男はつらいよ 寅次郎の告白 【第44作】

男はつらいよ 寅次郎の告白 【第44作】の画像・ジャケット写真
男はつらいよ 寅次郎の告白 【第44作】 / 渥美清
予告編を観る
  • 画質は本編映像とは異なります。
全体の平均評価点:
(5点満点)

9

  • DVD
  • TSUTAYA TV
  • 見放題
  • 動画ポイント利用可
  • シリーズ
ジャンル:

「男はつらいよ 寅次郎の告白 【第44作】」 の解説・あらすじ・ストーリー

国民的人気シリーズ「男はつらいよ」の第44弾がデジタルリマスター版で復活。寅次郎は旅先の鳥取で、泉と偶然に再会。彼女は母親の再婚に寂しさを感じ、気持ちを紛わすためにひとり旅を続けていた。そんな泉の心情を手紙で知った満男も鳥取へ向うが…。

「男はつらいよ 寅次郎の告白 【第44作】」 の作品情報

製作年: 1991年
製作国: 日本

「男はつらいよ 寅次郎の告白 【第44作】」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

男はつらいよ 寅次郎の告白 【第44作】のシリーズ商品


1〜 2件 / 全2件

男はつらいよ 寅次郎の告白

  • 旧作

「男はつらいよ」シリーズの第44作目。鳥取を旅している寅次郎は、そこで偶然泉と再会。母親の再婚を素直に喜べず、その寂しさを紛わすために鳥取に来たと吐露する泉。一方、それを泉からの絵ハガキで知った満男も鳥取へ向う。

収録時間: 字幕: 音声:
104分 日本語 1:ドルビーデジタル/モノラル/日本語
レイティング: 記番: レンタル開始日:
DA9544 2004年12月23日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
11枚 0人 0人

男はつらいよ 寅次郎の告白 HDリマスター版 【第44作】

  • 旧作

国民的人気シリーズ「男はつらいよ」の第44弾がデジタルリマスター版で復活。寅次郎は旅先の鳥取で、泉と偶然に再会。彼女は母親の再婚に寂しさを感じ、気持ちを紛わすためにひとり旅を続けていた。そんな泉の心情を手紙で知った満男も鳥取へ向うが…。

収録時間: 字幕: 音声:
108分 日本語 英語 1:ドルビーデジタル/モノラル/日本語
2:ドルビーデジタル/モノラル/日(音声ガイド)
レイティング: 記番: レンタル開始日:
DB8544 2008年11月27日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
3枚 1人 1人

1〜 2件 / 全2件

関連作品

ユーザーレビュー:9件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

1〜 5件 / 全9件

うーむネタバレ

投稿日:2015/05/16 レビュアー:さとし

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

まぁ良いんだけどさ、でも私は正直「また泉かよ!山田洋次監督はどんだけゴクミが好きなんだ!!」って思ってしまいました。
寅さんのクズで哀愁があるところが好きなのですが、後半は少々クズっぷりが足らなくてモヤモヤします。

このレビューは気に入りましたか? はい 0人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

吉田日出子さんも不思議な魅力。

投稿日:2013/08/27 レビュアー:涼風マヨネーズ

吉田日出子さんは、どこにでもいるようなおばちゃんのイメージだったり、フッと色気むんむんのいい女だったりとプロ中のプロだわ〜!

いまだ若々しい印象ですが70手前なんだ〜。

終焉に近づいてきた作品は満男の張切りぶりがクローズアップされて、寅さんの方が引立て役?にまわる作品が多いが、

結局泉ちゃんに振り廻されいろんな土地へと出向く姿は二代目寅さんなんだろうか?

このさい満男で男はつらいよ復活!てのは?

物語じゃ〜泉ちゃんと所帯持ったのかな?

このレビューは気に入りましたか? はい 3人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

二代目寅さんになれなかった満男くんのM的傾向―たぶん 39.6km地点

投稿日:2013/05/08 レビュアー:みなさん

寅さん映画シリーズ第43作品目。フルマラソンに換算すると、おおむね39.6km地点。ゴールまで、あと少しである。満男くんが作品の中心になって 3作目になる。

就職の面接で泉が東京にやって来る。またもや、有頂天の満男。しかし、現実の社会は甘くはなく、高校を卒業したら働きたい泉の願いは、体よく門前払いされてしまう。失意のうちに名古屋に戻った泉を待っていたのは、母親の再婚話しだった。泉は、母親の再婚を頭では解っていても心が許さないことに落ち込み、思いあまって一人旅に出てしまう。
……というお話し。
この後、満男は泉を捜しに鳥取へと出発し、泉は旅先で寅さんと再会する。またまた泉ちゃんに振り回される満男くん。彼は、よくよく追いかけるのが好きらしい。ほとんど“M男くん”だな。「池に飛び込んで」と言われたら、きっと飛び込むに違いない。こういうキャラクタになってしまったが故に、彼は寅さんの跡を継げなかったんじゃないかなぁ。(笑)

本作品のマドンナは、吉田日出子さん。昔、寅さんとは“いい関係”だった料亭の女将を演じている。夫に先立たれた女将が、ピンクの照明の部屋で寅さんと二人きり、枝垂れ柳のようにもたれて酒を酌み交わす。いい場面だ。……でも、何であの部屋の照明はピンクだったんだろ? 気になる。(笑)
一夜明け、寅さん一行を見送った女将の表情と後ろ姿は、見事だった。さすが舞台女優さんだ、そんじょそこらのぽっと出の女優まがいには出来ない芸当だ。それを見逃さずにカメラにおさめた高羽さんと山田監督にも脱帽である。寅さん映画では数多の名演技を観ることが出来るが、本作品もなかなかである。
吉田さんの出番は少ないながら、後半のおいしいところをさらってしまった。彼女の舞台は何本か観たことあるが、映画で観る方が艶っぽい。あの笑顔で、あの声で「電気消してもええ?」と誘われたら、迷わず消してしまうな。(笑)

本作品は、前作から1年後に公開されている。この頃、渥美清さんの体調を考慮して、年1本の製作になっている。そのため、物語の中で経過する時間が長くなっている。12月封切りバージョンは、正月までの2ヶ月くらいを描くのが常だった。本作品は、まだ暑さの残る秋口から始まっている。
また、製作が奥山和由さんにバトンタッチされている。そのせいか、映像のスケール感がUPしたようだ。悪口ではないが、ここ数作品の製作を担当した内藤誠さんの采配が悪かったのか、出来映えもイマイチだった。本作品は、満男くんを物語の中心に据えつつ、寅さんの恋愛話しをキチンと盛り込むことで、オールドファンの期待に応えている。

久しぶりに寅さんとマドンナの心がニアミスする様子にドキドキした一本だった。オススメ!(駄菓子屋の杉山とく子さんも、いい雰囲気でした)

このレビューは気に入りましたか? はい 1人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

源公ネタバレ

投稿日:2008/12/10 レビュアー:二男

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

@ 掃除を怠けて帝釈天の石塔にもたれながら漫画を読む源公。
  さくらが歩いてきて備後屋と挨拶する。

A 泉がくるまやに遊びに来る。
  参道でお出迎えする源公。泉の姿を見てよろこぶ。

B 夕方、鐘を撞く源公。(超ロング)

C 雨の中、題経寺のかさをさしながら参道で買い物する源公。
  女子店員に「こんどお茶のもな。」と誘っている。
  無視されて、雨の中をしょんぼり帰っていく源公。

D さくらが御前様と満男の恋について話をしているところへ源公がお茶を持ってくる。
  御前様の恋の体験談を聞いて、口を押さえて笑いながら引っ込んでいく。

このレビューは気に入りましたか? はい 0人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

満男のやつ黙っててくれたか。あいつもだいぶ成長したな・・・ネタバレ

投稿日:2008/10/13 レビュアー:skd007

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

前作同様、渥美さんの体調を考えて、この年も1作のみ。夏バージョンはなし。
今後もこのペースで製作がつづく。
山田監督はこの年に「息子」を撮っている。

寅さんのモノローグ
川がながれております・・・・

満男が珍しく「父さん、おはよう。」と挨拶する。泉が遊びに来るのだ。
サクラが参道を歩いてくる。おなじみの備後屋(露木幸次)が挨拶を返す。
露木さんは山田組の装飾担当スタッフだが、寅さんシリーズではもう名脇役といってもいい。

とらやで歓談する泉。泉も来年は就職だ。
楽器店に勤めたい泉は満男と一緒に銀座の山野楽器を訪ねる。
来年就職しなければいけない泉だが、高卒では無理だと知らされる。
泉はしょんぼり名古屋へ帰る。
礼子が男を連れてくるが、抵抗する泉。ドアを締め切って泣き崩れる。
泉は礼子と大喧嘩の末、寂しさのあまり、ひとりで鳥取へ。
満男もじっとしていられなくて、泉を追って鳥取へ出かける。

泉は鳥取で偶然寅に出っくわす。
寅の首っ玉につかまって泣き出す泉。
駄菓子屋のおばあちゃん(杉山とく子)の家に一晩世話になる寅と泉。
おばあちゃんも、ちょうど泉くらいの年頃に駆け落ちをしたことがるという。
それを寅が言い当ててしまうところがさすがだ。
泉は自分の心の中に原因があることを、ちゃんとわかっている。感心する寅。
翌朝、鳥取砂丘へ向かう。満男が待っているのは寅から聞いていた。
走りよる泉と満男。白い砂の上で転びながら手を取り合う。

寅の昔馴染みの女(吉田日出子)が女将をしている旅館にたちよる三人。
ちょうど一年前に亭主を亡くしていた。健気に働く女将。
三人はその旅館に泊まることになる。
泉は、寅や満男の一家を心のよりどころにしたいと思っていると語る。
下階では、女将が亭主との生活を寅に語っている。後悔していると・・・
ピンク色の灯りもふと消えて、寅に迫る女将。
心配になって窓から乗り出す満男。手摺が壊れて上から満男が降ってくる。

ぼんやりと帰路に着く寅。
伯父さん、さびしくないのかと聞く満男に寅が答える。
「寂しさなんてのはな、歩いてるうちに風がバァーッと吹き飛ばしてくれらあ。」

満男と二人、電車で帰る泉。重なりあう手と手。
泉のこころは大人の仲間入りをした。

このレビューは気に入りましたか? はい 0人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

1〜 5件 / 全9件

男はつらいよ 寅次郎の告白 【第44作】

月額課金で借りる

都度課金で借りる

同シリーズ作品を借りる