザーレビュー:109件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

1〜 5件 / 全109件

この「ハウス」の「ルール」とは?

投稿日:2021/12/13 レビュアー:ちゅく

このレビューは気に入りましたか? 3人の会員が気に入ったと投稿しています

帰るべき場所がある

投稿日:2021/05/16 レビュアー:hinakksk

このレビューは気に入りましたか? 4人の会員が気に入ったと投稿しています

良い映画です

投稿日:2016/09/22 レビュアー:mn

このレビューは気に入りましたか? 0人の会員が気に入ったと投稿しています

本当の意味で「大人になる」瞬間 ネタバレ

投稿日:2014/11/17 レビュアー:越前

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

産婦人科医にとって避けることのできない堕胎の是非。
ホーマーがセント・クラウズを飛び出したのは新しい世界を求めて、というのはもちろんですが、
その問題から逃げたいという気持ちもあったのではないかと思います。
いくら拒み続けたとしても、ここにいる以上いつかはそうしなくてはならない時が来る。
無意識のうちにでもそう感じて。

新しい町で生き生きと充実した日々を過ごすホーマー。
その様子は観ているこちらも青春を追体験、もしくは疑似体験しているようで新鮮な気持ちになりました。
でもある時点で、本当にその人に課せられた問題 そして越えなくてはならない壁があるならば、
たとえ逃れようと環境を変えても 別の形となって再び目の前に現れるのだと痛感させられました。
ローズ・ローズの妊娠です。

セント・クラウズをもう出たのだから向き合わなくても済むはずなのに。うまくかわしたはずなのに……
そんな事はお構いなしに、思いもよらない方から飛んでくる。
それは自分に与えられた避けようのない課題である証拠、
そして逃げずに向き合わない限り、その追いかけっこはきっと一生続くのでしょう。

ミスター・ローズの身勝手極まりない行為、その結果起きた事、
そしてそれに苦しむローズ・ローズの姿を目の当たりにして ホーマーはようやく現実を受け入れる決心をします。
ラーチが口癖のように言っていた「役に立て」という言葉。
それをミスター・ローズに向けた時のホーマーの顔からは 未知の世界に目を輝かせていた青年の面影は消え、
為すべき事をはっきりと自覚した大人の顔つきに変わっていました。
そう、これが本当の意味で「大人になった」瞬間だと私は思います。

そうして戻ってきたラーチのいないセント・クラウズ。
“父親”の死というまた一つ辛い現実を受け入れ、同時に今度はホーマー自身が子供達に“父親”として迎え入れられる。
このラストは必然の流れでしょうね、ホーマーの運命なんだなと思いました。

海、リンゴの収穫、そして恋。
サイダーハウスへの旅で経験した事はサイドストーリーであり、本当の旅はホーマー自身の中で起こる変化を指しているのでしょう。
そしてホーマーのように旅立てる時は誰にでも必ずある。問題から目を背けず、真正面から向き合えば。
澄んだ景色、美しい音楽、愛らしい子供達。
その中心に厳しい現実を据えて描きながらも 最後はそんな優しいメッセージが伝わってきました。

My Best2の映画です。

このレビューは気に入りましたか? 0人の会員が気に入ったと投稿しています

正統派の物語 ネタバレ

投稿日:2013/12/05 レビュアー:ratagon2

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

とても後味のいい映画だった。
物語の軸は孤児院で育った主人公ホーマーの自立物語といったところ。
物語前半は、育ての親であるラーチ医師の愛情、孤児院の温かさと寂しさが中心に描かれ、中盤ホーマーが外の世界に飛び出してから物語が動く。シャーリーズ・セロン演じるキャンディとの恋愛、農奴として黒人に紛れて働きながらの生活。そしてローズ・ローズの堕胎。
最後、ホーマーは自分で自分の道を決めて孤児院に戻り、ラーチ医師の後を継ぐ。

全編を通じて映像がとてもキレイで、悪人らしい悪人が出てこない。
自分の娘を妊娠させたミスター・ローズも基本的には善人として描かれており、最後は自分で自分を裁く。

物語のテーマのメタファーとなっているのは、農奴が寝泊まりする小屋に貼られたルールの紙だと思う。
誰かに押しつけられたルール。最後にホーマーは自らそれを焼き捨てる。
そして、自分の決断に従って、キャンディと別れて、孤児院に戻るのである。

とてもいい映画だと思ったが、こうした善人だけの世界はある種の幻想・理想論であって、映画から離れて現実に戻った時にこの手の映画がどのような力を持ちうるのかというのは、興味深いと感じた。
原作・脚本のジョン・アーヴィング(他の代表作に『ガープの世界』等)は、Wikiによれば現代における「物語」の復権を志しているようであり、それは見る人にある感情(特に愛情や優しさといった正の感情)を生起させるという意味で、成功していると思った。

良くも悪くも非常に正統派の物語であり、他のアーヴィング作品(『ガープの世界』は以前見た)も見てみたいと感じた。

ちなみにシャーリーズ・セロンがとてもキレイ。
主人公を演じるトビー・マグワイアが超絶イケメンではなく若干間抜けな顔なのもリアルでよかった。

このレビューは気に入りましたか? 0人の会員が気に入ったと投稿しています

1〜 5件 / 全109件

ユーザーレビュー

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

ユーザーレビュー:109件

この「ハウス」の「ルール」とは?

投稿日

2021/12/13

レビュアー

ちゅく

帰るべき場所がある

投稿日

2021/05/16

レビュアー

hinakksk

良い映画です

投稿日

2016/09/22

レビュアー

mn

本当の意味で「大人になる」瞬間

投稿日

2014/11/17

レビュアー

越前

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

産婦人科医にとって避けることのできない堕胎の是非。
ホーマーがセント・クラウズを飛び出したのは新しい世界を求めて、というのはもちろんですが、
その問題から逃げたいという気持ちもあったのではないかと思います。
いくら拒み続けたとしても、ここにいる以上いつかはそうしなくてはならない時が来る。
無意識のうちにでもそう感じて。

新しい町で生き生きと充実した日々を過ごすホーマー。
その様子は観ているこちらも青春を追体験、もしくは疑似体験しているようで新鮮な気持ちになりました。
でもある時点で、本当にその人に課せられた問題 そして越えなくてはならない壁があるならば、
たとえ逃れようと環境を変えても 別の形となって再び目の前に現れるのだと痛感させられました。
ローズ・ローズの妊娠です。

セント・クラウズをもう出たのだから向き合わなくても済むはずなのに。うまくかわしたはずなのに……
そんな事はお構いなしに、思いもよらない方から飛んでくる。
それは自分に与えられた避けようのない課題である証拠、
そして逃げずに向き合わない限り、その追いかけっこはきっと一生続くのでしょう。

ミスター・ローズの身勝手極まりない行為、その結果起きた事、
そしてそれに苦しむローズ・ローズの姿を目の当たりにして ホーマーはようやく現実を受け入れる決心をします。
ラーチが口癖のように言っていた「役に立て」という言葉。
それをミスター・ローズに向けた時のホーマーの顔からは 未知の世界に目を輝かせていた青年の面影は消え、
為すべき事をはっきりと自覚した大人の顔つきに変わっていました。
そう、これが本当の意味で「大人になった」瞬間だと私は思います。

そうして戻ってきたラーチのいないセント・クラウズ。
“父親”の死というまた一つ辛い現実を受け入れ、同時に今度はホーマー自身が子供達に“父親”として迎え入れられる。
このラストは必然の流れでしょうね、ホーマーの運命なんだなと思いました。

海、リンゴの収穫、そして恋。
サイダーハウスへの旅で経験した事はサイドストーリーであり、本当の旅はホーマー自身の中で起こる変化を指しているのでしょう。
そしてホーマーのように旅立てる時は誰にでも必ずある。問題から目を背けず、真正面から向き合えば。
澄んだ景色、美しい音楽、愛らしい子供達。
その中心に厳しい現実を据えて描きながらも 最後はそんな優しいメッセージが伝わってきました。

My Best2の映画です。

正統派の物語

投稿日

2013/12/05

レビュアー

ratagon2

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

とても後味のいい映画だった。
物語の軸は孤児院で育った主人公ホーマーの自立物語といったところ。
物語前半は、育ての親であるラーチ医師の愛情、孤児院の温かさと寂しさが中心に描かれ、中盤ホーマーが外の世界に飛び出してから物語が動く。シャーリーズ・セロン演じるキャンディとの恋愛、農奴として黒人に紛れて働きながらの生活。そしてローズ・ローズの堕胎。
最後、ホーマーは自分で自分の道を決めて孤児院に戻り、ラーチ医師の後を継ぐ。

全編を通じて映像がとてもキレイで、悪人らしい悪人が出てこない。
自分の娘を妊娠させたミスター・ローズも基本的には善人として描かれており、最後は自分で自分を裁く。

物語のテーマのメタファーとなっているのは、農奴が寝泊まりする小屋に貼られたルールの紙だと思う。
誰かに押しつけられたルール。最後にホーマーは自らそれを焼き捨てる。
そして、自分の決断に従って、キャンディと別れて、孤児院に戻るのである。

とてもいい映画だと思ったが、こうした善人だけの世界はある種の幻想・理想論であって、映画から離れて現実に戻った時にこの手の映画がどのような力を持ちうるのかというのは、興味深いと感じた。
原作・脚本のジョン・アーヴィング(他の代表作に『ガープの世界』等)は、Wikiによれば現代における「物語」の復権を志しているようであり、それは見る人にある感情(特に愛情や優しさといった正の感情)を生起させるという意味で、成功していると思った。

良くも悪くも非常に正統派の物語であり、他のアーヴィング作品(『ガープの世界』は以前見た)も見てみたいと感じた。

ちなみにシャーリーズ・セロンがとてもキレイ。
主人公を演じるトビー・マグワイアが超絶イケメンではなく若干間抜けな顔なのもリアルでよかった。

1〜 5件 / 全109件

新規登録で
「定額レンタル4」月額1,026円(税込)を

14日間無料お試し!※1
  • ※1 無料お試しは初めてアカウントを作成されるお客様が対象です。原則おひとり様一回限り有効です。
  • ※2 [新作]は無料お試しの対象外です。都度課金で単品レンタルをご利用ください。
  • ※3 本サービスは1か月ごとの自動更新サービスです。
  • ※4 無料お試し期間終了後、通常月額料金で自動更新となります。

ご利用の流れ

ご利用の流れ

@ 会員登録

申し込みフォームへ記入

申し込みフォームへ記入したら登録完了!

A 作品をレンタル

作品をレンタル

借りたい作品をリストアップするだけ!
発送可能な商品を自宅にお届けします。

B ポストに返却

ポストに返却

商品をポストに投函すればOK!

よくあるご質問

よくあるご質問

もちろん無料お試し期間中に退会することも可能です。 また、その場合は料金は一切かかりません。

無料お試し中も、都度レンタルは、有料でご利用いただくことができます。
また、無料お試し中に解約され、何らかの理由でレンタル商品を期日までにご返却いただけなかった場合に、追加料金が発生する場合がございます。

定額プランは1つの封筒に2枚入り、お届けいたします。
届いた往復封筒でポストへご投函いただき、当社配送センターにてご返却を確認できましたら次の封筒を発送致します。繰り返しでご登録のプラン枚数までご利用いただけます。

各プランはこちら

各プランはこちら

  • 宅配レンタル 定額8プラン
    月額2,052円税込
    • 「新作・準新作」が定額で月8枚レンタルできる!※1借り放題付き※2
    新規登録する
  • 宅配レンタル 定額4プラン
    月額1,026円税込
    • DVD/CDが定額で月4枚レンタルできる!※1
    新規登録する
  • 都度課金 プラン
    無料会員 月額0円税込 ※都度レンタル時の費用は発生します
    • 月額無料で単品レンタルを楽しみたい方におすすめ!
    新規登録する

※1 無料お試し期間中の「新作」レンタルは対象外です。

※2 借り放題はDVD「旧作」、CD「新作・準新作・旧作」が対象です。

サイダーハウス・ルール