ベートーベン・ウィルス 愛と情熱のシンフォニー

ベートーベン・ウィルス 愛と情熱のシンフォニーの画像・ジャケット写真
ベートーベン・ウィルス 愛と情熱のシンフォニー / キム・ミョンミン
全体の平均評価点:
(5点満点)

47

  • DVD
ジャンル:

「ベートーベン・ウィルス 愛と情熱のシンフォニー」 の解説・あらすじ・ストーリー

落ちこぼれオーケストラの奮闘を、涙と笑い、愛と感動を交えて描いた韓国TVシリーズ第9巻。ソクラン市交響楽団の顧問になったカン・マエ。ところが、現れた後任の指揮者は実力のないど素人で、団員たちは反旗を翻す。第17話と最終第18話を収録。

「ベートーベン・ウィルス 愛と情熱のシンフォニー」 の作品情報

製作年: 2008年
製作国: 韓国
原題: BEETHOVEN VIRUS

「ベートーベン・ウィルス 愛と情熱のシンフォニー」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

ベートーベン・ウィルス 愛と情熱のシンフォニーのシリーズ商品


1〜 9件 / 全9件

ベートーベン・ウィルス 愛と情熱のシンフォニーVol.1

  • 旧作

落ちこぼれオーケストラ楽団の奮闘を、涙と笑い、愛と感動を交えて描いた韓国TVシリーズ第1巻。プロジェクトオーケストラの運営を任されることになった公務員のルミ。ところが、公演プロデューサーの横領が発覚し…。第1話と第2話を収録。

収録時間: 字幕: 音声:
120分 日本語・日本語吹替え用字幕 1:ドルビーデジタル/ステレオ/韓国語
2:ドルビーデジタル/ステレオ/日本語
レイティング: 記番: レンタル開始日:
ASBX4406 2009年08月05日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
23枚 0人 0人

ベートーベン・ウィルス 愛と情熱のシンフォニーVol.2

  • 旧作

落ちこぼれオーケストラ楽団の奮闘を、涙と笑い、愛と感動を交えて描いた韓国TVシリーズ第2巻。オーケストラ・キラーの悪名高いカン・マエに卑下されたヒヨンは立ち去り、他の団員たちも次第に不満を募らせていく。第3話と第4話を収録。

収録時間: 字幕: 音声:
120分 日本語・日本語吹替え用字幕 1:ドルビーデジタル/ステレオ/韓国語
2:ドルビーデジタル/ステレオ/日本語
レイティング: 記番: レンタル開始日:
ASBX4407 2009年08月05日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
25枚 0人 0人

ベートーベン・ウィルス 愛と情熱のシンフォニーVol.3

  • 旧作

落ちこぼれオーケストラ楽団の奮闘を、涙と笑い、愛と感動を交えて描いた韓国TVシリーズ第3巻。復職のために楽団を抜けたゴヌ。公演当日、交通整理をしているゴヌの前にカン・マエが現れるが、ゴヌは動こうとしない。第5話と第6話を収録。

収録時間: 字幕: 音声:
120分 日本語・日本語吹替え用字幕 1:ドルビーデジタル/ステレオ/韓国語
2:ドルビーデジタル/ステレオ/日本語
レイティング: 記番: レンタル開始日:
ASBX4408 2009年08月05日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
18枚 0人 0人

ベートーベン・ウィルス 愛と情熱のシンフォニーVol.4

  • 旧作

落ちこぼれオーケストラの奮闘を、涙と笑い、愛と感動を交えて描いた韓国TVシリーズ第4巻。ミョンファンに弟子入り志願したゴヌ。彼の才能に驚いたミョンファンはカン・マエを訪ね、どちらの弟子にするか決めようと提案する。第7話と第8話を収録。

収録時間: 字幕: 音声:
130分 日本語・日本語吹替え用字幕 1:ドルビーデジタル/ステレオ/韓国語
2:ドルビーデジタル/ステレオ/日本語
レイティング: 記番: レンタル開始日:
ASBX4409 2009年09月02日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
23枚 0人 0人

ベートーベン・ウィルス 愛と情熱のシンフォニーVol.5

  • 旧作

落ちこぼれオーケストラの奮闘を、涙と笑い、愛と感動を交えて描いた韓国TVシリーズ第5巻。カン・マエの毒舌にたじたじの団員たちが合唱団を辞めると言い出す。これを収拾するため、カン・マエはゴヌに指揮をするように言う。第9話と第10話を収録。

収録時間: 字幕: 音声:
130分 日本語・日本語吹替え用字幕 1:ドルビーデジタル/ステレオ/韓国語
2:ドルビーデジタル/ステレオ/日本語
レイティング: 記番: レンタル開始日:
ASBX4410 2009年09月02日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
22枚 1人 0人

ベートーベン・ウィルス 愛と情熱のシンフォニーVol.6

  • 旧作

落ちこぼれオーケストラの奮闘を、涙と笑い、愛と感動を交えて描いた韓国TVシリーズ第6巻。カン・マエへの気持ちをゴヌに知られたルミは、自分が一方的に好きなだけだと言う。一方、市長は詐欺の責任をルミに取らせようとする。第11話と第12話を収録。

収録時間: 字幕: 音声:
130分 日本語・日本語吹替え用字幕 1:ドルビーデジタル/ステレオ/韓国語
2:ドルビーデジタル/ステレオ/日本語
レイティング: 記番: レンタル開始日:
ASBX4411 2009年09月02日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
21枚 1人 1人

ベートーベン・ウィルス 愛と情熱のシンフォニーVol.7

  • 旧作

落ちこぼれオーケストラの奮闘を、涙と笑い、愛と感動を交えて描いた韓国TVシリーズ第7巻。交響楽フェスティバルに出演するゴヌに、カン・マエは自分の指揮棒を贈る。一方、ルミは聴力のことをカン・マエに話そうとするが…。第13話と第14話を収録。

収録時間: 字幕: 音声:
130分 日 吹 1:ドルビーデジタル/ステレオ/韓国語
2:ドルビーデジタル/ステレオ/日本語
レイティング: 記番: レンタル開始日:
ASBX4412 2009年10月07日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
21枚 0人 1人

ベートーベン・ウィルス 愛と情熱のシンフォニーVol.8

  • 旧作

落ちこぼれオーケストラの奮闘を、涙と笑い、愛と感動を交えて描いた韓国TVシリーズ第8巻。市長が変わり、新しい市長から就任式の演奏を依頼されたカン・マエは「交響楽団を私物化するな」と断固拒絶するのだが…。第15話と第16話を収録。

収録時間: 字幕: 音声:
130分 日 吹 1:ドルビーデジタル/ステレオ/韓国語
2:ドルビーデジタル/ステレオ/日本語
レイティング: 記番: レンタル開始日:
ASBX4413 2009年10月07日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
22枚 1人 0人

ベートーベン・ウィルス 愛と情熱のシンフォニーVol.9

  • 旧作

落ちこぼれオーケストラの奮闘を、涙と笑い、愛と感動を交えて描いた韓国TVシリーズ第9巻。ソクラン市交響楽団の顧問になったカン・マエ。ところが、現れた後任の指揮者は実力のないど素人で、団員たちは反旗を翻す。第17話と最終第18話を収録。

収録時間: 字幕: 音声:
130分 日 吹 1:ドルビーデジタル/ステレオ/韓国語
2:ドルビーデジタル/ステレオ/日本語
レイティング: 記番: レンタル開始日:
ASBX4414 2009年10月07日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
22枚 1人 1人

1〜 9件 / 全9件

関連作品

ユーザーレビュー:47件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

1〜 5件 / 全47件

ヒロインの存在が、邪魔ネタバレ

投稿日:2013/10/21 レビュアー:BEEFジャーキー

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

*****全18話みての感想*****
主人公が3人いた感じだったので、見づらかった…。

誰か一人をメインで、描いて欲しかった。

私的には、カンマエかゴヌ…、どっちかで…。
もう一人の主役、女性の存在は、いらんかったかも。
彼女が加わる事で、恋愛や病気やら絡んできて…
ビミョーな雰囲気に……

音楽一本で見たかったな〜。

カンマエとゴヌ…
二人の師弟関係がメインってので、見てみたかったな〜。

面白いキャラ、面白い設定だったのに……
すごく、残念。

このレビューは気に入りましたか? はい 1人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

キム・ミョンミンは一見の価値あり

投稿日:2013/04/09 レビュアー:miya

オーケストラを夢見る名も無き人達と一人の天才指揮者とのサクセスストーリーです。
公務員だったルミが、市のオーケストラを立ち上げるのですが、詐欺に合ってしまい、なんとか団員を寄せ集めるところから話が始まります。
寄せ集めの団員には、ショーパブの店員や主婦や高校生・・・その人達がいろいろな悩みを抱え、オーケストラを通して成長していく姿が描かれています。

主役のキム・ミョンミン演じるカン・マエがすごくよかったです!

カン・マエは指揮者としては超一流なのですが、性格に難があり、すぐに団員と喧嘩してしまうため、ひとつのオーケストラに1ヶ月以上所属していることがほとんど無いやっかいな人。
しかし、自分にも他人にも厳しく嘘がない。
人に誤解されても、自分を貫く潔さが物語りを追うごとに魅力的に思えてきます。
ちなみにカン・マエのマエはマエストロの略で、本名はカン・ゴヌ。

孤独なおじいさん(ガビョン)と、未来に絶望した高校生の女の子(ハ・イドゥン)の絆にも涙。

このレビューは気に入りましたか? はい 0人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

タイトルで得した?!

投稿日:2013/01/07 レビュアー:hellosky

キム・ミョンミン氏の不良家族(04)がなかなか面白かったので、以前ケーブルテレビでこの作品が放送されている時に観ました。が、不良家族の方が好きでした。タイトルの"ベートーベン”で作品的に得したな〜という感が個人的には否めません。チャン・グンソク君はここまでは良かったのに最近どうなっちゃたんでしょう...ということでメリは外泊中(10)未だに観る気がしないでいます。ムン・グニョンさんは好きなのですが。

このレビューは気に入りましたか? はい 1人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

カンマエ!最高♪

投稿日:2012/10/08 レビュアー:Hoppy!

初めて韓国ドラマデビューとなったドラマです。
固定観念にもってた恋愛系じゃなくて、米ドラマ:グリーのような、日本ドラマ:のだめカンタービレ(これ見てないわ)みたいな感じで。
というわけで、初回は韓国ドラマの在り方な内容ばかり気になっていたけど。

3回目くらいから、かなり面白くなってきた。

カンマエの髪型憧れるわいw

恋愛がなくて、どことなく日本と似ていて、べたっとしてなくて、キャラ立ちもしていて、なかなか展開が気になる。
毒舌凄腕キャラの人間性がどこまで出てしまうのか、っていう点が面白い。

ツンデレ具合に視聴者人気もあがるわけだ。

にしても、チャングンソクが今はあんなオカマみたいになってるけど、このドラマでは肌も汚い短髪好青年で。なんでその路線じゃないんだろう?今。
たまたま民放でやってた韓国ドラマに出てたけど、髪型はオカマだし、メイクはしてるし、ショッキングピンクの上着とか着て?????

顔がなんか広末涼子に似てるな、としみじみ。

トゥルミ役のヒロインは松たかこと竹内結子みたいな。なんだかんだで暴れてくれないと話が進まないから、それはそれで面白い

と、回を重ねるごとに面白くなってきてて、遂に最終回!!!!!!

今夏〜秋の1番の思い出はベートーベン・ウィルスだな。
カンマエ!が面白い。まったくBLの話なのか、なんなのかっていうシチュエーションにしろ。

これ、シーズン2の続編をやってほしいわ。
かなりはまったので、来日キャンペーンとかの動画やらも観たけど、なかなか面白い。

カンマエ・トゥルミ・カンゴヌの3人のキャラもいいが、
おじいさんとイドゥンの友情もよかった。

ヒョクオンさん、おばさん、咳おじさん、エレキバイオリン姉妹などサブを固めるチームワークもよくて
韓国版Gleeのようだった。

また、初回の頃は夏!だったのに、観てるのと同時の季節変動で最終回付近には寒くなってたけど。
夏の感じがあったのも良かったな。てっきり寒そうな冬ドロというイメージだったから。

また、国が近いだけに文化の近さもあって、家の中の様子とか心情とか夢のようなアメリカンドラマの生活風景ではなく
割と同じなんだなwっていう親近感ある生活や心情感がありました。なんせ、初韓国ドラマなもんでw

さて、今回も今ドラマのサントラを入手しまして、ドラマ使用曲はもちろん、クラシックもかなりあって
徐々に増えてたクラシック音楽も更に増え勉強になった。

このドラマ本当に良かったので、頑張ってもらって
この役者面子でのクラシックコンサートツアーか、シーズン2とか3とか続投してもらいたい。

■ttp://idolhappiness.web.fc2.com/hoppy.html

このレビューは気に入りましたか? はい 1人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

お宝モンでしょう

投稿日:2012/02/02 レビュアー:サランヘ

おそらく,セルオンリーではないかと思いますが,2011年10月14日に「ハイライト・メイキングスペシャル」が4枚組みでリリースされました。
ただ,ハイライトといいましてもチャン・グンソクssiの出演シーンを中心に,4時間40分(ディスク3枚)に編集されていますので,ドラマを振り返るというよりも,彼のファン向けに制作されたお宝映像だと思います。
残りの1枚には,キム・ミョンミンssi,チャン・グンソクssi,イ・ジアssiのインタビューやメイキングが収録(60分)されていますので,ドラマファンにはこちらの方が魅力かもしれません。
ドラマは,吹奏楽など音楽をかじった方なら楽器を演奏する指の動きや,出てくる音の不自然さに違和感を感じるかも知れませんが,ドラマとしてみれば異端児的な演出ではありませんし,何といってもクラシックの有名どころの曲が随所に使われているところに新鮮さを感じました。それに加えてドラマを盛り上げたのが,少女時代のテヨンが歌う“トゥルリナヨ(聞こえますか)”ですね。そして,イン・スニssiがオーケストラをバックに歌う“ガチョウの夢”もよく効いていて,思わずポロリとしたのを思い出しました。
ドラマを未見の方はぜひご覧いただきたいのと,このスペシャルも機会があればぜひ覗いてみてください。

このレビューは気に入りましたか? はい 2人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

1〜 5件 / 全47件

ベートーベン・ウィルス 愛と情熱のシンフォニー

月額課金で借りる

都度課金で借りる