よろこびは腕の中の作品詳細

よろこびは腕の中

よろこびは腕の中

ジャンル: ボーイズラブコミック

作家: 加東セツコ

掲載雑誌: 花音コミックス

出版社: 芳文社

レビュー 1件

単巻一覧

1〜1件(1件中)

チェック タイトル 在庫情報
よろこびは腕の中 

まとめてカートに追加する

関連作品

ユーザーレビュー(1件)

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

奇跡の黒髪×黒髪 ネタバレ

投稿日:2013/02/16 投稿者: ななる

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

41歳実業家×29歳無職。
「よろこびは膝の上」スピンオフ。
葵は、高校時代から13年間、相良宅に居候。母親に金をせびりに行っては、最愛の弟・康毅に疎まれる。自己嫌悪で荒れる葵を相良が甘やかして、また、弟会いたさに金をせびりに…の悪循環。
「膝の上」では粗暴なだけの印象の葵が、実にナイーブ。
本来は他人に配慮できる心根の持ち主なのに、口も手も不器用で、うまくいかないと自棄になるタイプ。根っこが真面目な完璧主義者。理想と現実のギャップが大きすぎて、身動きがとれなくなるのですね。
白黒をつけたがるのは、幼児性が強いためだとか。大人になると、世界が広がる分、グレイの許容範囲を広くしないと、折り合いがつかなくなるわけです。
葵は、絶対に結ばれない相手といられずに家を出た。言葉のあやをまともにくらって、弟の約束をかたくなに守ろうとしたり、相良との約束も十全でないとおちこむ。極端で、グレイゾーンが狭いのです。このときの相良のフォロウが「大人!」。
それにしても、加東先生の黒髪キャラは色っぽい。葵なんて、毛先まで色気が滴ってます。濡れた子猫です。相良じゃなくても、保護して、閉じ込めたくなります。
ところで、謎がひとつ。初めては葵が相良を誘ったと推測(15Pの回想シーンから)するのですが、実態はいかに?
各回扉絵は、二人の精神的距離を語っていて、じわじわ幸せになれました。そして、各回引きのうまさ! 何度でも読み返したい! 

このレビューは気に入りましたか? はい 0人の会員が気に入ったと投票しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する

このコミックを良いと評価した人はこんなコミックも良いと評価しています