深紅の画像・ジャケット写真

深紅 / 内山理名

全体の平均評価点:(5点満点)

59

全体の平均評価点:

予告編を検索

DVD

旧作

ジャンル :

「深紅」 の解説・あらすじ・ストーリー

DVD

旧作

解説・ストーリー

修学旅行中の小学生・秋葉奏子は、家族が事故に遭ったという知らせを聞き、タクシーで4時間かけて病院に駆けつけた。そして、両親と2人の弟が都築則夫という男に惨殺されたことを知らされる。以来、奏子は家族の死体と対面するまでの出来事をリアルタイムに追体験する“空白の4時間”の発作に襲われるようになってしまう。8年後、大学生になった奏子は、都築に死刑判決が下りることを知る。そして、都築の娘・未歩に興味を抱いた奏子は、素性を隠したまま未歩に近づいていくのだった…。

「深紅」 の作品情報

作品情報

製作年:

2005年

製作国:

日本

原題:

The deep red

「深紅」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

キャスト・スタッフ

脚本:

野沢尚野沢尚

原作:

野沢尚野沢尚

撮影:

鈴木達夫

音楽:

沢田完沢田完

関連作品

関連作品

熱中時代

アルゼンチンババア〜みつこの夏〜

透光の樹

ハングリー!

ユーザーレビュー:59件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

1〜 5件 / 全59件

なかなかの作品でした

投稿日:2016/02/11 レビュアー:フリッカー

脚本が故 野沢尚。監督の腕もいい。若い二人、いや三人の女優もよかった。文句なく邦画でお勧めできる作品です。
モデルがあの練馬の一家惨殺事件だそうですが、被害者加害者の家族がであったとしたらどうなるのか?そんなことを考えさせてくれるものです。この作品では、ともに天涯孤独となった双方の家族(一人娘)が出会ったことによってストーリーが進んでいくのですが、ともに人生に苦しんでいく宿命を背負っていくのでしょうか?タイトルの深紅(ディープレッド)はひと時も休まることのない心のありようを表しているように感じます。真っ赤な色の映像の使い方が印象的でした。

このレビューは気に入りましたか? 0人の会員が気に入ったと投稿しています

空回り

投稿日:2015/08/11 レビュアー:ちあき

中途半端な作品ですね。深刻さを売りにしたいのでしょうが、空回りばかりしている気がします。
W主演がよくないのかも・・・

このレビューは気に入りましたか? 0人の会員が気に入ったと投稿しています

自分自身の新なスタート

投稿日:2014/03/15 レビュアー:ミッキー

一家惨殺事件で唯一生き残った娘が犯人(死刑確定)の娘に近づく。
同じ年の二人は親友の様に装うがお互いに心は見せていない。
家族を殺された娘は、殺人犯の子として生きた来た娘の不幸を願うが、
彼女自身「自分の不幸」を願って生きたいた。

そんな彼女の苦しみを理解した時、憎しみは消えて自分自身が新にスタートを切る事が出来る様になった。

このレビューは気に入りましたか? 0人の会員が気に入ったと投稿しています

深い・・・ ネタバレ

投稿日:2011/11/05 レビュアー:八鳥案

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

深い内容の映画ですね。浅はかな私には主人公が何をしたいのか、どんな気持ちなのか最後までわかりませんでした。あと、ラストのキスシーンも「何で?」って感じでした。

このレビューは気に入りましたか? 0人の会員が気に入ったと投稿しています

まぁ ネタバレ

投稿日:2010/06/15 レビュアー:RUMIKO

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

最後はそうくるよなって感じですかね。
なんか面白かったとも思うし、
つまらなかったという感じもする。
若い女優さんの演技力のなさからでしょうか。
複雑です。
緒方直人の犯人ぶりが、やっぱウマイわと思いましたね。

このレビューは気に入りましたか? 0人の会員が気に入ったと投稿しています

1〜 5件 / 全59件

深紅

ユーザーレビュー

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

ユーザーレビュー:59件

なかなかの作品でした

投稿日

2016/02/11

レビュアー

フリッカー

脚本が故 野沢尚。監督の腕もいい。若い二人、いや三人の女優もよかった。文句なく邦画でお勧めできる作品です。
モデルがあの練馬の一家惨殺事件だそうですが、被害者加害者の家族がであったとしたらどうなるのか?そんなことを考えさせてくれるものです。この作品では、ともに天涯孤独となった双方の家族(一人娘)が出会ったことによってストーリーが進んでいくのですが、ともに人生に苦しんでいく宿命を背負っていくのでしょうか?タイトルの深紅(ディープレッド)はひと時も休まることのない心のありようを表しているように感じます。真っ赤な色の映像の使い方が印象的でした。

空回り

投稿日

2015/08/11

レビュアー

ちあき

中途半端な作品ですね。深刻さを売りにしたいのでしょうが、空回りばかりしている気がします。
W主演がよくないのかも・・・

自分自身の新なスタート

投稿日

2014/03/15

レビュアー

ミッキー

一家惨殺事件で唯一生き残った娘が犯人(死刑確定)の娘に近づく。
同じ年の二人は親友の様に装うがお互いに心は見せていない。
家族を殺された娘は、殺人犯の子として生きた来た娘の不幸を願うが、
彼女自身「自分の不幸」を願って生きたいた。

そんな彼女の苦しみを理解した時、憎しみは消えて自分自身が新にスタートを切る事が出来る様になった。

深い・・・

投稿日

2011/11/05

レビュアー

八鳥案

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

深い内容の映画ですね。浅はかな私には主人公が何をしたいのか、どんな気持ちなのか最後までわかりませんでした。あと、ラストのキスシーンも「何で?」って感じでした。

まぁ

投稿日

2010/06/15

レビュアー

RUMIKO

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

最後はそうくるよなって感じですかね。
なんか面白かったとも思うし、
つまらなかったという感じもする。
若い女優さんの演技力のなさからでしょうか。
複雑です。
緒方直人の犯人ぶりが、やっぱウマイわと思いましたね。

1〜 5件 / 全59件