24 −TWENTY FOUR− シーズンIII

24 −TWENTY FOUR− シーズンIIIの画像・ジャケット写真

24 −TWENTY FOUR− シーズンIII / キーファー・サザーランド

全体の平均評価点:(5点満点)

678

全体の平均評価点:

DVD

TSUTAYA TV

見放題

動画ポイント利用可

「24 −TWENTY FOUR− シーズンIII」 の解説・あらすじ・ストーリー

DVD

TSUTAYA TV

見放題

動画ポイント利用可

解説・ストーリー

衝撃の事件から3年あまりが過ぎようとしている、午後1時。ロサンゼルス保険局の前に一体の死体が置き去りにされた。劣悪なウイルスに侵されたその死体は、政府機関に間もなく届く一本の“脅迫”の深刻さを物語る。「麻薬カルテルのボスを解放しなければ、致死性の高いウイルスをLA中にばら撒く」というものだ。テロ対策本部・CTUが厳重な警戒態勢に入ると同時に、ジャックは麻薬カルテルが拘束されている刑務所へと向かう――。 更なるスケールアップを果たし、待望のシーズン3が遂に日本上陸!!大統領を襲った前作の衝撃の結末の行方から引き継がれる史上最悪のテロに対し、ジャックの新たな闘いを刻々と刻む長き一日が始まる!! JAN:9999200625522

「24 −TWENTY FOUR− シーズンIII」 の作品情報

作品情報

製作年: 2003年
製作国: アメリカ
原題: 24

「24 −TWENTY FOUR− シーズンIII」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

関連作品

関連作品

Hawaii Five−0 シーズン2

イン アマゾン アナザーストーリー II

パーソン・オブ・インタレスト <セカンド・シーズン>

パッセンジャー57

ユーザーレビュー:678件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

1〜 5件 / 全678件

24 ネタバレ

投稿日:2014/10/10 レビュアー:片山刑事

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

 バイオテロの脅威があるぞってんで、ジャック・バウアー今回も奮闘します。

 南米の麻薬カルテルのボスを捕まえたと思ったら、組織に潜入するためにまたジャックが潜入しようとするために囚人であるボスを逃がしたり。そこでバレるかバレないかのサスペンスがあったり。生物兵器の競売相手がシーズン1からの因縁の相手のニーナ・マイヤーズだったり。
 生物兵器を何とか奪おうとするジャックたちの一足先を行くテロ組織。いよいよホテルでばらまかれるのか大丈夫なのかのハラハラドキドキ。
 そしていつも通り大統領の周りで起こるスキャンダル。しっかりせえ! と説教したくなります。ほいでもみ消そうとして悪には悪だと対抗しようとすると案の定泥沼にハマっていくという。そのスパイラルっぷりが面白いです。どんどん死んでいきます。
 
 ほいでウィルスの感染の恐怖だったり、味方の中に裏切り者がいるんじゃないのか? っつういつもの人間の疑心暗鬼ぷり。
 あいまに、誰かの赤ん坊問題だったりどうでもいいような問題が発生したり。

 ラストのラストである奥さんが重要な人物を撃っちゃいますが。そこの警備、CTUどうなってるんだという相変わらずのゆるゆるっぷりだったり。
 ライアン・シャペル可哀想すぎるぞ、と思いながら見ていました。

 基本、テロとの戦いと大統領の弟やら元妻やらのスキャンダル問題の2つで話が展開するので、どんどんと進行する相変わらずの内容ですが。無駄な話がないので緊迫感ある24話で楽しく見ることができました。 

このレビューは気に入りましたか? 2人の会員が気に入ったと投稿しています

疲れる…。

投稿日:2014/04/02 レビュアー:‡BUNNY‡

見てると疲れてくる…。

このレビューは気に入りましたか? 1人の会員が気に入ったと投稿しています

ぼのぼの

投稿日:2011/01/28 レビュアー:青侍

相変わらず登場人物の多さと無駄なやり取りシーンの多さには嫌気がさす。
また1シリーズ&2シリーズに比べ明らかにパワーダウンしてる。
何故かキムが普通にCTUで働いていたり・・・。(笑)
親が殺された場所(CTU)で普通に働けてるって頭逝かれてるとしか言いようがない。

このレビューは気に入りましたか? 0人の会員が気に入ったと投稿しています

一難去ってまた一難

投稿日:2010/12/07 レビュアー:ぽんぽん玉

初めに。。。
シーズン7に向けての復習で再視聴のレビューです。

なんだか、デイビッド・パーマー政権に暗雲が立ちこめています。
【率直】【高潔】を掲げ大統領になったデイビッド。
しかしながら手に負えなくなるとシェリーに泣き付き、今回は【テロには屈しない】という基本原則すら破りシャペルを殺害。
当初のような明るい政治を望めなくなっている。これでは根底にある物が音を立てて崩れ去ったとしか言いようがない。

などと真面目な事を書いてみたけど、今ディスクで1番気になったのはトニーの言動。
トニー、オロオロしすぎです。
トニー、ソワソワしすぎです。
トニー、メソメソしすぎです。
これだから男って奴は。。。
いざとなると女の方が強いのかしらね^^;

このレビューは気に入りましたか? 1人の会員が気に入ったと投稿しています

悪役のいない24

投稿日:2010/12/07 レビュアー:ぽんぽん玉

初めに。。。
シーズン7に向けての復習で再視聴のレビューです。

今作品、よくよく見ると根っからの悪人が少ない。
敵であっても人間味があって憎めないキャラが多い。
シェリーやニーナにも同情すべき点があるし、一見悪役であってもヘクターのクラウディアへの愛は本物。
前作で言うなら、【嫌な上司】の代名詞であったジョージ・メイソンも最後は【良い奴】として華々しく散りました。
そして今回、最大の【嫌な上司】であるライアン・シャペルにスポットが当たりました。
いつもいつも嫌味を言いながら部下のケツを叩いて回っているだけの印象が強かったシャペル。
「私は今、金の流れを追っている」
。。。って、初めて仕事らしい事してた 笑
そうしたら早速目をつけられて。。。不憫なお方(T_T)
しかしながら、規則に厳しいシャペルもホテルに薬を届けようとするトニーを止めなかったり、トニーが首を撃たれた時にはミッシェルをいたわる素振りも見せました。
やっぱり、根っからの【嫌な上司】ではない。
「なんだ。やっぱり良い奴じゃん」と思わせた時が死に時という24独特の流れはなんとも皮肉ですが。。。

このレビューは気に入りましたか? 1人の会員が気に入ったと投稿しています

1〜 5件 / 全678件

24 −TWENTY FOUR− シーズンIII

ユーザーレビュー

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

ユーザーレビュー:678件

24

投稿日

2014/10/10

レビュアー

片山刑事

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

 バイオテロの脅威があるぞってんで、ジャック・バウアー今回も奮闘します。

 南米の麻薬カルテルのボスを捕まえたと思ったら、組織に潜入するためにまたジャックが潜入しようとするために囚人であるボスを逃がしたり。そこでバレるかバレないかのサスペンスがあったり。生物兵器の競売相手がシーズン1からの因縁の相手のニーナ・マイヤーズだったり。
 生物兵器を何とか奪おうとするジャックたちの一足先を行くテロ組織。いよいよホテルでばらまかれるのか大丈夫なのかのハラハラドキドキ。
 そしていつも通り大統領の周りで起こるスキャンダル。しっかりせえ! と説教したくなります。ほいでもみ消そうとして悪には悪だと対抗しようとすると案の定泥沼にハマっていくという。そのスパイラルっぷりが面白いです。どんどん死んでいきます。
 
 ほいでウィルスの感染の恐怖だったり、味方の中に裏切り者がいるんじゃないのか? っつういつもの人間の疑心暗鬼ぷり。
 あいまに、誰かの赤ん坊問題だったりどうでもいいような問題が発生したり。

 ラストのラストである奥さんが重要な人物を撃っちゃいますが。そこの警備、CTUどうなってるんだという相変わらずのゆるゆるっぷりだったり。
 ライアン・シャペル可哀想すぎるぞ、と思いながら見ていました。

 基本、テロとの戦いと大統領の弟やら元妻やらのスキャンダル問題の2つで話が展開するので、どんどんと進行する相変わらずの内容ですが。無駄な話がないので緊迫感ある24話で楽しく見ることができました。 

疲れる…。

投稿日

2014/04/02

レビュアー

‡BUNNY‡

見てると疲れてくる…。

ぼのぼの

投稿日

2011/01/28

レビュアー

青侍

相変わらず登場人物の多さと無駄なやり取りシーンの多さには嫌気がさす。
また1シリーズ&2シリーズに比べ明らかにパワーダウンしてる。
何故かキムが普通にCTUで働いていたり・・・。(笑)
親が殺された場所(CTU)で普通に働けてるって頭逝かれてるとしか言いようがない。

一難去ってまた一難

投稿日

2010/12/07

レビュアー

ぽんぽん玉

初めに。。。
シーズン7に向けての復習で再視聴のレビューです。

なんだか、デイビッド・パーマー政権に暗雲が立ちこめています。
【率直】【高潔】を掲げ大統領になったデイビッド。
しかしながら手に負えなくなるとシェリーに泣き付き、今回は【テロには屈しない】という基本原則すら破りシャペルを殺害。
当初のような明るい政治を望めなくなっている。これでは根底にある物が音を立てて崩れ去ったとしか言いようがない。

などと真面目な事を書いてみたけど、今ディスクで1番気になったのはトニーの言動。
トニー、オロオロしすぎです。
トニー、ソワソワしすぎです。
トニー、メソメソしすぎです。
これだから男って奴は。。。
いざとなると女の方が強いのかしらね^^;

悪役のいない24

投稿日

2010/12/07

レビュアー

ぽんぽん玉

初めに。。。
シーズン7に向けての復習で再視聴のレビューです。

今作品、よくよく見ると根っからの悪人が少ない。
敵であっても人間味があって憎めないキャラが多い。
シェリーやニーナにも同情すべき点があるし、一見悪役であってもヘクターのクラウディアへの愛は本物。
前作で言うなら、【嫌な上司】の代名詞であったジョージ・メイソンも最後は【良い奴】として華々しく散りました。
そして今回、最大の【嫌な上司】であるライアン・シャペルにスポットが当たりました。
いつもいつも嫌味を言いながら部下のケツを叩いて回っているだけの印象が強かったシャペル。
「私は今、金の流れを追っている」
。。。って、初めて仕事らしい事してた 笑
そうしたら早速目をつけられて。。。不憫なお方(T_T)
しかしながら、規則に厳しいシャペルもホテルに薬を届けようとするトニーを止めなかったり、トニーが首を撃たれた時にはミッシェルをいたわる素振りも見せました。
やっぱり、根っからの【嫌な上司】ではない。
「なんだ。やっぱり良い奴じゃん」と思わせた時が死に時という24独特の流れはなんとも皮肉ですが。。。

1〜 5件 / 全678件