荒神

荒神の画像・ジャケット写真
荒神 / 大沢たかお
全体の平均評価点:
(5点満点)

52

  • DVD
ジャンル:

「荒神」 の解説・あらすじ・ストーリー

遠い昔の日本。そこは、天狗が出ると噂されるとある山奥の古寺。ある日、いくさで瀕死の重傷を負った一人の侍がこの寺に逃げ込んできた。寺の主は、この侍を助け介抱する。傷を手当てし、食事を出し酒を振る舞う。やがて侍は傷も癒え、元気を取り戻す。それを待っていたかのように、寺の主は話し始める。主は、自分は人間でなく戦いの神“荒神”だと名乗り、介抱してあげた見返りに自分を殺してくれと依頼する。長い間、自分を討ち倒してくれる相手を待っていたという。にわかには信じることの出来ない侍だったが…。

「荒神」 の作品情報

製作年: 2002年
製作国: 日本

「荒神」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

荒神の詳細

  • 旧作
収録時間: 字幕: 音声:
79分 1:ドルビーデジタル/5.1chサラウンド/日本語
2:DTS/5.1chサラウンド/日本語
3:ドルビーデジタル/ステレオ/日本語
レイティング: 記番: レンタル開始日:
GNBR1011 2004年01月23日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
8枚 1人 0人

関連作品

ユーザーレビュー:52件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

1〜 5件 / 全52件

ひたすらチャンバラをしたかった!という映画?

投稿日:2020/07/02 レビュアー:えっつい

これだけじっくり、チャンバラを撮影する映画として拝見すると、面白かったです。
ただ、もう少し「るろうに剣心」くらいのスピード感が所々にあると、メリハリがついて引き込まれたかも。。。とおもったりもしました。

役者さんは、お二人ともとてもいい。
大沢さんの最後の狂気の顔など、振り切って演技されていて、凄いなと思います。
Etsi拝

このレビューは気に入りましたか? はい 0人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

荒神ネタバレ

投稿日:2014/10/13 レビュアー:片山刑事

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

 山奥の廃寺に傷だらけの侍が助けを求めて逃げてきて、寺の主に介抱される。寺の主は戦の神の荒神で自分じゃ死ねないから殺してくれと戦いを挑んでくる。

 時代劇というより「マジかよ」とか言っちゃういヴィジュアル重視のアクション映画で、この世界観を受け入れないと、そもそも見て見てるのがキツいと思いました。
 それを鑑みても、70分とこの内容じゃチト長くて、ラスト20分までアクションシーンはほとんどなくて北村監督作品お得意のギャグが挿入されて戸惑うという。しかもここは面白いんですよー、という音楽が流れるのが余計笑えなかったです。

 傷を治した侍が食事をして「ここには天狗がいるんだ。それをはオレだ」云々な会話があり、それを信じない侍。本気の荒神のやりとり。何回、お酒飲みながら荒神の説明をするんだろう? 
 肝心のアクションシーンも20分も2人だけでシャキーン! シャキーン! というのを見せられてもだいぶ退屈感に襲われてしまいました。

 結局、復活した侍は宇宙人だったのかな? と疑問が残る映画でした。
 

このレビューは気に入りましたか? はい 0人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

いつのことであったか はや さだかではないが

投稿日:2013/01/25 レビュアー:ちびた

降りしきる雨の中
扉をたたく音が
堂の内に 響きわたる

大方は落ち武者のたぐいであろうが
力任せに押し入ってこぬところを見ると
手負い
それも 深手か

やがて力尽き 去ぬるであろうと
捨て置いたが
いっかな音は止まぬ

久々の気散じになるやもしれぬ
扉を開いて 入れてやるが良い
ささ 入れてやるが良い

― − ― − ― − ―

そこここに 
梵字を書き散らした 堂の内に
荒神が吐き出した
暗喩が満ちていく

満ちて
飽和した
意味を切り裂くのは


ジャリ と聞こえる
刃が 刃を噛む

散る火花
焼けた
鋼の 臭い

身じろぎもせずに
座る女の
両のまなこは
戦いの
一部始終を
視る

このレビューは気に入りましたか? はい 3人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

うむ。ネタバレ

投稿日:2012/09/20 レビュアー:

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

大まかなストーリーや設定などは良かったと思いますが、もう少し内容がほしいなぁと思いました。
細かい設定は、本当にざっくりで演じる人、撮る人は本当に楽しんで撮ったんでしょう。

宮本武蔵ってとこはちょっと(かなり?)びっくりしましたがw
実在してる人じゃない方が面白かったんじゃないかと。

それなりに楽しめたので良かったです!
映画は娯楽♪

このレビューは気に入りましたか? はい 0人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

おれ?宮本武蔵だよ

投稿日:2012/02/06 レビュアー:プロデューサー目線

これすっごい面白いですね、と言うのも・・大きめの会議室みたいなセットが1つと、のべ5人のキャスト、うち2人は話の前後で1-2分しか出てこないので、実質3人。頑張れば1週間位で撮れちゃいそうな映画です。現に北村監督作、この年コレやあずみ(上)など4本の公開をしています。
類似例で制作費が約3000万、普通の映画の1/10、ハリウッドの1/100位でしょうか!恐るべしVシネマ仕込み。

面白いのはココからなんです、ちょっと試し算してみました。劇場公開やセル売りは殆どダメ、損が無ければOK、まぁ宣伝代わりに世に名前が出る位の効果があれば良しとしましょう。
気になるのはレンタルのセル売り、ツ☆ヤとゲ★の店舗がそれぞれ1300強つつあり、他のマイナーも含め約3000店あるとします。レンタルセルはだいたい1本1万円ですがら、店舗に1枚つつ配布するだけで、前出の3000万ペイしちゃうんですね、後は2社の担当者を韓国ズブズブ肉風呂ツアー、あ、間違え、韓国撮影所見学ツアーに招待して2本になれば+3000万で次の撮影代、3本になれば+6000万で多分20人位と思われるスタッフに臨時ボーナス配れるし、ボーナス配らなければフェラーリとか買える訳です。一晩で100万位なら安いもんです。後はパブリシティ対応、新作発表会と称して影響あるライターを六本木のキャバクラに、あ、間違え、プレスセンターに集め、帰りにお車代3万飽んであげれば、悪い記事は一切出てこないです。念の為渡してる処ビデオに撮っとけばのちのち再利用出来ますしね。専門じゃないので数字とか手法とか場所とかw適当に誤差アリと思いますがいろいろ面白そうですね。

ちなみにカニバリズムについて触れた映画、海外では生存の為の「生きてこそ」とか、ドクターの悪趣味の「ハンニバル」とか、儀式としての「アポカリプト」とかありますけど、国内の映画で見たのはコレが初めてかも、あの膳のどの皿だったんだろう?。今回はくどい説明付きなので長くなりました。

- - 時代劇の復活を切望中 - -

このレビューは気に入りましたか? はい 1人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

1〜 5件 / 全52件

荒神

月額課金で借りる

都度課金で借りる