チャーリー・ウィルソンズ・ウォー

チャーリー・ウィルソンズ・ウォーの画像・ジャケット写真
チャーリー・ウィルソンズ・ウォー / トム・ハンクス
全体の平均評価点:
(5点満点)

92

  • DVD
  • Blu-ray
ジャンル:

「チャーリー・ウィルソンズ・ウォー」 の解説・あらすじ・ストーリー

テキサス選出の実在の下院議員チャーリー・ウィルソンをモデルに描く政治コメディ。プレイボーイとして鳴らしたチャーリーが、アフガニスタンに侵攻したソ連をたった一人で退却へと導いた驚愕の極秘作戦をコミカルなタッチで綴る。主演はトム・ハンクス、共演にジュリア・ロバーツ、フィリップ・シーモア・ホフマン。監督は「卒業」「クローサー」のマイク・ニコルズ。テキサス選出の下院議員チャーリー・ウィルソンは、美女とお酒をこよなく愛するお気楽議員。ある日彼は、テキサスの大富豪ジョアンから、ソ連の侵攻に苦しむアフガニスタンの人々を救ってほしいと頼まれる。根は優しいチャーリーは、アフガンの実情に心を痛め一肌脱ぐことにするが…。

「チャーリー・ウィルソンズ・ウォー」 の作品情報

製作年: 2007年
製作国: アメリカ
原題: CHARLIE WILSON’S WAR

「チャーリー・ウィルソンズ・ウォー」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

チャーリー・ウィルソンズ・ウォーの詳細

  • 旧作
収録時間: 字幕: 音声:
102分 日本語 英語 北京語 広東語 韓国語 タイ インドネシア 1:ドルビーデジタル/5.1chサラウンド/英語
2:ドルビーデジタル/5.1chサラウンド/日本語
3:ドルビーデジタル/5.1chサラウンド/タイ
レイティング: 記番: レンタル開始日:
GURD46118 2008年10月24日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
32枚 1人 1人

【Blu-ray】チャーリー・ウィルソンズ・ウォー(ブルーレイ)の詳細

  • 旧作
収録時間: 字幕: 音声:
102分
レイティング: 記番: レンタル開始日:
GNXR1147 2011年07月28日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
14枚 1人 0人

関連作品

ユーザーレビュー:92件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

1〜 5件 / 全92件

真面目かジョークか?皮肉はたっぷりネタバレ

投稿日:2015/07/22 レビュアー:Bikke兄

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

トム・ハンクス、ジュリア・ロバーツ、フィリップ・シーモア・ホフマンという大物を並べ、旧ソ連のアフガン侵攻へのアメリカの裏工作を描いた作品。

旧ソ連軍の非人道的な破壊行為をこれでもかと非難。
少々古臭いソ連ヘリの殺人シーンは、残酷ではあるが、いかにも作り物で滑稽にも見えてきて…

トム・ハンクス演じる、裏の黒幕チャーリーは、巨額の資金を操るやり手のハズだけど、プレーボーイで単純で短絡的。こんなで大丈夫か?というアメリカのイメージそのもの。
好みの(有能な)セクシー秘書達をはべらせて、パキスタン、イスラエル、エジプト、サウジ等々、考えも宗教も違う諸国と、アメリカの大金を動かし、"悪の"ソ連によるアフガン侵攻を止める様は圧巻ですが、個人的に何もスッキリせず。
チャーリーのセクシーな秘書達は、あの『チャーリーズ・エンジェルス』のモデルだとか。

そもそも、冷戦もとっくに終わった2007年に、どうして"悪の"共産主義を打ち負かす、"強き"アメリカが描かれるのか?
それもスッキリしない形で。

フィリップ・シーモア・ホフマン演じる、CIAガストの禅の師匠と少年の話「いずれ分かる」が興味深い。
幸が不幸にもなり、不幸が幸にもなり、因果応報か歴史は繰り返される。
その忠告を受けたチャーリーのアフガンでの学校設立提案は、小額にも関わらず却下。
共産主義を打ち砕くべく、旧ソ連ヘリを打ち落とす資金はザルの如く使うにも関わらずだ(実際にはアメリカが潤うのだが)。
「最後にしくじってしまった」
このセリフが深い。それは学校設立が出来なかった事を言っているのか?
ムジャーヒディーンへの武器提供による強大化が、各派の対立を招き、その一派タリバンが強大化。9.11に繋がった事は言うまでもなく…

実は奥深い作品なのだとは思うのですが、描き方が何とも中途半端で…
そんなハッキリとは描けないか。

エイミー・アダムス可愛いわ♪

このレビューは気に入りましたか? はい 2人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

重たい題材で軽いタッチが逆に良い

投稿日:2014/06/12 レビュアー:ムービードリンク

同時多発テロが何故起きたか、間接的に解る良い映画だった。しかも明るく楽しく、笑えるシーンもあり、最後はキチッと締める。ソ連がアフガニスタンを侵略する中、アメリカのちょい悪議員が周囲を巻き込み、膨大な予算10億を作り、現地に武器を送り、ソ連を撤退させる話。

良かった点。
重たい話しだが、コメディータッチで見やすい、特に、美人秘書の下りや、CIA役のホフマンがいい味出している。亡くなってしまったのが本当に残念。

見所として
冒頭の表情に注目

このレビューは気に入りましたか? はい 0人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

なかなか面白かった

投稿日:2012/06/05 レビュアー:カニ

なかなか面白かった級の作品であることだなぁと思ったら、
エンドロールで Sreen Play アーロン・ソーキンとでた。
TVシリーズ「ホワイトハウス」のクリエーターである。
このおっちゃんの話はおもろい。話は硬派だが、冗談、ギャグがちりちりばめられている。
今回は、かれの脚本に、フィリップ・シーモア・ホフマンがからんでるのがおもろい。
毒吐きまくりで、ちょっといままでにない冷や冷や感。

このレビューは気に入りましたか? はい 1人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

一肌脱いだぜ!なのだが・・・・。終わってみれば痛烈な自虐ネタ!!

投稿日:2012/05/13 レビュアー:みむさん

ソ連のアフガン侵攻を食い止めようと一肌脱いだ一議員の話。


そんなあらすじだけ知っていた状態で鑑賞したので
平和に貢献した議員の、事実に基づく話かなっていう予想でした。


テキサスの議員チャーリーは
女好き、酒好き、さらに薬までやってしまうという
とんでもない議員なんですが、
なぜか、バッシングされたりしない。

とんでもないけれど、ある意味まっすぐというか、純粋というか
そんなキャラクターなので、好かれているのかもしれない。

そのチャーリーがあるひ、ジュアンという富豪から
アフガンの状況を聞き、心を痛め、アフガンのために一肌脱ごうと立ち上がる!

いっぱしの議員がどこまでできるんだろう?と
疑問だったんですが、
CIAを味方につけ、予算を通し、武器を調達、
アフガンから本気でソ連を追い出そうとするのです。

しかも、自らの手を汚すわけではなく、
武器をアフガンに与え、使い方を訓練し、
彼ら自身でアフガンを守るようにもって行くのです。

そしてその功績が評されてチャーリーは表彰されるのですが・・・・・。

イントロには政治コメディとありますが、
それほどのコメディ感はないです。
半コメディという印象。
ストーリーはいたって真面目。
社会派映画だと思う。


ソ連のアフガン侵攻を食い止めたのはよかった。
だから表彰され、意義のあるものだった。

しかし!!!!!!!

「しくじっちゃったな」なんて言ってますが、
痛烈なブラック、自虐ですね(汗

武器を彼らに供給し、訓練したことが
内紛を生み、その果てにアルカイーダが台頭
その先に会ったのは911・・・・。

このネタ、よく半コメディなテイストにして、
「しくじっちゃったな」とか言って作ったなあ・・・・・
しかもアメリカで!
と感心しちゃいましたよ。

ホント、アメリカの自虐ネタとしか思えない(汗

チャーリーさんほんとアクション早いね!って観てて感心したんだけど、
この良かれと思った行動が、
平和のためにと思ってとった行動が
後に惨劇を生むとは、本人みじんにも思わなかったでしょうね。

きっと、彼本人は一生背負って生きるんじゃないか?
それとも、ホントにお気楽で、
その後の出来事はオレのやったこととは無関係、と思ってるだろうか。
いや、そんなことはないと信じたい。
きっとずっと心が痛むだろうな。

そんな心情を想像して観てたので
あのラストとセリフが皮肉たっぷりすぎでとにかく痛烈!って感じでした。

こういう映画をメジャーな出演者、スタッフで製作し、
公開するアメリカにある意味寛大さを感じる作品でもありました。

政治家の皆さんはこれを見たらどんな感想を持つんだろう?

このレビューは気に入りましたか? はい 5人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

右向きながら左も見ろ

投稿日:2011/08/29 レビュアー:ビンス

.アフガン戦争。
パっと頭に浮かぶ情報は「ランボー3 怒りのアフガン」のみ。
まったくもって知らなすぎ。
さらに現ロシア辺りや。
中東の国々の位置関係。
国々の名前がごっちゃになって理解不能。
毎度の事ながらこのへんのことが頭に入りません。
観終わって大筋は把握できましたが、理解した・・・とは言い難いですね。
それでも「シリアナ」や「大いなる陰謀」よりは楽しかったです。

・トム・ハンクス演じるウィルソン議員のキャラクター

・シニカルなキレ者CIA職員のH・シーモア・ホフマン

・ウィルソンの取り巻き美人秘書たち

これらの要素が小難しい題材を最後まで飽きさせずみせてくれました。
特に補佐のエイミー・アダムスがカワイイです。
ウィルソン議員が「アイ・ミス・ユー」な、ジュリア・ロバーツ演じる富豪よりはよっぽどキュートです。
でも今回のジュリア・ロバーツは良かったです。
時間も短くて助かります。
こういう風にしてくれると苦手なものも比較的すんなり観ることができます。

国と国が関わる事で、純粋に他国のためにって行為はありえないんでしょうね。
どんなに素晴らしい行いもその過程では色々悪い事もしなければいけなかったり、善意には必ず裏があったり、光と影の関係のように世の出来事はそうやってバランスを保っているのかもしれません。

気付いた人。
先に気付いた人は気付いていない人を気付かせるためにどれほど痛みを被るのでしょう。
それでもやらなければ何も動かない。
例えそこに計算や私利私欲があったとしても、動かないよりはましか・・
最後のほうの会議の雰囲気が、今の世の中の人々の気持ちや生き方、他者との関わり方を示しているようでなりません。
理解してもらうって難しい。
世の中を、人々を動かすって難しい。
平和って難しい。
シンプルだから難しい。
右向きながら左も見ろって言ってるようなもんだ。

このレビューは気に入りましたか? はい 1人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

1〜 5件 / 全92件

チャーリー・ウィルソンズ・ウォー

月額課金で借りる

都度課金で借りる