墨攻

墨攻の画像・ジャケット写真
墨攻 / アンディ・ラウ
全体の平均評価点:
(5点満点)

163

  • DVD
ジャンル:

「墨攻」 の解説・あらすじ・ストーリー

 戦乱の中国を舞台に、“墨守”という故事で知られる戦闘集団“墨家”の天才戦術家・革離(かくり)の活躍を描いた森秀樹の同名コミックを、中国・日本・香港・韓国の合作で映画化した歴史アクション超大作。主演は「インファナル・アフェア」のアンディ・ラウ。監督は「流星」のジェィコブ・チャン。紀元前370年頃の戦国時代、攻撃をせずに守り抜く“非攻”を信念とする集団“墨家”がいた。その頃、大国・趙が送り込んだ10万の大軍を前に、全住民わずか4千人の梁城は落城寸前の危機に瀕していた。梁王は墨家に援軍を求めるが、やって来たのは粗末な身なりの革離ただ1人だった…。

「墨攻」 の作品情報

製作年: 2006年
製作国: 中国/日本/香港/韓国
原題: A BATTLE OF WITS

「墨攻」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

墨攻の詳細

  • 旧作
収録時間: 字幕: 音声:
133分 日本語 吹き替え用 1:ドルビーデジタル/5.1chサラウンド/北京語
2:ドルビーデジタル/5.1chサラウンド/北京語
3:ドルビーデジタル/5.1chサラウンド/日本語
レイティング: 記番: レンタル開始日:
ASBX3866 2007年07月27日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
27枚 0人 1人

関連作品

ユーザーレビュー:163件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

1〜 5件 / 全163件

墨攻ネタバレ

投稿日:2015/12/26 レビュアー:片山刑事

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

 中国の戦国時代に弱小国が大国に攻められて、そこに助っ人が来て平和とは戦うとはを悩む話。

 手勢がわずかでの籠城戦という設定が面白くて、そこで主人公がやってきていろんな策を使って攻めてくる大軍をやっつける。というエンタメとしての面白さは中盤の戦いが1回あるだけで、後半は内ゲバが始まってそこで主人公たちが悩むという流れ。この後半の流れが個人的には退屈でしかも紋切型のいかにも無能で悪い城主にその腹心が主人公の足を引っ張って…。というのも面白くもなく、名将として出てくるカタキ役のアン・ソンギさんはカッコいいけど、主人公との対立としての流れもそこまで盛り上がることがなかったです。

 主人公たち側での足の引っ張り合いがおこったりするというのに面白みを感じることができなかったです。そもそも主人公が墨家という人らしいけど、彼がなぜ1人で助っ人にやってくるのか? とかそもそもの設定がわからなかったです。戦争のプロなのかなと思ってたら、途中で人が死んでいくのを見て悩んじゃったりするので、一体何がしたいんだろう。近衛兵が女性がヒロインである彼女との悲恋ものとしてもちょっと消化不良でした。

このレビューは気に入りましたか? はい 1人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

戦乱

投稿日:2015/08/12 レビュアー:ちあき

正直話としてはついていけなかった

いまいち設定がよくわからなかったが対決シーンの迫力や恋愛などはよかったな

予習してから観るとより面白いと思います

このレビューは気に入りましたか? はい 0人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

派手さはない

投稿日:2014/04/14 レビュアー:

一人の策略家が城を守る・・・チャッチコピーはカッコいいけど、中身はバカ国王のための捨石。

もっと墨功について語ってほしかった。

このレビューは気に入りましたか? はい 0人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

是非見てください。

投稿日:2013/02/26 レビュアー:トントン

アンディー・ラウさすがです。城を守る助っ人的な・・・チョイ役的な感じのニッキ―・ウーもよかったですよー。
城主のずるさはかなりむかつきましたが・・・時代背景も勉強になりました。

このレビューは気に入りましたか? はい 0人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

可もなく不可もなく

投稿日:2011/10/05 レビュアー:Garapan

・ハズレの映画ではないが、『HERO』『レッド・クリフ』など、この手の戦国時代を扱った類似の映画を何本か観た後だと少々食傷気味であまり新鮮味がなかった。

・出来栄えも「可もなく不可もなく」といった感じであった。

・「墨家」という天才的戦略家としての奥みや技量や威厳の描写もアンディ・ラウだと二枚目すぎて、少し物足りない気がした。

このレビューは気に入りましたか? はい 0人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

1〜 5件 / 全163件

墨攻

月額課金で借りる

都度課金で借りる