ロスト・イン・トランスレーション

ロスト・イン・トランスレーションの画像・ジャケット写真
ロスト・イン・トランスレーション / ビル・マーレイ
全体の平均評価点:
(5点満点)

203

  • DVD
  • 映画賞受賞作品
ジャンル:

「ロスト・イン・トランスレーション」 の解説・あらすじ・ストーリー

ウィスキーのコマーシャル撮影のため来日したハリウッド・スターのボブ。彼は滞在先である東京のホテルに到着すると、日本人スタッフから手厚い歓迎を受けるが、異国にいる不安や戸惑いも感じ始めていた。さらに、息子の誕生日の不在を責める妻からのFAXが届き、時差ボケと共に気分が滅入ってしまう。一方、同じホテルにはフォトグラファーの夫ジョンの仕事に同行してきた若妻シャーロットが滞在中。彼女は新婚にもかかわらず多忙な夫にかまってもらえず、孤独を感じていた。ホテルで何度か顔を合わせた2人は、やがて言葉を交わすようになる…。

「ロスト・イン・トランスレーション」 の作品情報

製作年: 2003年
製作国: アメリカ
原題: LOST IN TRANSLATION
受賞記録: 2003年 アカデミー賞 脚本賞
2003年 ゴールデン・グローブ 作品賞(コメディ/ミュージカル)
2003年 NY批評家協会賞 男優賞
2003年 LA批評家協会賞 男優賞

「ロスト・イン・トランスレーション」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

ロスト・イン・トランスレーションの詳細

  • 旧作
収録時間: 字幕: 音声:
102分 日本語 1:ドルビーデジタル/ステレオ/英語
2:ドルビーデジタル/ステレオ/日本語
レイティング: 記番: レンタル開始日:
AFD10766 2004年12月03日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
42枚 3人 5人

関連作品

ユーザーレビュー:203件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

1〜 5件 / 全203件

・・つ・・まんない・・・

投稿日:2020/08/10 レビュアー:田舎のおばちゃん

何度も意識が遠のいた。
最後まで分かんない話だった。

このレビューは気に入りましたか? はい 0人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

家庭をもつ人間の心にひびく

投稿日:2016/10/17 レビュアー:aki

この映画を観たのは2回目。自分の受け取り方が全然違ったことに驚いた。
1度目は、大学院生の時。院生として、わりと自由に過ごしていて、それなりにステキな彼氏が居て、就活もうまくいって、未来の自分に理由もなく自信を持っていた。当時は、オシャレでスタイリッシュな映画、という感覚で観ていて、ヨハンソンの着ていたコートが可愛くて色違いのものを買った。
2度目は、社会人10年目、結婚もして、2歳の子供がいて、仕事や家庭の難しさを感じながら生活している時。自分の本音をごまかしながら、迷いながら過ごしている自分とビルマリー、ヨハンソンがシンクロして、最後のシーンでは号泣してしまった。
誰もがなんらかの迷いや寂しさわ感じながら、それでも何かを信じて過ごしているんだな、と感じた作品。

このレビューは気に入りましたか? はい 0人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

オ・モ・テ・ナ・シ

投稿日:2016/04/17 レビュアー:daichan

心にしみるラブストーリーでした。面白かったです。
スカーレット・ヨハンソンの寂しげなキュートさと、ビル・マーレイの(中年男だからスケベはスケベなんだろうけど)それは表に出さず、きちんとおさえつつも、あふれ出すところ。
ふたりともアメリカから来た異邦人。東京の街を一望できる高級ホテルに何日も宿泊しているのに寂しい、つらい、眠れない。街に出てみるけど、日本人とは心が通じあえない。ていうか日本人が嫌いだ。スシはまだいいとして、しゃぶしゃぶは最悪だ!(食べ方くらい店員さんが教えないとね)「二度と東京には来ない。今回が楽しすぎて。」という彼女のセリフは日本人としては痛かった。
東京オリンピックもあることだし、また来たいとおもわせるにはどういうオ・モ・テ・ナ・シがいいのかなー、と考えました。

このレビューは気に入りましたか? はい 0人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

スカーレット・ヨハンソンが清純派でした。

投稿日:2015/06/11 レビュアー:カマンベール

ビル・マーレーって随分、背が高いんですね。
ホテルは多分、パークハイアットだったかと思うのですが、
シャワーが低くて、身体を斜めにしてお湯をかけていたのが、
印象的でしたね。

ハリウッドスターのビル・マーレーがサントリー・ウィスキーの
CM撮影のための日本滞在です。
スカーレット・ヨハンソンは、若妻。
夫のカメラマンの仕事にくっ付いて東京へ。
夫は彼女を残して京都撮影旅行へ。
異国で、手持ち無沙汰で孤独な2人は、何のことの無い会話や、
バーでお酒を飲んだり、淡い交流を、見てる私は、何時の間にか
応援しています。
異国の寂寥感なのでしょうか?じれったいけれど、そこがとても
イイ感じ・・・なのです。

それにしても、出てくる日本人がみんな変!
マトモな日本人はいないのか?と言いたくなります。
どうしてこう、品の無い、チンケな日本人しか出て来ないのでしょう?
これが、白人種に見えている東洋人なのでしよう。

これが現実でしょうね。

このレビューは気に入りましたか? はい 2人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

オシャレな映画を見た

投稿日:2014/11/13 レビュアー:かっちょん☆

感想は、・・・うーん、なんとも言えない。
良くもなく、悪くもなく。

テレビで、この映画は日本での外国人2人の孤独とかを描いてると言ってた。
突き詰めれば、ほんとにそれだけという感じもした。

オシャレな若者向のオシャレ映画。
オシャレではない私にはちょっとキツイ。

ヒロインの服は、可愛かった。
めちゃめちゃソフィア・コッポラ。

東京が舞台だけど、違和感がした。
おそらく、外国人から見た東京の描写。
それが、日本人の私には奇妙だった。
「そうか、日本は外国から見ればこうなんだ」

それだけの感想。

このレビューは気に入りましたか? はい 0人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

1〜 5件 / 全203件

ロスト・イン・トランスレーション

月額課金で借りる

都度課金で借りる