スティーヴン・セガール 沈黙の鎮魂歌

スティーヴン・セガール 沈黙の鎮魂歌の画像・ジャケット写真
スティーヴン・セガール 沈黙の鎮魂歌 / スティーブン・セガール
全体の平均評価点:
(5点満点)

23

  • DVD
  • TSUTAYA TV
  • 動画ポイント利用可
ジャンル:

「スティーヴン・セガール 沈黙の鎮魂歌」 の解説・あらすじ・ストーリー

スティーヴン・セガール沈黙シリーズ最新作!<BR>愛するものを失った悲しみが、漢(オトコ)の眠っていた本能を目覚めさせた―。 2010年2月、セガールはついに地上最強の復讐鬼と化す!!

「スティーヴン・セガール 沈黙の鎮魂歌」 の作品情報

製作年: 2009年
製作国: アメリカ
原題: DRIVEN TO KILL

「スティーヴン・セガール 沈黙の鎮魂歌」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

スティーヴン・セガール 沈黙の鎮魂歌の詳細

  • 旧作
収録時間: 字幕: 音声:
98分 日本語・吹き替え 1:ドルビーデジタル/5.1chDD/英語
2:ドルビーデジタル/2.0chサラウンドDD/日本語
レイティング: 記番: レンタル開始日:
GNBR1957 2010年02月03日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
9枚 0人 0人

関連作品

ユーザーレビュー:23件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

1〜 5件 / 全23件

絶対に死なないセガール・シリーズ

投稿日:2017/11/04 レビュアー:趣味は洋画

S・セガールの映画レビューで何度か書いてますが、‘絶対に死なない、絶対に殺(や)られない’んですね。それもダントツ強いんで、セガールを苦しめるほどのもっともっと強敵が現れてほしいと常々思っています(笑)。

この「沈黙の鎮魂歌」(2009年、米・カナダ)は、08年「雷神−RAIJIN−」のスタッフが集結しています。監督ジェフ・キング、製作カーク・ショウ、製作総指揮キム・アーノット、フィリップ・B・ゴールドファイン、編集ジェイミー・アラン、このメンバーは全員同じスタッフ。
もっとも「雷神...」でのセガールは敏腕刑事役でしたけどね。

本作のセガールは、元ロシアン・マフィアのボスで、現在はカリフォルニアで暮らす犯罪小説家ルスランという役。たしかに太い指でパソコンをカチャカチャ打つシーンもあるのですが、まったく似合わない。
いつもの巨体、デカイ顔、眉間にシワを寄せて迫りくる表情が、セガールの魅力です。

ルスランの元妻キャサリン(インナ・コロブキナ)から、一人娘のレニー(ローラ・メネル)が結婚するという知らせを聞いたルスランは、喜び勇んでニューヨークへ向かいます。NYはルスランの育ったところ。キャサリンの再婚相手ゴールドステイン(ロバート・ウィスデン)の邸宅で、成長したレニーをみて感激するルスラン。ところが娘の結婚相手ステファン(ドミトリー・チェポヴェツキー)は、ルスランのかつての敵であるマフィアの大ボス、ミカエル(イゴール・ジジキン)の息子だったのです。
そして結婚式直前、ゴールドステインの邸が襲われ、キャサリンは死亡、レニーも瀕死の重傷を負います。....怒りが爆発するルスラン...もう誰も止められません。
スイッチが入ったセガールの圧倒的・協力アクションのはじまりです!!

アクション・シーンの大半に音楽が流れます。
それもアクションのテンポに応じた音楽が。
まさか、‘...鎮魂歌’というわけでもないでしょうけど(笑)。


このレビューは気に入りましたか? はい 2人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

伝票刺しロシアンルーレット

投稿日:2016/09/19 レビュアー:裸足のラヴァース

の冒頭ネタとかあれば 覚えていられるだろうな フランクザッパの
うんこみたいに捻り出てくるレコード並 沈黙シリーズ

明日は娘の結婚式 あれこれ見てた 冒頭ネタ 覚えてないじゃんかw
ある意味 マイケルベイ 13時間よりおもろいとも言えるのね

タイトル チンモクノチンコンカでゴロ良し なのにジャケはなんで
沈黙のXX なのう?

このレビューは気に入りましたか? はい 1人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

日曜日、TVでやってたから ついつい観てしまった

投稿日:2016/05/06 レビュアー:kazupon

スティーヴン・セガールの沈黙シリーズ。
観終わってしばらくすると、どれもこれも同じような印象しか残りません。
それで本作のセガールは、元ロシアン・マフィアのボス、ルスランという設定で、別れた妻キャサリンから一人娘のレイニーの結婚式を知らされます。
キャサリンの再婚相手の家に行ってみると、彼女は何か相談したいことがありそうだし、レイニーの結婚相手のステファンは、かつての宿敵ミカエルの息子でした。
つまり、娘婿の父親はマフィアのボスってことです。
これで何事も起こらない方がおかしい。
そして結婚式直前に家に押し入ってきた男たちによってキャサリンは殺され、レイニーも瀕死の重傷を負ってしまいます。
さあ、ここからがスティーヴン・セガールの活躍の見せ所です。
復讐の鬼と化したルスランは、寄る年波と中年太りのせいで戦いぶりはスマートとは言えないけれど、強いの何のって笑っちゃうくらいです。
もう絶対勝つと分かっているので、安心して観ていられるのですが、あの病院内での戦いはちょっとね・・・
映画だと分かっていても、やっぱり気になる。
せめて病院の外でやろうよ!って思います。

このレビューは気に入りましたか? はい 3人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

ま、いいんじゃない?

投稿日:2015/12/03 レビュアー:ひとこと言いたい

セガール映画を追っかけてきて、ヘコんだところで時々回復するような作品がある。
これも、ま、一時期ヘタれたセガールが『出ているだけ』作とは違ってきちんと普通に見ていられる映画になってる。(ま、あくまでも観るじゃなくて見る、だが)

目とひげが特徴の男性刑事。どっかで見たなぁ。
腑抜けに見える坊やもいい感じでした。

このレビューは気に入りましたか? はい 0人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

表紙

投稿日:2013/06/23 レビュアー:田中安

何だ?!、この表紙は?!。

鉄砲の大きさとスティーブン倅の顔の大きさに開きがあり過ぎんじゃんか?!。

このレビューは気に入りましたか? はい 0人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

1〜 5件 / 全23件

スティーヴン・セガール 沈黙の鎮魂歌

月額課金で借りる

都度課金で借りる