夜がまた来る

夜がまた来るの画像・ジャケット写真
夜がまた来る / 夏川結衣
全体の平均評価点:
(5点満点)

32

  • DVD
ジャンル:

「夜がまた来る」 の解説・あらすじ・ストーリー

『天使のはらわた』シリーズで知られる劇画家・石井隆の監督第5作。『死国』『青い鳥』の夏川結衣が、石井監督のおなじみのキャラクター・名美を体当たりで熱演。

「夜がまた来る」 の作品情報

製作年: 1994年
製作国: 日本

「夜がまた来る」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

<アルゴ・ピクチャーズ・シリーズ>夜がまた来る デラックス版の詳細

  • 旧作
収録時間: 字幕: 音声:
108分
レイティング: 記番: レンタル開始日:
R-15 PIBR1143 2002年11月07日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
28枚 0人 2人

関連作品

ユーザーレビュー:32件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

1〜 5件 / 全32件

星3つ

投稿日:2018/12/24 レビュアー:Goose

根津甚八さんの役はイースタンプロミスのヴィゴ・モーテンセンを思い出す。

このレビューは気に入りましたか? はい 0人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

転落して行く女の行方は!辛かった〜

投稿日:2015/06/01 レビュアー:ムービードリンク

夜がまた来る

麻薬潜入捜査の旦那が殺された後、レイプ、暴力、スナック、仇打ちの為、親分の女になり、暗殺失敗、拷問、シャブ漬け、地方に身売りとヤクザ女お決まりの落ちていく話に、夏川結衣さんが若かれし頃に出ていた禁断の作品。

鑑賞するか迷っていましたが、やっぱり辛かった。昭和ヤクザ映画特有の転落して行く女の話で夏川さんが好きな私としては暗い話ででした。

ドラマ結婚できない男を見てファンになり、映画歩いても歩いてもで、やっぱり好きな女優さんと思い、この映画に進んだのだが。

良かった所。
夏川さんは綺麗だし、根津さんや椎名さんはかっこいい!照明や画質のこだわりが良かった。この時代の懐かしい雰囲気も良かった。

辛かった所。
夏川さんの落ちていく話は終始辛い。夏川さんの後一歩の手前で詰めが甘い所やラストの椎名さんの日本刀の音がぴょろろって(笑)

このレビューは気に入りましたか? はい 1人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

村木と名美 永遠にすれ違い続ける2つの魂

投稿日:2013/07/19 レビュアー:さえぴょん

これは石井隆の中でも特に好きな映画です。この監督は元来照明に凝るのですが、本作は笠松則通との相乗効果で画面の質が恐ろしく高くなっています。
また、暴力や行為(弁当を食べる・食べないなど)の戯画的な反復、夜間場面の蒼は北野武からの影響もあるでしょうか。

石井隆は妙なカメラアングルから撮るクセがありまして、時にはそれがうるさくも感じられ乗れない作品も多いのですが、この映画のショットの多くは引いた位置にカメラが据えられていて、あまり気になりません。
その分アップの入り方やアクションのカッティングが面白いことになってはいますが、これに関してはOKでしょう。

どん底まで堕ち、蹂躙され、傷付けられてもなお立ち上がる不屈の身体。屋上で寺田農に対して銃を構える夏川結衣の表情の神々しいこと。蘇ったというより、まるで幽霊のようにさえ思えます。
女が劇中放った銃弾は2発。その矛先は・・・この村木と名美の物語は「天使のはらわた 赤い教室」にも並んで哀しい。

・名美が銃の撃ち方を教わる長回しショットはまず画面奥の電灯に照準を合わせ、次に根津甚八に狙いを付けどうなることやらと思っていると、いきなり画面手前カメラに向けてズドン!
おお「大列車強盗」やんけ、と興奮してしまいました。

・このビニール傘の独創的な使い方!

このレビューは気に入りましたか? はい 2人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

有名女優の裸体目当ての若気た私の心はすぐに凍りついたのだった。

投稿日:2013/01/24 レビュアー:伝衛門

夏川結衣さんのヌードが堪能できることで有名な作品。
好きな女優さんということもあり鑑賞した次第です。

冒頭でいきなり永島敏行さんとの愛撫シーン。
小さくガッツポーズ。

パトカーが集結したところで、我が家のリビングに妻が登場。(!)
刑事ものと勘違いしたのか、一緒に鑑賞する気分になったのが感じ取れた。(まずいぞっ!)

しかし、それは一瞬の出来事。

あまりのハードな描写に、速攻でリタイヤ。
妻:”なんで、こんな映画を観るん?”

意味が分からないといった様子。

”夏川結衣のヌードが観られるから”と答えた私に、納得の表情を見せた後、
”観終わったら声をかけて”

。。。(・・。)ゞ

当初の予定通り、独りで鑑賞しました。

”裸になる”=”体当たり演技”という表現に否定的な私ですが、
これは体当たり演技といえるでしょう。
夏川結衣さんだけではなく、寺田農さん、椎名桔平さんも。。。
役者さんってすごいですね。

分かりやすい先が見えてしまうストーリーで面白いわけではありません。
ただただ、役者さんの迫力ある演技に圧倒されてしまった。(・・。)ゞ

このレビューは気に入りましたか? はい 3人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

石井隆の世界観

投稿日:2010/07/23 レビュアー:chocoholic

万人受けする映画ではなく、主に日活ロマンポルノの流れを汲む監督さんが好きな日本映画ファンに支持されている監督だと思うので、出演者目的で観ると後悔するだけだと思います。
石井ファンとしては、できればそういう部分でなく本質を観てもらえたらと思いますが・・・
石井隆の撮る映画はいつも話は単純、先も読めます。
(というか話はまあどうでもいいというか)
出てくる人物もいつも同じ。名美と村木です。
まるでパラレルワールド。
あまり表面的な部分ばかり追っていると、本質を理解できません。
言ってみれば、夢を観ているような感覚に近いのではないでしょうか?

どうしようもなさ、ロマンチシズム、ダークサイド、ファムファタル、性と暴力、雨と夜。
これらが織りなす質感が、石井映画の醍醐味です。
とにかく暗いですが、最高にロマンティックな物語だと思います。

夏川さんも石井ワールドにぴったりの質感を持つ女優さんです。
石井映画の良さを知るには、こちらを観る前に「ヌードの夜」を観ていただきたいです(夏川さんは出てません)。

このレビューは気に入りましたか? はい 0人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

1〜 5件 / 全32件

夜がまた来る

月額課金で借りる

都度課金で借りる