1. DVDレンタルTOP
  2. すべてのジャンル
  3. 洋画のDVDレンタル
  4. SFのDVDレンタル
  5. E.T. −SPECIAL EDITION−

E.T. −SPECIAL EDITION−

E.T. −SPECIAL EDITION−の画像・ジャケット写真

E.T. −SPECIAL EDITION− / ヘンリー・トーマス

全体の平均評価点:(5点満点)

94

全体の平均評価点:

予告編を検索

DVD

旧作

ジャンル :

「E.T. −SPECIAL EDITION−」 の解説・あらすじ・ストーリー

DVD

旧作

解説・ストーリー

遥か宇宙の彼方から地球探査にやってきた地球外の知的生物“E.T.”。ひょんなことから仲間の宇宙船に乗り遅れた彼は一人地球に取り残されてしまった。10才のエリオット少年はある夜、庭でなんとも奇妙な外見をしたそのE.T.と遭遇する。ふたりはテレパシーで心を通わすことができた。でも、E.T.を見たとエリオットが家族に言っても誰も信じてくれない。その一方でNASAの科学者が逃げ遅れたE.T.を探していた。そして、彼はついに発見され収容されてしまう。それを知ったエリオットは、E.T.をもとの星に返してあげようと必死の努力をする。

「E.T. −SPECIAL EDITION−」 の作品情報

作品情報

製作年:

2002年

製作国:

アメリカ

原題:

E.T. THE EXTRA− TERRESTRIAL: THE 20th AN

「E.T. −SPECIAL EDITION−」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

関連作品

関連作品

ジョーズ

エンカウンター 地球外侵略者

スティーブン・キングのデスペレーション

THE LOST 失われた黒い夏

ユーザーレビュー:94件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

1〜 5件 / 全94件

トモダチ

投稿日:2021/12/16 レビュアー:なゆ(21)デンゲリ

 今まで観ていなかったこの有名作品。

 ……うん、少年とエイリアンの友情というか交流というか、いい話だとは思う。
 だけどなんだか響かない。

 いい話だとは思うんだけど、どうにもそこまでって感じで終わってしまった。

このレビューは気に入りましたか? 0人の会員が気に入ったと投稿しています

小学生の時に連れて行ってもらえなかった映画

投稿日:2017/08/12 レビュアー:金時山のたぬき

40代にしてようやく観ることが出来た映画。当時としてはすごかったのだろう。今観てもETはかわいらしいし空飛ぶ自転車は夢。

このレビューは気に入りましたか? 0人の会員が気に入ったと投稿しています

指を合わせるシーンがない

投稿日:2017/02/10 レビュアー:ヒイロフィッシュ

当時日本でもパロディがバラエイティなどをテレビでやっていたし、周りの子供もパロディだけは知っていました。
古い映画なので、余り見る気になれなかったのですが、スピルバーグ作品が面白いので、
その関連で見てみました。
影と光をうまく使っているなとは思いましたが、残念ながら今見ると凡作です。
当時の子供たちはこれを見て熱狂していたんだなとは思います。

このレビューは気に入りましたか? 0人の会員が気に入ったと投稿しています

美しい虹

投稿日:2015/08/17 レビュアー:趣味は洋画

(1982年版としてレビューさせていただきます)
この映画は、ファンタジー、アドベンチャー、SF、そしてユーモアの要素がバランス良く配合された名作で、「E.T.」が心優しく友好的という設定の妙が、観客の心を掴み大ヒットした。

郊外の新興住宅地に家族と住む10歳のエリオット(ヘンリー・トーマス)は、ある日、自宅の物置に隠れていた宇宙人を見つけ、自分の部屋へ招き入れる。その日から、エリオットとE.T.の奇妙な生活が始まるが、幸せな日々は長く続かず、やがて別れの日を迎える...
宇宙人を描いたSF映画といえば、‘侵略もの’と相場が決まっているほど、地球人と宇宙人の対決映画は過去に数多く作られている。
だが、本作は地球人の子供と、地球のホームレスとなった宇宙人の心温まる交流を描き、映画史に残る名作となった。
公開後、わずか31日間で1億ドルを超す配給収入があったというから驚きだ。最終的には、それまで歴代1位の77年「スター・ウォーズ」(ジョージ・ルーカス監督)を抜いてトップの座に就いている。

E.T.を自転車の前かごに積んだエリオットが、E.T.の超能力で空を飛ぶシーンは特に忘れがたく、メリッサ・マシスンの繊細な脚本とジョン・ウィリアムスのスコアが抜群の効果をもたらしている。

このレビューは気に入りましたか? 2人の会員が気に入ったと投稿しています

E.T.  ネタバレ

投稿日:2014/12/31 レビュアー:片山刑事

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

 地球に取り残された宇宙人と宇宙人をかくまって交流する少年たちの話。

 冒頭、台詞がなく地球を探索するエイリアンと彼らの存在を知っているかのような行動をとる人間たちが描かれて、主人公の少年が物置でエイリアンを発見して誰も信じてもらえず、マーブルチョコでおびき寄せて、宇宙人をかくまうことに。お兄ちゃんと妹の協力をとりつつ。

 少年と宇宙人の体調がリンクしているらしく、宇宙人が家でアルコールを摂取すると学校でカエルの解剖していると酔っぱらった主人公がカエルを逃がして大騒ぎに。
 なぜ、少年と宇宙人の体調がリンクしているのかとか説明がなかったり、宇宙人を探す謎の大人たちの説明も一切なくて、登場人物は必要最低限で描くのは主人公と宇宙人の友情の一点突破で、それが感動的に描かれていたと思います。無駄を省いて、面白い映画が見られました。

 宇宙人が宇宙に電話するためにお手製の無線みたいなのを作って、ハロウィンの仮装に紛れて外に出て宇宙船と交信する。眠ってしまった主人公が起きると宇宙人の姿がない。宇宙人は体調が弱っていて、主人公も弱っている。そして少年は助かるけど、宇宙人は……。

 ここからクライマックスのチャリンコの追いかけっこ。最初は信じてなかった主人公の友人たちも一緒になって大人たちから逃げる。ここの疾走感ったらないです。

 ジョン・ウィリアムズ御大も盛り上がること間違いなくて、特に通信するために森をチャリンコで走るシーンなんかは最高にテンションあがる映画でした。

このレビューは気に入りましたか? 2人の会員が気に入ったと投稿しています

1〜 5件 / 全94件

E.T. −SPECIAL EDITION−

ユーザーレビュー

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

ユーザーレビュー:94件

トモダチ

投稿日

2021/12/16

レビュアー

なゆ(21)デンゲリ

 今まで観ていなかったこの有名作品。

 ……うん、少年とエイリアンの友情というか交流というか、いい話だとは思う。
 だけどなんだか響かない。

 いい話だとは思うんだけど、どうにもそこまでって感じで終わってしまった。

小学生の時に連れて行ってもらえなかった映画

投稿日

2017/08/12

レビュアー

金時山のたぬき

40代にしてようやく観ることが出来た映画。当時としてはすごかったのだろう。今観てもETはかわいらしいし空飛ぶ自転車は夢。

指を合わせるシーンがない

投稿日

2017/02/10

レビュアー

ヒイロフィッシュ

当時日本でもパロディがバラエイティなどをテレビでやっていたし、周りの子供もパロディだけは知っていました。
古い映画なので、余り見る気になれなかったのですが、スピルバーグ作品が面白いので、
その関連で見てみました。
影と光をうまく使っているなとは思いましたが、残念ながら今見ると凡作です。
当時の子供たちはこれを見て熱狂していたんだなとは思います。

美しい虹

投稿日

2015/08/17

レビュアー

趣味は洋画

(1982年版としてレビューさせていただきます)
この映画は、ファンタジー、アドベンチャー、SF、そしてユーモアの要素がバランス良く配合された名作で、「E.T.」が心優しく友好的という設定の妙が、観客の心を掴み大ヒットした。

郊外の新興住宅地に家族と住む10歳のエリオット(ヘンリー・トーマス)は、ある日、自宅の物置に隠れていた宇宙人を見つけ、自分の部屋へ招き入れる。その日から、エリオットとE.T.の奇妙な生活が始まるが、幸せな日々は長く続かず、やがて別れの日を迎える...
宇宙人を描いたSF映画といえば、‘侵略もの’と相場が決まっているほど、地球人と宇宙人の対決映画は過去に数多く作られている。
だが、本作は地球人の子供と、地球のホームレスとなった宇宙人の心温まる交流を描き、映画史に残る名作となった。
公開後、わずか31日間で1億ドルを超す配給収入があったというから驚きだ。最終的には、それまで歴代1位の77年「スター・ウォーズ」(ジョージ・ルーカス監督)を抜いてトップの座に就いている。

E.T.を自転車の前かごに積んだエリオットが、E.T.の超能力で空を飛ぶシーンは特に忘れがたく、メリッサ・マシスンの繊細な脚本とジョン・ウィリアムスのスコアが抜群の効果をもたらしている。

E.T. 

投稿日

2014/12/31

レビュアー

片山刑事

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

 地球に取り残された宇宙人と宇宙人をかくまって交流する少年たちの話。

 冒頭、台詞がなく地球を探索するエイリアンと彼らの存在を知っているかのような行動をとる人間たちが描かれて、主人公の少年が物置でエイリアンを発見して誰も信じてもらえず、マーブルチョコでおびき寄せて、宇宙人をかくまうことに。お兄ちゃんと妹の協力をとりつつ。

 少年と宇宙人の体調がリンクしているらしく、宇宙人が家でアルコールを摂取すると学校でカエルの解剖していると酔っぱらった主人公がカエルを逃がして大騒ぎに。
 なぜ、少年と宇宙人の体調がリンクしているのかとか説明がなかったり、宇宙人を探す謎の大人たちの説明も一切なくて、登場人物は必要最低限で描くのは主人公と宇宙人の友情の一点突破で、それが感動的に描かれていたと思います。無駄を省いて、面白い映画が見られました。

 宇宙人が宇宙に電話するためにお手製の無線みたいなのを作って、ハロウィンの仮装に紛れて外に出て宇宙船と交信する。眠ってしまった主人公が起きると宇宙人の姿がない。宇宙人は体調が弱っていて、主人公も弱っている。そして少年は助かるけど、宇宙人は……。

 ここからクライマックスのチャリンコの追いかけっこ。最初は信じてなかった主人公の友人たちも一緒になって大人たちから逃げる。ここの疾走感ったらないです。

 ジョン・ウィリアムズ御大も盛り上がること間違いなくて、特に通信するために森をチャリンコで走るシーンなんかは最高にテンションあがる映画でした。

1〜 5件 / 全94件