ハート・ロッカー

ハート・ロッカーの画像・ジャケット写真
ハート・ロッカー / ジェレミー・レナー
全体の平均評価点:
(5点満点)

237

  • DVD
  • 映画賞受賞作品
ジャンル:

「ハート・ロッカー」 の解説・あらすじ・ストーリー

「ハートブルー」「K−19」のキャスリン・ビグロー監督が、テロの脅威が続く混沌のイラクを舞台に、死と隣り合わせの日常を生きるアメリカ軍爆発物処理班の男たちの姿を力強く描き出した緊迫の戦争アクション。主演は「28週後...」のジェレミー・レナー。2004年夏、イラクのバグダッド郊外。アメリカ陸軍ブラボー中隊の爆発物処理班は、班長の殉職を受けてジェームズ二等軍曹を新リーダーとして迎え入れることに。そして、サンボーン軍曹とエルドリッジ技術兵を補佐役とする3人ひと組の爆弾処理チームは、任務明けまで常に死の危険が孕む38日間を共にしていく。そんな彼らには、狂気と緊張に満ちあふれた数々の試練や悲しみが待ち受けていた…。

「ハート・ロッカー」 の作品情報

製作年: 2008年
製作国: アメリカ
原題: THE HURT LOCKER
受賞記録: 2009年 アカデミー賞 作品賞
2009年 NY批評家協会賞 作品賞
2009年 LA批評家協会賞 作品賞

「ハート・ロッカー」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

ハート・ロッカーの詳細

  • 旧作
収録時間: 字幕: 音声:
131分 日 吹 1:ドルビーデジタル/5.1chサラウンド/英語
2:ドルビーデジタル/5.1chサラウンド/日本語
レイティング: 記番: レンタル開始日:
PG-12 PCBE73669 2010年09月02日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
249枚 16人 7人

関連作品

ユーザーレビュー:237件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

1〜 5件 / 全237件

緊迫感は伝わってくる

投稿日:2018/10/26 レビュアー:

まあまあかな

ドキュメンタリータッチだったような気がする
戦争モノにありがちな生死のすれすれを生きていることを描く

悪くはないがわざわざ見ることはオススメしない

このレビューは気に入りましたか? はい 0人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

その日映画館で、訳も分からず、途方に暮れた記憶がある

投稿日:2018/10/11 レビュアー:カマンベール

2008年(アメリカ)キャスリン・ビグロー監督作品。

当時からミーハーだった私たちは、アカデミー賞作品賞他、6部門も受賞した・・・その評判を間に受け、かなり不便は立地の場末の映画館まで、出かけたのでした。
(シネコンに掛からないことの意味に気付かなかった初心者でした)

混んでいて、一番後ろの席でした。
顔を知った俳優がいない。
慣れない戦争映画に、場所はイラク戦争中のバクダッド。
なんだか居心地悪く、映画の中に入って行けない。
いつまで待っても面白くもなんともない。

そもそも、映画初心者の観る映画ではなかった。
疲れ切って、「お疲れ様だったね・・」と呟いて、
「選択を間違ったねえ」とも言ったっけ・・・。

10年ぶりに家のテレビで観た。
緊張感が半端なく、面白かった。
題名の『ハートロッカー』はアメリカ軍のスラッグで「苦痛の極限地帯」・・・つまり「棺桶」を意味する。
(Heartで歌うロック歌手かと勘違いしていた)

有名スターはすぐに使い捨てされる。
冒頭で事故死するガイ・ピアース。
中盤で出てきてすぐ又、殺されるレイフ・ファインズ。
デヴィッド・モースには気付かなかった。

主役の命知らずのウィリアム軍曹(ジェレミー・レナー)
はじめはドラッグ中毒みたいに、「危険麻痺症状とか、危険不感症患者・・・」なのかと思った。
しかし違っていた。

DVD売りの少年、サッカー好きの通称ベッカムへの思い、
そして終盤で身体に自爆テロ用の爆弾を巻かれたイラク人に、
「許してくれ!!すまない」と謝る様子を見ると、真に彼は本気で、
人助けをする勇敢な兵士だと知れる。

ウィリアム軍曹はあまりに命知らずのなので、戦友も危険に巻き込まれる。

戦争の一面を描いて、誇張も歪曲も誘導もあるだろう。
しかし、キャスリン・ビグローが女性監督である事。
そしてたった16億円の予算でこの映画が撮られた事。
爆弾処理班・・・そんな危険な任務につく兵士がいる事。
それらを知れたのは、意義ある事と、感じました。
(映画館より自宅のテレビの方が向いてる映画なのかも知れない)

このレビューは気に入りましたか? はい 5人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

危険依存症

投稿日:2018/09/23 レビュアー:alterd

戦場の危険に憑りつかれた男の話だった。
3人の爆発物処理班だが後方支援を待たず自分でガンガン行動する。
行動を共にすると危険に巻き込まれるので仲間がこっそり殺そうとするくらいだった。
だが、イラクの少年とサッカーをする心優しい所もあった。
ただ危険が好きなのだ。
それを知ってかアメリカに残した妻には離婚を言い渡していた。
赤ん坊の息子も居た。
映画中盤、荒野で850m離れた建物に居た敵の狙撃兵を数人倒した作戦を機に中隊は徐々に打ち解ける。
しかし、またもや無謀な作戦に為、技術兵が全治6ヵ月の傷を負いアメリカ本土送りになる。
帰り際、「あんたの無謀な作戦のせいでこうなった」となじる。
残った相棒の黒人兵は「よくあんな危険ことが出来るな」不思議がる。
任期終了でアメリカの妻子の元へ帰った男はスーパーの買い物と息子の子守りに飽き足らず、またもや、1年間の任務に戻った。
世の中には様々な依存症があるが、危険依存症もあるようだ。
そんな命知らずの兵士を演じたジェレミー・レナーがハマッていた。

このレビューは気に入りましたか? はい 1人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

危険な職業!ネタバレ

投稿日:2017/08/24 レビュアー:ムービードリンク

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

2004イラクバグダッド郊外。

爆弾処理でイラクに数日常駐するチーム。

即席爆弾の解体処理を進めていたのだか解体中誤爆し、仲間が死亡する。新たな命知らずの軍曹が送られてくる。

危険な任務をこなす主人公。
楽しんでいるのか病気なのか恐れを知らないこの男たちに不安を隠せない上司。


◯ある意味麻薬の様な快感を得てしまう病気。
★彡この映画を見た頃は怖いもの知らずで凄い若者だなとか、勇気ある戦士などとヒーロー的な見方が強かったのです。
★彡その後に知った、PTSD(心的外傷後ストレス障害)という病気!人格まで変わる人も少なくない。怖い病ですね。

◯この仕事は嫌だ!
★彡この仕事をしている人に敬意をはらうも、自分の様な鳩心臓には無理ですね。




◯ネタバレ保管記憶用

爆弾を巻かれた市民を発見し自爆テロかもしれない緊張戦い解体処理をします。
残り時間が無くなり、市民は亡くなる。

任務を終えた主人公は赤ん坊と妻のいる家に帰国しました。
そしてまた戦地に戻り1年の任務をかって出る!

このレビューは気に入りましたか? はい 0人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

ドキュメンタリーではないのに究極的にドキュメンタリー

投稿日:2017/07/11 レビュアー:homu

未だ爆弾テロが日常的に起こるイラク・バグダッドで、たった三人で命がけの活動を続ける米軍爆弾処理班がいた。
だがある日、一発の爆弾の解除の途中、班長は罠にかかり死亡。
代わりに配属されたジェームズ軍曹は必要以上に危険を侵し、サポート役の仲間と衝突を繰り返す。


当初は無名で制作費も安めだったが、公開後に評価が急上昇、最終的にアカデミー賞六部門を総ナメにした…らしい。
監督は「アバター」の監督のジェームズ・キャメロンの元奥さん。
アバターは三部門受賞という結果を考えるとなんだか皮肉。
ちなみに女性が監督賞を受賞したのは初めてらしい。

観てみると何と言うか非常にひねくれた…というか、斜に構えた映画という印象。
フツーこういう時事ネタの強い映画は、大なり小なり何か主張を込められている。
誰が正義で誰が悪だとか、逆にそんな観念は存在しないとか、あるいはそういった主題の中で苦しむヒロイックな主人公とか…

しかしこの映画にはそんな主張が存在しない。まぁ自分は感じられなかった。
非常にクールに、苛烈な人々の日常を一つのドキュメンタリー的な物語として、一種投げ出すような冷めた視点で作られている。

内容に関しては、爆弾処理のシーンは意外にも多くない(それでも結構あるが)
あくまで爆弾処理という、見えない相手との命がけのやり取りを続ける人々の、戦場での凄絶な生き方と苦しみを描いており派手さは控えめ。
それでも緊張感の演出のメリハリが上手く、また低予算故か手持ちの小型カメラの撮影が多いが、
それが逆に臨場感の演出に一役買っていて映像的にも意外と飽きない。

最初冒頭のキャプションを見た時に、なんで爆弾処理の映画でコレが出るんだろうと思ったが、最後まで見て納得。
気晴らしにサクッと見るような映画ではないが、作品としては十二分に面白く何より心に「残る」映画と言える。
映画の主題も結構人によって取り方違うかも。

尚、タイトルは英語の隠語で「苦痛の極限地帯」「棺桶」を意味するそうな。

このレビューは気に入りましたか? はい 1人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

1〜 5件 / 全237件

ハート・ロッカー

月額課金で借りる

都度課金で借りる