インクレディブル・ハルク

インクレディブル・ハルクの画像・ジャケット写真
インクレディブル・ハルク / エドワード・ノートン
予告編を観る
  • 画質は本編映像とは異なります。
全体の平均評価点:
(5点満点)

126

  • DVD
  • Blu-ray
  • TSUTAYA TV
  • 見放題
  • 動画ポイント利用可
ジャンル:

「インクレディブル・ハルク」 の解説・あらすじ・ストーリー

米マーベル・コミックから生まれた人気キャラクターを、演技派エドワード・ノートンを主演に迎え装いも新たに再映画化したヒーロー・アクション。怒りの感情によって緑色の巨人“ハルク”に変身してしまう主人公ブルース・バナーが、葛藤を乗り越え自らの運命に立ち向かう姿を、迫力のアクション・シーン満載で描き出す。監督は「トランスポーター」シリーズのルイ・レテリエ。実験中の事故で緑色の巨人“ハルク”に変身する体質となってしまった科学者ブルース。以来、軍の追跡を逃れ、また愛する恋人ベティとも別れてブラジルで隠遁生活を送っていた。だが、ある出来事がきっかけで、ついに彼の居場所が軍に知れてしまい…。

「インクレディブル・ハルク」 の作品情報

製作年: 2008年
製作国: アメリカ
原題: THE INCREDIBLE HULK

「インクレディブル・ハルク」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

インクレディブル・ハルクの詳細

  • 旧作
収録時間: 字幕: 音声:
112分 日 英 英:ドルビーデジタル5.1ch、日:ドルビーデジタル5.1ch
レイティング: 記番: レンタル開始日:
RDD48133 2009年02月25日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
86枚 8人 13人

【Blu-ray】インクレディブル・ハルク(ブルーレイ)の詳細

  • 旧作
収録時間: 字幕: 音声:
112分 日本語・英語 1:DOLBY True HD/5.1chサラウンド/英語
2:DOLBY True HD/5.1chサラウンド/日本語
レイティング: 記番: レンタル開始日:
BRR48133*B 2009年02月25日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
47枚 8人 6人

関連作品

ユーザーレビュー:126件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

1〜 5件 / 全126件

インクレディブル・ハルク

投稿日:2018/04/09 レビュアー:しょうちゃん

怒りの感情によって緑色の巨人“ハルク”に変身してしまう主人公ブルース・バナーが、
葛藤を乗り越え自らの運命に立ち向かう姿を、
迫力のアクション・シーン満載で描き出す。
2003年にアン・リー監督、
エリック・バナ主演で実写映画化された「ハルク」を、
装いも新たに再映画化した本作。
冒頭のブラジルの密集住宅の俯瞰の光景が印象的。
ヒクソン・グレイシーの登場にはビックリ。
ブルース・バナーは別人格の怪物であるハルクと真剣に向き合って、
一生懸命受け入れようとするところが微笑ましく、
心拍数を効果的に使うことでハルクに変身するかどうかを見せているのが面白い。
興奮するのでエッチもできないのは悲しい。
ハルクの対戦相手となる戦闘オタクのブロンスキー演じるティム・ロスが、
一途な怪物役を演じている。
ラストでロバート・ダウニー・Jrが登場したのは驚きましたが、
本国と違って日本では「アイアンマン」と公開の順番が逆なんです。

このレビューは気に入りましたか? はい 0人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

無題

投稿日:2015/07/18 レビュアー:趣味は洋画

こういう映画があること、まったく知りませんでした。 勿論マーベル・コミックの知識もまったくありません。
このジャンルの映画は苦手だったこともありますが、先日、2012年「アベンジャーズ」を観てから、同類項なのかな?という印象はありました。 
エドワード・ノートンとティム・ロスの名前だけで観たのですが、レヴューの多さ(反響の大きさ)にビックリしました。
「アイアンマン」とか「マイティ・ソー」とか、「キャプテン・アメリカ」とか、いろんな作品があるのですね。 これから同類(?)の映画も観て勉強しようと思います。

それにしても、昔は‘特撮’とよばれていた技法が、今ではこんな斬新な映像となって登場する...時代を感じます。

ラストにロバート・ダウニー・Jrがチョイ役で出てたのは何か意味があるのでしょうか?...

このレビューは気に入りましたか? はい 1人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

主人公の魅力が「筋肉」だけでは物足りない

投稿日:2014/12/25 レビュアー:ひゅう助

あらすじ

ガンマ線の実験中事故が起こり、凶暴な「ハルク」となってしまったブルース・バナー(エドワード・ノートン)は、今は南米の小都市で隠れて暮らしていた。

しかし彼の一滴の血が飲料水に混入し、アメリカに輸出されたことにより、軍に居場所を特定されてしまう。軍はハルクを軍事利用しようと企んでいたのだ。

一方、ブルースは「ハルク化」を阻止しようと、アメリカにいる「秘密の友人」に接触を試みようとする・・・。


今回はわりと簡単にできたぞ!よっしゃあ!!

この映画は一度「ハルク」として映画化されたのをリブートした新「ハルク」とでもいう映画です。題名にも「インクレディブル」と差別化を図っています。

前の「ハルク」がドラマに重点を置いたのに対し、この「インクレディブル・ハルク」はバトル重視ですね。


ただ、このバトル重視はいいんですが、主人公であるブルース・バナーに「マッスル」以外の魅力がないのが最大の致命点です。

「アイアンマン」のトニー・スタークは言わずもが魅力ありまくりの人物でしたが、ブルース・バナーという男は・・・ねえ。

根が真面目で内気で戦いを好まないって、少年ジャンプで連載されれば10週打ち切り確実の人物なんですよ。

魅力ナッシングの主人公の行動を追ってても面白くないのは自然の道理。

それとこれまたいちゃもんつけたいのが、敵であるブロンスキー(ティム・ロス)も典型的な「軍人」タイプである点。

ステレオタイプの「俺が最強」タイプの敵なんか見てても面白くない。


ラストの戦いも「筋肉VS筋肉」でもって、全くひねりが無い戦い。面白くないよ、監督!と文句の一つもつけたくなる。

ま、そういうわけでリブートは失敗に終わったわけですな。事実ほかのマーベル作品は続編を作られているのに、このハルクだけ作られてない。話を広げようがないんだな。

☆3つで。

このレビューは気に入りましたか? はい 0人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

大人の事情

投稿日:2014/03/09 レビュアー:みなさん

続編と呼んでいいのか分からないが、兎に角、『ハルク』シリーズの2作品目。アン・リーが監督した静謐感ただようSFアクションを下敷きにして、時間軸だけ先に進めたような設定だった。

タイトル・バックで、前作とは異なる経緯が語られる。わざわざ撮ったらしい。エリック・バナもジェニファー・コネリーも出て来ない。ご苦労なことだ。費用をかけてリセットしたのには、“大人の事情”があるのだろう。けれど、どうもこの辺りが気持ち良くない。

人間を兵器化するプロジェクトの一員だったブルースは、自ら実験台になって、心拍数が増大すると“緑色の巨人=ハルク”に変身する身体になってしまう。軍から追われ、恋人の許を去って南米リオデジャネイロに身を隠す。
彼は、工場で働きながら感情をコントロールする術を学び、解毒剤の開発に取り組んでいた。しかし、設備もデータもなく、ままならない。鬱々とたのしまない日々を送っていた。
或る日、行方をつきとめたロス将軍と傭兵のブロスキーに襲撃される。辛くも逃げ延びたブルースは、解毒剤開発に必要なデータを得るため、米国に戻る決心をする。
……というお話し。
展開はスピーディで、最後まで飽きさせない。アクション・シーンの手際もいい。ただ、変身したブロスキーが市街地で暴れる場面は、イマイチ。イマイチなのは、本作品に相応しい演出とは思えなかったからだ。逆に言うと、アクション・シーンに演出意図を反映させるスキルは持っている、と言える。

ブルースを演じるのは、エドワード・ノートン。個人的には、あまりいい印象のない方だ。品もあるし頭も良さそうなのに、不思議だ。きっと、彼の作品選びが好きではないのだろう。クレバー過ぎるのかも知れない。もっと冒険したり、しがらみからしよーもない作品に出たりする方が、人間らしい。(笑)

ベティを演じるのは、リブ・タイラー。『アルマゲドン』の時ほど美しくはないが、眼鏡をかけてからは可愛くなった。どうも私はメガネをかけた女性が好きらしい。(笑)

ブロスキーを演じるのは、ティム・ロス。“怒り”の表現が堂に入ってます。ティム・バートン監督『PLANET OF THE APES/猿の惑星』の将軍役でみせたように、自身の演技スタイルを確立していることが伺える。

ロス将軍を演じるのは、ウィリアム・ハート。私たちの世代には『アルタード・ステーツ』や『白いドレスの女』、『蜘蛛女のキス』が思い浮かぶ。コンスタントに出演を続けている方で、浮き沈みがない。堅実な方なのだろう。でも、軍人を演じるとは思っていなかった。

最早、CGの出来映えを云々する時代ではなくなったような気がする。どれもこれも素晴らしい作品ばかりだ。あとは、その見せ方の問題だろう。アーティスト任せだったところに、どれだけ監督さんの意図や演出を反映させることが出来るか、そういう時代になったようだ。
みんなが皆、キャメロンやルーカスのようにそのジャンルの技術に精通しているわけではない。いきおい、淘汰が始まる。
本作品の監督さんは絵コンテがしっかり出来ているようだし、CGを用いたカットをみる限り、いまの時代に適応しているように見える。この際だから、『バトルシップ』や『パシフィック・リム』のようなCG満載のSFアクション映画で、どれだけ演出技法が通用するのか観てみたい気がする。

『アベンジャーズ』製作に向けた舵取りは、それはそれで壮大な計画として感嘆する。資金も時間もなければ出来ないことだ。素晴らしいと思う。
けれど、マーベル側の意向を“大人の事情”として理解することは容易いが、それによってアン・リー監督作品『ハルク』が抹殺されてしまうのは、どうにも気分がよくない。
大好きな作品というわけではないが、本作品に較べると、やはり美しい作品だったと思う。これを無視してしまうのは、あまりに惜しい。

プロジェクトの1駒としてではなく、一本の作品として屹立する『ハルク』を、いま一度撮って欲しいものである。
ちょっとだけオススメ!

このレビューは気に入りましたか? はい 6人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

まあまあ、そこそこ…

投稿日:2013/05/07 レビュアー:れびゅあ

すごくつまらない!ってことはないですが、アイアンマン1〜3の直後に観てしまったので、物足りない感が…
アイアンマンより先に観るべきでした。
観ていて気になるのが、CGキャラクターの不自然さ、主人公の吹き替え声優の棒読みっぷり。
アベンジャーズの予備知識として、ふーんこういうものか、といった感じです。

このレビューは気に入りましたか? はい 0人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

1〜 5件 / 全126件

インクレディブル・ハルク