親切なクムジャさん

親切なクムジャさんの画像・ジャケット写真
親切なクムジャさん / イ・ヨンエ
全体の平均評価点:
(5点満点)

218

  • DVD
ジャンル:

「親切なクムジャさん」 の解説・あらすじ・ストーリー

「復讐者に憐れみを」「オールド・ボーイ」に続くパク・チャヌク監督の“復讐三部作”完結編。「JSA」「宮廷女官 チャングムの誓い」のイ・ヨンエを主演に迎え、無実の罪で服役した一人の女性の壮絶な復讐の物語が描かれていく。共演は「オールド・ボーイ」のチェ・ミンシク。 天使のような美貌の持ち主クムジャは、ひょんなことからペク先生に幼い娘を人質に取られ、彼が犯した幼児誘拐殺人の罪を背負わされて投獄される。刑務所では誰に対しても優しい笑顔を絶やさず、“親切なクムジャさん”と慕われていた。しかし、彼女の目的はただ一つ、ペク先生に復讐を果たすこと。そして13年の服役の末、ようやく出所した彼女は、かつて恩を売った囚人仲間のもとを訪ね、ペク先生への復讐へ向けて周到な準備を進めていく…。

「親切なクムジャさん」 の作品情報

製作年: 2005年
製作国: 日本
原題: SYMPATHY FOR LADY VENGEANCE

「親切なクムジャさん」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

親切なクムジャさん デラックス版の詳細

  • 旧作
収録時間: 字幕: 音声:
114分
レイティング: 記番: レンタル開始日:
R-15 D*GNBR7420 2006年03月24日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
10枚 0人 0人

関連作品

ユーザーレビュー:218件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

1〜 5件 / 全218件

チェ・ミンシクは

投稿日:2019/12/18 レビュアー:塩胡椒

こういうゲスな役がかなりお似合い☆

このレビューは気に入りましたか? はい 1人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

その看板に偽りなし

投稿日:2017/05/05 レビュアー:ビンス

パク・チャヌク監督の
復讐三部作のラストを飾る今作
「オールドボーイ」で頭をぶっ叩かれ
すぐさま「復讐者に憐れみを」に飛びつき
満足した次第でございましたが
こちらの最終作は
前出の二つに比べると
面白さがダウンしてしまった感は否めません。
なんだろう?
構成がまずいのかな?
所々気持ちは盛り上がるものの
リズムが悪いところもあり
つまずいちゃって「流れ」になりません。
三部作の最後だし
前2つが良かっただけに
余計そう思ってしまいました。

クムジャさんの出所後のメイクも理解に苦しむ
意味が不明
復讐実行モードってことなのか?
それにしてもクムジャさんを演じた
イ・ヨンエさんの美しさと透明感!
びっくりです。

親切なクムジャさん
クムジャは出所後に実行することのために
所内で親切に徹し
囚人から「親切なクムジャさん」と呼ばれるようになります。
その「親切」は出所後も続き
まさかの「復讐」にまで親切に手ほどき&導きを行う有様
一対一でその思いを遂げないときは
なんだよ・・・
なんなんだよ・・・・
と、ガッカリもしましたが
その後の「親切」を観ると
復讐に対してまで親切を行った彼女の行為が
正しかっただと思い知らされました。
「親切なクムジャさん」
その看板に偽りなし

このレビューは気に入りましたか? はい 3人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

親切なクムジャさんネタバレ

投稿日:2016/05/15 レビュアー:片山刑事

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

 濡れ衣で服役したクムジャさんが真犯人にリベンジするために丹念な復讐計画を実行する話。

 韓国の冬の景色の映像が綺麗で、その中をバイオレンスな物語が繰り広げられます。復讐劇ですが、前半は出所した主人公と刑務所の中の様子が交互に描かれていって、何が起こっているのかがわかりにくいです。そして、子ども連続殺人犯人の罪を自分になすりつけられたので、その殺人犯にリベンジするために刑務所の中で善人として生活して仲間を増やして復讐計画に必要な仲間を増やしていっているのがわかっていきます。

 そして犯人の身元を探し当てたり、自分の子どもと再会したりしていって、被害者遺族たちと復讐を果たすけど。その先に何があるのかというのが描かれていきます。

 リベンジを果たすことのカタルシスとかもあまりないですし、刑務所に入る前までの主人公の生活とか犯人との関係とかがあまり描かれず、ただただ復讐計画が描かれるだけなので、登場人物たちの背景がイマイチわかりにくかったり、主人公自らが復讐に手をかけるわけでもなかったりするので、見終わっても満足感が少なくパク・チャヌク監督の復讐三部作の中ではパワーが足りない映画に思えてしまって残念でした。

このレビューは気に入りましたか? はい 1人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

美しい復讐者

投稿日:2013/07/08 レビュアー:kazupon

ずっと、「親切なクムジャさん」のタイトルと、後光が差したようなジャケット写真が気になっていました。
まさか、これが復讐の物語だなんて思ってもみませんでした。
その上、パク・チャヌク監督の“復讐三部作”の完結編とのことです。
「オールド・ボーイ」は観ましたが、「復讐者に憐れみを」は、まだ観ていません。
三部作なら、観てみなくては。

序盤の刑務所内でのエピソードのシーンの意味がよく分りませんでしたが、ストーリーが進んでいくうちに、クムジャの復讐計画のための準備だったのだと分かって来ました。
ああして親切にして、彼女たちに恩を売っていたということですね。
「親切なクムジャさん」と呼ばれる美しく優しい受刑者、イ・クムジャを演じるのは、「宮廷女官 チャングムの誓い」のイ・ヨンエ。
丸顔で清純なイメージですが、赤いアイシャドーとヒール姿の彼女は、美しい復讐者という感じです。
見た目の美しさと彼女の残忍な計画や行動とのギャップが凄いです。
いよいよ復讐か?と思いきや、ペク先生の携帯ストラップにウォンモ君のビー玉を見つけたクムジャは、他にも小物がぶら下がっているのを見て、被害者がウォンモ君だけではないことを知ります。
この後の展開は、クムジャ一人の復讐ではなく、被害者の親たちとの共同復讐という形になっていき、子供を誘拐されて殺されてしまった家族の心情がよく伝わってきました。
私としては、クムジャよりも遺族の方に感情移入する方が簡単でした。
廃校で遺族が集まって見せられた子供たち(被害者)のビデオは、あまりに真に迫っていて、残酷な復讐シーンよりも胸を締め付けられました。
思い思いの道具で復讐を遂げたわけですが、誰一人晴れやかな表情はなく、彼らが抱えて行かねばならないものが増えただけのように感じます。

出所時に伝道師が差し出した豆腐を払いのけたのは、これから復讐をする身には、豆腐はまだ似つかわしくない、食べるわけにはいかないという事だったのでしょう。
しかし、復讐を終えて、今後はこの白いケーキ(豆腐の代わり)のように純白な心に近づくまで、贖罪に生きるという覚悟の表れだったのではないでしょうか?
しかし、そんな日(赦される日)は来ないと、分かっているのだと思いました。

このレビューは気に入りましたか? はい 5人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

こえーょ

投稿日:2011/04/07 レビュアー:アキラ


ここまで、くちゃくちゃに描かれているとは、タイトルからは想像もしませんでした。

ひゃー、ぃやー、わー

でも、みちゃう。

決して楽しんで見れるわけじゃないんだけど、みちゃう。

ある意味とても新鮮な映画です。

イ・ヨンエさんがその恐怖を引き起こす中心となっていて、美しく優しいイメージであるものが、
そのイメージを壊していくところといいますか、そんな意味でもドキドキします。
アクションというよりも、精神的にこの役を演じることは本当に難しかったのではないかと思います。

誰かと一緒にみることをおススメします。
小さいお子さんは見てはいけないと思います。

このレビューは気に入りましたか? はい 0人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

1〜 5件 / 全218件

親切なクムジャさん

月額課金で借りる

都度課金で借りる