エーゲ海の恋

エーゲ海の恋の画像・ジャケット写真
エーゲ海の恋 / チェリム
全体の平均評価点:
(5点満点)

23

  • DVD
ジャンル:

「エーゲ海の恋」 の解説・あらすじ・ストーリー

ギリシャ、中国、カナダを舞台に10年にわたる男女3人の関係を描いたラブストーリーの第10巻。ヤオシャンの容態が急変し、心臓移植を行うことに。しかし、そこに届けられた心臓の持ち主は…。第37話「親子の絆」から第40話「愛は永遠に」までを収録。

「エーゲ海の恋」 の作品情報

製作年: 2004年
製作国: 台湾
原題: 情定愛琴海/LOVE OF THE AEGEAN SEA

「エーゲ海の恋」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

エーゲ海の恋のシリーズ商品


1〜 10件 / 全10件

エーゲ海の恋 Vol.1

  • 旧作

『イヴのすべて』のチェリムと台湾スターのアレックス・スー、『着信アリ2』のピーター・ホーが共演したラブストーリーの第1巻。ギリシャで運命的に出会った男女3人の10年にわたる愛を描く。第1話「めぐり逢い」から第4話「すれ違い」までを収録。

収録時間: 字幕: 音声:
188分 日本語 1:ドルビーデジタル/モノラル/北京語
2:ドルビーデジタル/モノラル/日本語
レイティング: 記番: レンタル開始日:
VPBU17713 2005年11月23日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
14枚 0人 1人

エーゲ海の恋 Vol.2

  • 旧作

ギリシャ、中国、カナダを舞台に10年にわたる男女3人の関係を描いたラブストーリーの第2巻。音大生・シャオトンはなりゆきからヤオシャンとギリシャへ旅立ち、出会った御曹司・アンジーと惹かれ合う。第5話「帰国」から第8話「慰めのピアノ」までを収録。

収録時間: 字幕: 音声:
188分 日本語 1:ドルビーデジタル/モノラル/北京語
2:ドルビーデジタル/モノラル/日本語
レイティング: 記番: レンタル開始日:
VPBU17714 2005年11月23日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
12枚 1人 0人

エーゲ海の恋 Vol.3

  • 旧作

『イヴのすべて』のチェリムと台湾スターのアレックス・スー、『着信アリ2』のピーター・ホーが共演したラブストーリーの第3巻。シャオトンの薦めでヤオシャンがアンジーの運転手として職に就く。第9話「部長就任」から第12話「友情」までを収録。

収録時間: 字幕: 音声:
188分 日本語 1:ドルビーデジタル/モノラル/北京語
2:ドルビーデジタル/モノラル/日本語
レイティング: 記番: レンタル開始日:
VPBU17715 2005年11月23日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
13枚 0人 1人

エーゲ海の恋 Vol.4

  • 旧作

ギリシャ、中国、カナダを舞台に10年にわたる男女3人の関係を描いたラブストーリーの第4巻。シャオトンは叔父夫婦の借金返済のためアンジーに内緒でバイトを始め、ヤオシャンは彼女を影で支える。第13話「アルバイト」から第16話「誕生日」までを収録。

収録時間: 字幕: 音声:
188分 日本語 1:ドルビーデジタル/モノラル/北京語
2:ドルビーデジタル/モノラル/日本語
レイティング: 記番: レンタル開始日:
VPBU17716 2005年11月23日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
13枚 0人 0人

エーゲ海の恋 Vol.5

  • 旧作

『イヴのすべて』のチェリムと台湾スターのアレックス・スー、『着信アリ2』のピーター・ホーが共演したラブストーリーの第5巻。アンジーの母・メイリンが夫の不倫の苛立ちをシャオトンにぶつける。第17話「不倫への罠」から第20話「婚約者」までを収録。

収録時間: 字幕: 音声:
188分 日本語 1:ドルビーデジタル/モノラル/北京語
2:ドルビーデジタル/モノラル/日本語
レイティング: 記番: レンタル開始日:
VPBU17717 2005年11月23日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
13枚 0人 0人

エーゲ海の恋 Vol.6

  • 旧作

ギリシャ、中国、カナダを舞台に10年にわたる男女3人の関係を描いたラブストーリーの第6巻。アンジーはイーチェンに婚約解消を申し出る。その頃、シャオトンはアンジーの婚約者の存在を知り…。第21話「婚約解消?」から第24話「別離」までを収録。

収録時間: 字幕: 音声:
188分 日本語 1:ドルビーデジタル/モノラル/北京語
2:ドルビーデジタル/モノラル/日本語
レイティング: 記番: レンタル開始日:
VPBU17718 2006年01月25日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
10枚 0人 0人

エーゲ海の恋 Vol.7

  • 旧作

『イヴのすべて』のチェリムと台湾スターのアレック・スーとピーター・ホーが共演したラブストーリーの第7巻。3年後。シャオトンは上海で暮らし、アンジーはカナダでイーチェンと婚約披露宴を挙げる。第25話「上海へ」から第28話「うらはら」までを収録。

収録時間: 字幕: 音声:
188分 日本語 1:ドルビーデジタル/モノラル/北京語
2:ドルビーデジタル/モノラル/日本語
レイティング: 記番: レンタル開始日:
VPBU17719 2006年01月25日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
12枚 0人 0人

エーゲ海の恋 Vol.8

  • 旧作

ギリシャ、中国、カナダを舞台に10年にわたる男女3人の関係を描いたラブストーリーの第8巻。ヤオシャンはシャオトンの心が自分にないと痛感する。一方、シャオトンはアンジーを呼び出し…。第29話「真実の愛」から第32話「写真家への夢」までを収録。

収録時間: 字幕: 音声:
188分 日本語 1:ドルビーデジタル/モノラル/北京語
2:ドルビーデジタル/モノラル/日本語
レイティング: 記番: レンタル開始日:
VPBU17720 2006年01月25日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
8枚 0人 0人

エーゲ海の恋 Vol.9

  • 旧作

『イヴのすべて』のチェリムと台湾スターのアレック・スーとピーター・ホーが共演したラブストーリーの第9巻。シャオトンはアンジーと結ばれたことが噂となり心理的ショックでピアノが弾けなくなる。第33話「うわさ」から第36話「1万の願い」までを収録。

収録時間: 字幕: 音声:
188分 日本語 1:ドルビーデジタル/モノラル/北京語
2:ドルビーデジタル/モノラル/日本語
レイティング: 記番: レンタル開始日:
VPBU17721 2006年01月25日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
9枚 0人 0人

エーゲ海の恋 Vol.10

  • 旧作

ギリシャ、中国、カナダを舞台に10年にわたる男女3人の関係を描いたラブストーリーの第10巻。ヤオシャンの容態が急変し、心臓移植を行うことに。しかし、そこに届けられた心臓の持ち主は…。第37話「親子の絆」から第40話「愛は永遠に」までを収録。

収録時間: 字幕: 音声:
188分 日本語 1:ドルビーデジタル/モノラル/北京語
2:ドルビーデジタル/モノラル/日本語
レイティング: 記番: レンタル開始日:
VPBU17722 2006年01月25日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
10枚 0人 0人

1〜 10件 / 全10件

関連作品

ユーザーレビュー:23件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

1〜 5件 / 全23件

人それぞれの価値観

投稿日:2010/05/13 レビュアー:ともる

私には、1枚目で1敗イッパイでした。

このレビューは気に入りましたか? はい 0人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

序盤アレック・スー&チェリム、終盤ピーター・ホーで

投稿日:2009/04/07 レビュアー:シードリーフ

序盤(第1〜7話)はアレック・スーとチェリム2人の魅力がエーゲ海ロケと相まって爽やかな感じで展開。
しかし、その後は、アンジー母メイリン(フー・イーウェイ)らの現実的ではないような悪巧みが幅を利かせ過ぎ。主役ふたりが負けて沈んだキャラになっていく。脇のストーリーラインであるアンジー父リャンピン(スー・ダーシェン)、ホイウェン(チェン・ツーイン)の三角関係もドラマのお荷物のように重ったるい展開なので、中盤はやや調子が狂う。
さて、ピーター・ホー君お目当ての方に。正直言って、中盤までは物足らない印象。これはご本人が原因というよりドラマの進め方の問題。アンジーとシャオトンのふたりから一歩引いて遠巻きに絡むという役柄上どうしても印象がうすく、そのふたりの主役も周囲の策略に押されがちなので3人共倒れの感じ。その分、ホー君の出番といえば親父などとの騒々しい絡みなので、ますます中途半端に。
しかし、終盤(32話あたりから)からグッと彼の良さが発揮する。シャオトンへの恋心、アンジーへの友情、父親や弟分への思い、そして・・・、これらを演じながら優しさや哀しさを滲み出させ、アンジーとシャオトンの恋愛関係に代わって、彼がドラマを引っぱる存在になる。
ということで、序盤はアレック・スーとチェリムで。中盤はしっくりこないところもあるが退屈はしないでしょう。そして終盤からラストはピーター・ホー君で。

ぼくの採点☆☆☆★(65点)

― それから、このドラマ、まずアフレコ(声だけくっつけた感じ)の不自然さに慣れることが前提

このレビューは気に入りましたか? はい 0人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

序盤○、中盤△、終盤ピーター・ホー君○、ラストはうまく締めた

投稿日:2009/04/06 レビュアー:シードリーフ

序盤のアンジー(アレック・スー)とシャオトン(チェリム)がエーゲ海で出会い上海で再会するまでの展開は、スレ違いをうまく絡め、おふたりのさわやかキャラでまずまずの展開。
ところが中盤になって、アンジーは好感度アップの役得キャラが、いきなりマザコン・キャラに(別にそう狙って描いてるわけじゃないがそう見えてしまう)、シャオトンも明朗キャラから未練ひきずる泣き虫キャラに、ヤオシャン(ピーター・ホー)もこの関係に決定打がないまま絡むという、なんとも歯車の噛み合わないような展開に。ところがシャオトンの水難でまたまたアンジー君のご変身で、シャオトンとアンジーのお話がまた母親や婚約者の攻撃に合うというパターンに戻る。
ところが、ここらあたりから、ピーター・ホー君がドラマを救う。ヤオシャンの優しさや切なさが出てきて、やっと見せ場全開。ややアンジーとシャオトンのお話は食傷気味になっていたので、こちらはなかなか新鮮に映る。
そして意外なラスト。それまでのピリッとしない部分を救ったので★オマケ。
最終シーンは、今後の成り行きを暗示的に表現し、そのセンスは悪くなかった。
全体的にキャラ設定やストーリー運びが練れておらず、高得点とはいかないが、それなりにメリハリがあり。見終われば、一番員印象的だったのは最終コーナーを追い上げたピーター・ホー君。アレック・スー君は役得から役損、そして何とか最後に役得を取り戻したという感じ。チェリムは悲しい演技を精いっぱいしたが、彼女本来の魅力とはちょっと違う感じだった。


ぼくの採点☆☆☆★(65点)

― 殊勲賞は、追い上げたピーター・ホー君か、ゴール寸前差してきたアレック・スー君か、チェリムの先行逃げ切りか

このレビューは気に入りましたか? はい 0人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

ピーター・ホー君の見どころ

投稿日:2009/04/02 レビュアー:シードリーフ

アンジー(アレック・スー)の母親メイリン(フー・イーウェイ)の横暴ぶりが復活。シャオトン(チェリム)の指を負傷させ演奏会を台無しにするかと思えば、妊娠中のホイウェン(チェン・ツーイン)も怪我させ母胎の命かかわる事態を起こす。以前も、拉致、脅迫、監禁、薬物、偽装自殺と、よくもまぁシャバにいられると思うくらい非現実的な仕打ちを仕掛ける。それなのにシャオトンはアンジーに「おば様(メイリンのこと)を慰めて」と、まるでこれまでのお話が何だったのかというセリフが飛び出してしまう。
このドラマ、どうもその場その場で出来合いのように設定やお話を作っているようなので、ストーリーにもキャラクターにもあまり脈絡がない。
アンジーは、優しい常識家でスタートしたが、母親に付いたり婚約者に付いたり恋人側に付いたりと、今では優柔不断。
シャオトンは、ヤンチャで明朗快活なキャラでだったのが、今ではただ耐える女。
イーチェン(パオ・イーリン)はあどけなく正直なキャラで登場したのに、今やアンジーを陥れる策略家。
ヤオシャン(ピーター・ホー)は、荒くれキャラで登場したが、優しく潔く今や登場人物中一番のまとめ役。
というわけで、好転したのはピーター・ホー君ぐらいということになる。
驚くべきことは、メイリンがイーチェンと仲違して、いいものキャラに変身しそうな・・・!?

スト−リー展開は、シャオトンとアンジーのお話と、ヤオシャンのお話のふたつにクッキリ別れて展開するが、俄然ヤオシャンのお話の方にひかれる。父親との別れの場面はピーター・ホー君がぐっと印象的になったです。

ぼくの採点☆☆☆★(65点)

― ピーター・ホー君 いい味出してきた





このレビューは気に入りましたか? はい 2人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

あっという間に元のさや

投稿日:2009/04/02 レビュアー:シードリーフ

この巻の目玉はシャオトン(チェリム)とアンジー(アレック・スー)の新しい展開だが、ウ〜ム、どうもアンジーのキャラクターや気持ちの動き方がその場その場の出来合いみたいに作られて、今ひとつ感情移入しきれない。シャオトンを棄て母親メイリン(フー・イーウェイ)に寝返るのも、今度は逆にショオトンを選ぶのも、よほど死に関わるような事件が起きなきゃ動かないのか。そして、その後は、まるで何もなかったかのようにいともスンナリ新しい世界にはまり込む。この変化の描き方は、この男の性格を疑ってしまうくらい租雑。
これに比べてふたりの再出発を複雑な気持ちを抑えて応援するヤオシャン(ピーター・ホ−)の清々しいこと。そして、待ち受けるであろう運命を思えば、その哀切さも。

ぼくの採点☆☆☆★(65点)

― アレックス君の変わり身は仮面ライダーのピーター・ホー君も振りまわされとるような

このレビューは気に入りましたか? はい 0人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

1〜 5件 / 全23件

エーゲ海の恋

月額課金で借りる

都度課金で借りる