ブラック・レイン

ブラック・レインの画像・ジャケット写真
ブラック・レイン / マイケル・ダグラス
予告編を観る
  • 画質は本編映像とは異なります。
全体の平均評価点:
(5点満点)

78

  • DVD
  • Blu-ray
  • TSUTAYA TV
  • 見放題
  • 動画ポイント利用可
ジャンル:

「ブラック・レイン」 の解説・あらすじ・ストーリー

レストランで偶然にヤクザの殺人に出くわしたニック(ダグラス)とチャーリー(ガルシア)両刑事は、その犯人佐藤(松田)を日本に護送するが、大阪空港で逃げられてしまう。府警の松本(高倉)の監視下、警官としての権限の無いまま捜査を見守る彼らだったが、佐藤はそれを嘲笑うかの如く、自ら刺客となって二人の前に現れるのだった。

「ブラック・レイン」 の作品情報

製作年: 1989年
製作国: アメリカ
原題: BLACK RAIN

「ブラック・レイン」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

ブラック・レインのシリーズ商品


1〜 2件 / 全2件

ブラック・レイン

  • 旧作

レストランで偶然にヤクザの殺人に出くわしたニック(ダグラス)とチャーリー(ガルシア)両刑事は、その犯人佐藤(松田)を日本に護送するが、大阪空港で逃げられてしまう。府警の松本(高倉)の監視下、警官としての権限の無いまま捜査を見守る彼らだったが、佐藤はそれを嘲笑うかの如く、自ら刺客となって二人の前に現れるのだった。

収録時間: 字幕: 音声:
125分 日本語 英語 1:ドルビーデジタル/5.1chサラウンド/英語
レイティング: 記番: レンタル開始日:
PDSV22 2002年12月13日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
35枚 0人 0人

ブラック・レイン デジタル・リマスター版

  • 旧作

レストランで偶然にヤクザの殺人に出くわしたニック(ダグラス)とチャーリー(ガルシア)両刑事は、その犯人佐藤(松田)を日本に護送するが、大阪空港で逃げられてしまう。府警の松本(高倉)の監視下、警官としての権限の無いまま捜査を見守る彼らだったが、佐藤はそれを嘲笑うかの如く、自ら刺客となって二人の前に現れるのだった。

収録時間: 字幕: 音声:
125分 日本語 英語 吹き替え用 解説 1:ドルビーデジタル/ステレオ/英語
2:ドルビーデジタル/ステレオ/日本語
3:ドルビーデジタル/ステレオ/英(解説)
レイティング: 記番: レンタル開始日:
PDSV111860 2008年06月01日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
21枚 3人 0人

1〜 2件 / 全2件

【Blu-ray】ブラック・レイン デジタル・リマスター版(ブルーレイ)の詳細

  • 旧作
収録時間: 字幕: 音声:
125分 日本語 英語 吹き替え用 解説 1:ドルビーデジタル/サラウンド/英語
2:ドルビーデジタル/サラウンド/日本語
3:ドルビーデジタル/サラウンド/英(解説)
レイティング: 記番: レンタル開始日:
PDBV111860*B 2008年08月20日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
27枚 0人 1人

関連作品

ユーザーレビュー:78件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

1〜 5件 / 全78件

ほとんど完璧

投稿日:2019/01/09 レビュアー:ザマミー

ほとんど完璧。高倉健演じる刑事の息子だけが、ミスキャスト。

このレビューは気に入りましたか? はい 0人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

ブレードランナーより好きな世界観でした!ネタバレ

投稿日:2017/11/16 レビュアー:ムービードリンク

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

ブラックレイン

ニューヨーク州、大阪の道頓堀!

★彡いつか見ようと思っていた!
忘れていました!初鑑賞!
鑑賞必須の映画ですね。しかも監督はリドリースコットだったんですね。
松田優作さんが癌になっていたのを知っていたホタテマンの力也さんも辛かったでしょうね。
★彡ウキペディアに色んなトリビアありますので興味あれば是非!


〜あらすじ〜

ニューヨークでマフィアと日本のヤクザが会食していた矢先で殺傷事件が起きた。犯人の日本人の男(優作さん)を日本に護送する為、刑事のダグラスさんが日本まで立ち会う。

しかし飛行機での引渡しで騙されてホームである大阪に逃がすことになってしまう!

ダグラスさんたちの監視を任された刑事の健さん。文化の違いなどで捜査方針でいがみ合う。

ダグラスさんは異国の地の日本で優作さんを見つけられるのか?


◎89C点。世界観、異国世界の、面白さ。
★彡なぜ見てなかったのだろうか?





◎日本の怪しさが◯

★彡ブレードランナーの続編かと思わせる日本の怪しさと危険でギラギラした街の雰囲気は外国人から見た日本の良さとでも言いましょうか、雰囲気は最高です。



◎文化の違いが面白い。
銃を使わない日本の怖さが逆に良い!

★彡刀や湿気の多そうな地下や先の長い商店街、怪しいネオンの街やクラブ、市場、屋台、工場、自転車、オートバイの暴走族まさにブレードランナー的な世界観!




◎今更ですけどなにか…(・_・;

★彡この映画名作じゃないですか!
今見ても新鮮で世界観はすごいし、外国人のイメージ日本の捉え方もずれてはいないと思う。昔の日本あるある事情ですけどね。



◎ネタバレ保管記憶用

NYから来たダグラスさんと相方は護送中、極道の優作さんに逃げられ、異国の日本で捜査を無断で行う。刑事の健さんと親交を深め、独断で捜査をする。

しかし相方が一人になった時、優作さんに刀で首を切られて殉職してしまう!

怒りに燃えているダグラスさんは一人でも相方の仇を取る為に優作さんを探す!

後半偽札ドル紙幣の型板の引渡しをするのと盃を交わす為、ヤクザの親分達が集まる。

その情報を聞きつけダグラスさんが田舎の家に乗り込む!刑事の仕事を休職させられていた健さんも、ダグラスさんと手を組み田舎の家に乗り込み銃撃戦やバイクアクションで優作さんを逮捕する。

空港で別れを惜しむ健さんとダグラスさん。
ダグラスさんの別れの土産の中にはドル紙幣の原盤が入っていた。
手柄をもらった健さんは感無量で終わる!

★彡いゃ〜良かった〜
自分不器用的な健さんと汚職刑事のダグラスさんの心の変化は楽しかった。
優作さんは凄かったけど、皆んなが言うほど凄いなとは思いませんでした。
やっぱ健さんが良かったな(笑)

このレビューは気に入りましたか? はい 0人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

アメリカ人が見た日本と日本人

投稿日:2017/05/02 レビュアー:カマンベール

リドリー・スコット監督が真面目に、日本人と日本文化に
取り組んでくれて、変な部分も少しあるけれど、概ね良く日本文化を
捉えていると思いました。

ハリウッドスターに一歩も引けを取らない松田優作の勇姿が眩しい。
高倉健も、寡黙で出過ぎない日本人の奥床さを、体現しています。

ハリウッドが映画化した作品というと、まず圧倒的人気で迎えられたのは、トム・クルーズと渡辺謙主演の、
「ラストサムライ」
ディスカスの評価は、3.65。レビュー数(706)2003年作品。

「SAYURI」ロブ・マーシャル監督作品。
ディスカスの評価は、3.11。レビュー数(382)2005年作品。
主役が中国人(チャン・ツィイー)とは情けない。

「ザ・ヤクザ」1974年と古い。シドニー・ポラック監督作品。
評価2.81と低いですが、高倉健とロバート・ミッチャム主演の、
大真面目のヤクザ映画です。面白いです。

「沈黙SILENCE」
マーティン・スコセッシ監督作品がDVD待機中。
これは非常に楽しみです。

どの作品も監督・製作人の日本への真摯な勉強による作品です。
日本文化へのリスペクトが嬉しい。
「ブラックレイン」は、高度成長期の日本の熱気が伝わる
記録的映画でもあります。
一見の価値有りです。

このレビューは気に入りましたか? はい 3人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

関西に馴染み深い映画なので。

投稿日:2017/04/26 レビュアー:趣味は洋画

正真正銘のアメリカ映画に日本のトップスターが出演し、しかもロケ地の多くが大阪や神戸ということで、公開当時、関西では大いに盛り上がった作品。(私も劇場へ足を運びました)

ニューヨーク市警のニック(マイケル・ダグラス)とチャーリー(アンディ・ガルシア)は、レストランで昼食をとっている際、マフィアのボスが日本人の2人組に襲撃される事件に直面する。
激しい格闘の末、犯人の佐藤(松田優作)を逮捕したニックらは、彼を護送して大阪空港へ降り立つ。ところが空港で犯人引き渡しの際、偽装警察官に佐藤をさらわれてしまう。ニックとチャーリーは、大阪府警の松本警部補(高倉健)とともに、佐藤の追跡を開始する。
一方、大阪のクラブ「ミヤコ」で殺人事件が発生、被害者は例の偽警官で、別室ではホステスのミユキ(小野みゆき)が事情聴取されている。ニックは、ジョイス(ケイト・キャプショー)というアメリカ人ホステスから、佐藤が犯人ということ、そして大阪の街を牛耳る菅井(若山富三郎)と佐藤が抗争を続けているという情報を得る。バイクで街を暴れまわる佐藤一派は、チャーリーを惨殺し、復讐に燃えるニックは、帰国命令を無視して佐藤を追い詰める...。

松田優作の熱演は言うに及ばずですが、相変わらずの高倉健の抑えた演技も素晴らしい。
上述の若山富三郎、小野みゆきに加え、神山繁、内田裕也、国村隼、安岡力也、異色ではあるが、ガッツ石松や島木譲二(関西人なら誰でも知っているパチパチパッチン!)らも出演。

撮影は、大阪では心斎橋や道頓堀、京橋や十三、阪急梅田のコンコース、神戸は元町というふうに、関西人には馴染み深い場所で行われている。
ミナミの夜の繁華街、煙と霧雨の大阪港など、大阪らしい雰囲気が随所にみられる。

何より、94年9月の関西空港開港までは、大阪空港(伊丹空港)は国際線で賑わっていたので、
伊丹空港にほど近いところに住んでいる者としては、本当に伊丹空港にマイケル・ダグラスやアンディ・ガルシアが来たのだろうか...と、当時話題で持ち切りだったのが懐かしい。

製作はハリウッドの大物プロデューサー、スタンリー・R・ジャッフェとシェリー・ランシング(ウィリアム・フリードキン監督の奥様)によるジャッフェ=ランシングプロ。
リドリー・スコット監督に話題がいきがちだが、巨額な製作費を投じて作品の屋台骨を支えた、プロデューサー両氏を忘れるわけにはいかない。

このレビューは気に入りましたか? はい 3人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

かなりつまらない

投稿日:2015/03/26 レビュアー:みぽりん田中

シナリオ不足、ストーリー展開がとってつけたようにしらじらしい。昔、話題作だっただけにむちゃくちゃハズレ。ガルシアの美しさも発揮されず、ただのにーちゃんだった。残念です。

このレビューは気に入りましたか? はい 0人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

1〜 5件 / 全78件

ブラック・レイン