(500)日のサマー

(500)日のサマーの画像・ジャケット写真
(500)日のサマー / ズーイー・デシャネル
全体の平均評価点:
(5点満点)

128

  • DVD
  • Blu-ray
  • TSUTAYA TV
  • 動画ポイント利用可
ジャンル:

「(500)日のサマー」 の解説・あらすじ・ストーリー

運命の恋を信じるナイーヴな青年が、対照的な恋愛観の女性と辿る甘くてホロ苦い500日の愛の軌跡を、青年の心情に寄り添ってリアルに綴る異色のロマンティック・コメディ。主演はジョセフ・ゴードン=レヴィットとゾーイ・デシャネル。監督は新鋭マーク・ウェブ。グリーティングカードの会社に勤めるライター、トム。彼はある日、アシスタントとして入社してきたサマーに一目惚れしてしまう。やがて、ぎこちないながらもサマーとの距離を縮め、ついに晴れて交際へと漕ぎ着ける。このバラ色の時間がいつまでも続くと信じて疑わないトムだったが…。

「(500)日のサマー」 の作品情報

製作年: 2009年
製作国: アメリカ
原題: (500) DAYS OF SUMMER

「(500)日のサマー」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

(500)日のサマーの詳細

  • 旧作
収録時間: 字幕: 音声:
96分 日 英 1:ドルビーデジタル/5.1chサラウンド/英語
2:ドルビーデジタル/5.1chサラウンド/日本語
レイティング: 記番: レンタル開始日:
PG-12 FXBR38650 2010年07月02日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
164枚 6人 10人

【Blu-ray】(500)日のサマー(ブルーレイ)の詳細

  • 旧作
収録時間: 字幕: 音声:
96分 日本語・英語 1:DTS-HD Master Audio/5.1chサラウンド/英語/(ロスレス)
2:DTS/5.1chサラウンド/日本語
レイティング: 記番: レンタル開始日:
PG-12 FXXR38650 2010年07月02日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
59枚 1人 3人

関連作品

ユーザーレビュー:128件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

1〜 5件 / 全128件

それ、スミス?わたしもだいすきっ!

投稿日:2018/11/07 レビュアー:

わー。
これ、大好きな映画でレビューもちゃんと書いた気がするんだけど書いてなかった。
ショック!

ってことで記憶を辿りつつ。

もう何が最高かって、エレベーターに音楽聞きながら乗ってるトム(ジョセフ・ゴードン=レヴィット)。乗り合わせた女の子、サマー(ズーイー・デシャネル)が声をかけてくる。
それ、スミス?
わたしもスミスだいすきっ!!

このワンシーンだけでわたしの心は鷲掴みされ状態。
ロック・オンだ。

だいすきなスミスが映画で唐突に流れてくるだけで昇天もの。
さえない感じの男の子トム君のでかいヘッドフォンからシャカシャカと
スミスが流れてくる。

この映画、とにかく音楽がとびきり素晴らしい。なんてったってスミスは特別扱いで、
主人公の初めての出会いという重要な場面にスミスを選んでくれてるだけでなく、
他の場面でも別のスミスを流してくれてる。

で、やっぱわたしを含めスミスを聞いてる奴なんて、ろくな奴いない訳で
今で言う非リア充というか、もうとにかくいけてない人生を歩まされてる。
実生活が全然いけてないから音楽に逃避する。
それがトム。

でも、このエレベーターでのサマーとの出会いでトムのくすんでた生活は、
ぶわあああああああっ
とバラ色トキメキ生活に突入。

トムと真反対、サマーは天真爛漫、太陽みたいに自分から光を放つきらきら女の子。
恋、というものにも特に思い入れもなく、
すきだから、楽しいから一緒に遊ぼうよ、くらいな軽いノリでトムに接近してくる。

恋への馬鹿みたいな盲目的なのめり込み方。
自分の頭の中だけですきな子の言動を再現し、ぐるぐる妄想。
恋って、
恋ってさいこーーーーー!!

って感じがもう、10代のわたしそのまんまで、トムに感情移入しまくり。
スミス聞いてるって時点で同類なんだろうけど、
ひきずり方なんかも含め完全にわたしはトム型人間だった。

あの時の、青臭い、でも必死だった自分が蘇る。

ぐだぐだで、どうしようもなく頭でっかちで、相手になんで?と答えを求め、
粉砕されてばかりだった10代、20代を過ごしたわたし。
でも、年を重ねると自分しか見てなかったのが、ぐるりを見る余裕もでき、
自分を肯定できるようになった。
そして、素晴らしい伴侶にも巡り会えた。

トムは今、どんな男性になってどんな暮らしをしているのだろう。
きっと、しあわせだよね。

マーク・ウェブ監督のデビュー作。
音楽が完璧って思ってたのだけど、元々ミュージックビデオ畑の人ってことで納得。

なんか、「第7の封印」のパロディ場面があるって知ったのだけど、
わたしが「第7の封印」を初めて見たのが去年で、本作を見た時には未見だった。
どこに、どういう風に使われてたのか、すごく気になる。

このレビューは気に入りましたか? はい 2人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

せつない

投稿日:2018/08/01 レビュアー:モモイチゴ

夏のつぎは秋か

このレビューは気に入りましたか? はい 0人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

何で学生じゃないんだろう?

投稿日:2018/03/14 レビュアー:れーや

ひたすらサマーがムカつく。そしてトムにイラつく。
まぁ学生の恋愛だったらアリかなとも思う。
時系列がバラシてあったのは面白かったし、役者も映像も、画面を観てる分には楽しいw

このレビューは気に入りましたか? はい 0人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

ままならない

投稿日:2017/03/05 レビュアー:っとり

自分が相手のことを想うように、相手も自分のことを想ってほしいのにそうはいかない。しかも、好きではあるけれど恋人ではないと宣言されるなんて、ままならない。
時間の経過を数字で客観的に見せられると、前と後のふたりの醸しだす雰囲気や表情の違いが手に取るようにわかるけれど、その関係性は最初からわかっていたこと。でも、当初のこんなにいい雰囲気があるなら、サマーの気持ちは恋人へ変わるんじゃないかって期待してしまうよね。でも彼女は一貫していた。
最後のトムがサマーに言ったことばをそのままサマーから言われるシーンは、ふたりの交わらなかった感情がストレートに伝わってままならなさ全開。

このレビューは気に入りましたか? はい 0人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

何かのレビューで高評価だったので

投稿日:2016/07/31 レビュアー:ひろ

観てみました。
サマーという女性との500日のエピソードを前後脈絡なく見せつつ
トムという男性からの目線で描くことでああ、恋は盲目で一方的な
もんだなあと感じさせてくれる。相手がどう思うかが全てなのに自
分がどう思うかが全てになってすれ違っていく。
でもトムの気持ち、男性なのでよくわかります。
二人の気持ちが長く揃って続いていくってことは偶然の所産、ある
いは奇蹟、巡り合うべくして巡り合うことなのかもしれません。

恋愛をこのように客観的に描いてみせ、なるほどね、そうだなあと
思わせるユニークでとても面白い作品でした。
そしてラストが素晴らしい。人生そんなに捨てたもんじゃないって。

このレビューは気に入りましたか? はい 1人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

1〜 5件 / 全128件

(500)日のサマー