進撃の巨人の作品詳細

進撃の巨人 1巻

進撃の巨人 1巻

巻数情報: 1 巻 〜 31 巻(続巻)

ジャンル: 少年コミック

作家: 諫山創

掲載雑誌: 講談社コミックス

出版社: 講談社

レビュー 2件

まとめてレンタル

進撃の巨人  1巻 〜 30巻 (30冊)
カートに追加

関連作品

ユーザーレビュー(2件)

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

ジワジワ! ネタバレ

投稿日:2012/01/02 投稿者: aco

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

色々なサイトやブログで「進撃の巨人」という名を見て導かれるようにレンタルしました。
5巻まで読みましたが、個人的にこの漫画を一言で例えるならば…

ジワジワとクる!!

…でした。なんだろう、この感じ。
新人さんだということをレビューで知り、確かに1巻の数ページを読んだ時の微妙な残念感は否めませんでした。静止した人間の描写はまだまだ拙い感じですが、戦闘シーンに移った時の、本当、なんだろう…この荒削りだけどすごくかっこよく見える感じは。
この作品に出てくる”立体機動”って言葉、なんだか良い響きなんですよね。
思えば人は空を飛べないし、高いところから落ちたらまず無傷ではいられない。
現実にはなかなか難しいであろうスパイダーマンのような動きをする”立体機動”という、軽量な装置やロープなどを駆使して空中を移動する術を身につけて、自分たちの10倍以上も大きな巨人と生身で闘う姿は、戦車や戦闘機などを使うのとは違う奇妙な高揚感に襲われました。

1巻目から主人公のエレンがあんな目やそんな目に遭った時は、この先どうなるんだろうと思いましたが、2巻中盤でナルホド!な展開に。
自分があまり深読みせずに読んでいるせいなのでしょうが、この事実を知ると今度は、なぜ巨人という存在があるのか?巨人がこの世界を支配する意味は?人を襲う理由が?裏で手を引いている者が?などなど、謎を追及したくなってきます。
エレンの幼なじみ?なミカサという女の子の成長後が素敵です。戦闘能力もずば抜けてますし。

描写は悲壮感と絶望感が漂い、表情の不気味な巨人が人を襲う残酷なシーンに目を覆いたくなることもしばしばですが、人間の彼らが壁に囲まれた閉鎖的な世界から一歩外へ踏み出す日を見ないわけにはいきませんよね。(調査兵団はたびたび外に出てますけど)

今後の展開に期待を込めて…★4!(−1は絵が上達しますようにと願いを込めて)

このレビューは気に入りましたか? はい 0人の会員が気に入ったと投票しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する

う〜〜ん・・・ ネタバレ

投稿日:2011/03/10 投稿者:

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

話題の作品なので読んでみました。
3巻まで読んでみて、
面白くないことはないけど、
別に続きはもういいかなって思いました。
新人の方の作品なので、まだまだ画力が
足りないかなと。
内容で、エレンが巨人になってしまっていた
時点で、カクーンとなんだか
落ちてしまいましたね・・・。

このレビューは気に入りましたか? はい 1人の会員が気に入ったと投票しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する

このコミックを良いと評価した人はこんなコミックも良いと評価しています