1. CDレンタルTOP
  2. すべてのジャンル
  3. J-POPのCDレンタル
  4. J-POPのCDレンタル
  5. HELP EVER HURT NEVER / 藤井風
No.108 RANKING

HELP EVER HURT NEVER / 藤井風

HELP EVER HURT NEVER / 藤井風

HELP EVER HURT NEVER / 藤井風

レンタル開始日:2020年06月06日

収録時間:


全体の平均評価点:

全体の平均評価点(5点満点)

2


全体の平均評価点:

CD 2枚組 旧作

ジャンル:

アーティスト : 藤井風

岡山発の男性シンガー・ソングライター、藤井風のデビュー・アルバム。配信リリース済みの「何なんw」「もうええわ」をはじめ、確かなヴォーカル・センスと秀逸なピアノ・アレンジが際立つナンバーが並ぶ。 JAN:4988031381021

ジャンル

アーティスト

藤井風

CD

HELP EVER HURT NEVER / 藤井風

記番 :

レンタル開始日 :

在庫枚数 :

UMCK7064 2020年06月06日 44枚

1位登録者 :

2位登録者 :

8人 7人

曲目 :

  • 1. 何なんw (5分20秒)
  • 2. もうええわ (5分1秒)
  • 3. 優しさ (4分)
  • 4. キリがないから (3分37秒)
  • 5. 罪の香り (3分34秒)
  • 6. 調子のっちゃって (4分42秒)
  • 7. 特にない (3分25秒)
  • 8. 死ぬのがいいわ (3分5秒)
  • 9. 風よ (4分44秒)
  • 10. さよならべいべ (4分20秒)
  • 11. 帰ろう (4分44秒)
  • 12. Close To You (3分38秒)
  • 13. Shape Of You (2分25秒)
  • 14. Back Stabbers (3分8秒)
  • 15. Alfie (2分32秒)
  • 16. Be Alright (3分4秒)
  • 17. Beat It (3分21秒)
  • 18. Don't Let Me Be Misunderstood (2分38秒)
  • 19. My Eyes Adored You (3分39秒)
  • 20. Shake It Off (4分22秒)
  • 21. Stronger Than Me (3分46秒)
  • 22. Time After Time (4分6秒)

記番

UMCK7064

レンタル開始日

2020年06月06日

在庫枚数

44枚

1位登録者

8人

2位登録者

7人

曲目 :

1. 何なんw (5分20秒)
2. もうええわ (5分1秒)
3. 優しさ (4分)
4. キリがないから (3分37秒)
5. 罪の香り (3分34秒)
6. 調子のっちゃって (4分42秒)
7. 特にない (3分25秒)
8. 死ぬのがいいわ (3分5秒)
9. 風よ (4分44秒)
10. さよならべいべ (4分20秒)
11. 帰ろう (4分44秒)
12. Close To You (3分38秒)
13. Shape Of You (2分25秒)
14. Back Stabbers (3分8秒)
15. Alfie (2分32秒)
16. Be Alright (3分4秒)
17. Beat It (3分21秒)
18. Don't Let Me Be Misunderstood (2分38秒)
19. My Eyes Adored You (3分39秒)
20. Shake It Off (4分22秒)
21. Stronger Than Me (3分46秒)
22. Time After Time (4分6秒)

ユーザーレビュー

2

才能のかたまり

ポッシュ

アルバムタイトル「Help Ever Hurt Never」は藤井風がお父様から教えられた言葉だとか。
2020年5月20日にこのファースト・アルバムがリリースされ、1年後の同日、
1周年を記念して、風氏はTwitterにこう呟いている。
「−常に助け 決して傷つけない− 全然簡単じゃなかったな だからこそ一生モンなんだろうな」

若干24歳の若者が、こんな途方もなく大きな愛の言葉を実践しようとしているなんて。
オバサン泣いてしまうよ。

HEHNは、そんな骨太の「愛と優しさ」がつまったアルバムです。

1 「何なんw」  
 デビュー曲ですね。イントロのコンテポラリー・ジャズっぽいギターのリフで持ってかれる。
「あんたのその歯に、はさがった青さこに触れるべきか否かで少し悩んでる」って
ふざけた岡山弁の歌い出しが、とてつもなくカッコイイって何なん?w
実は“内なるもう一人の客観的な自分=ハイヤーセルフ”を歌っているんだとか。
おい若者、ハイヤーセルフなんて概念どこで学んだのじゃ。
「真実なんてもんはとっくのとうに知っていることを知らないだけでしょう」なんて歌詞も出てきて
透徹した達観ぶりにビックリする。
「本は読まない」という風氏だが、洋の東西を問わず夥しい量の音楽に触れてきて、
それらの「歌詞」を通して文学的・哲学的な素養も身に付けたんですかねー。
MV素晴らしいから見て欲しいし、さらに私のオススメは武道館ライブの映像。(YouTubeで見られます)
コロナ禍で行われたマスク着用・声出し禁止のライブで、観客も普通のライブのノリではダメと
思ってるのか座ったままでいると、歌の途中で風氏が「立ってええんやで〜」←超絶かわいい。
艶っぽくて大人っぽい歌声とのギャップに、オバサン膝から崩れ落ちる。魅力に完敗じゃ。

2 「もうええわ」  
 イントロのピアノはわざと歪ませているのか、古いカセットテープを聴いているような音色。
個人的にはイーグルスの「ホテル・カリフォルニア」が蘇るのですよね。(あっちはギターだけど)
で、歌が始まると一気に“今”っぽい16ビートのdopeな横ノリ・リズム。
(ちなみにdopeは風氏本人が楽曲説明で使ってた言葉。coolに近いみたい)
マイナーとメジャーの転調を繰り返す繊細なメロディーラインが、覚えやすく耳心地が良い。ええ曲や。
歌われているのは、− 大切なものだけ選んで、あとは“もう、ええわ”って手放そうよ −
という自由と解放の賛歌。御本人は「執着の放棄」って言ってたかな。
「泣くくらいじゃったら笑ったるわ〜アハハ」っていう言葉選びのセンス!
アウトロのエレピは、マイナーだったイントロのメロディーをメジャーで奏でている。
囚われの身から解放されたハッピー・エンディング。

3 「優しさ」  
 ピアノの美しい和音が連続するイントロで、一気に曲の世界に引き込まれる。
峻厳さと穏やかさが同居しているような響き。私の中では教会の鐘の音がイメージされる。
デビュー前のカバー動画の数々で披露されていた、卓越したリハーモナイズ(コード変化)の技が
発揮されている感じ。そして歌詞にも実に彼らしい価値観がうかがえる。
この曲は自分が人に優しく出来なかった時に、人から優しくされて恥ずかしくなった経験から
インスピレーションを得たと自身が語っていて、
「優しさは弱さではない。優しさは強くてカッコイイ」というメッセージになっている。
うん、こういう事を衒いなく言える「真っ直ぐ」な感性がステキだな。
サウンドがトラップビート?というやつで、後半に向けてどんどん力強さを増していく!魂に響く!

4 「キリがないから」  
 なんとなく80年代の洋楽ポップス、ニューウェイブなんて呼ばれていたジャンルのサウンドを
思い起こさせる一曲。
キメのライン「キリがないからぁっ♪」はちょっと歌謡曲風で中森明菜が歌ってもしっくりきそう。^^
歌詞を聴いていると、これは風氏本人の(デビュー前の)決意を歌ってるのかな?という気がしてしまう。
音楽系ユーチューバー的なポジションで他人の歌をカバーするのはもう終わりにして、
これからは自分の音楽を創って未知の世界に出て行くんだ、みたいな。(勝手言ってます)
途中でDとDシャープの間の“未来の音”が出てくるってのも愉しい仕掛けですわな。
実際に聴いて確かめてほしいです。「♪いや夢、マボロシ」のシの音。
最後にフッって笑ってる不敵な鼻息も必聴。(そう聴こえるのだけど。間違ってたらごめんなさい)


5曲目以後はコメント欄へ。

歌うまい

ジョーンジェットの犬

「何なんw」「もうええわ」やっぱ良い!
岡山弁が歌詞にハマってるのが凄いっス。
Disc2はカバー集になってます。

1〜 2件 / 全2件

HELP EVER HURT COVER LOVE ALL SERVE ALL(初回盤)
/ /
   
   

ユーザーレビュー:2件

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

1〜 2件 / 全2件

才能のかたまり

投稿日:2021/08/12 レビュアー: ポッシュ

アルバムタイトル「Help Ever Hurt Never」は藤井風がお父様から教えられた言葉だとか。
2020年5月20日にこのファースト・アルバムがリリースされ、1年後の同日、
1周年を記念して、風氏はTwitterにこう呟いている。
「−常に助け 決して傷つけない− 全然簡単じゃなかったな だからこそ一生モンなんだろうな」

若干24歳の若者が、こんな途方もなく大きな愛の言葉を実践しようとしているなんて。
オバサン泣いてしまうよ。

HEHNは、そんな骨太の「愛と優しさ」がつまったアルバムです。

1 「何なんw」  
 デビュー曲ですね。イントロのコンテポラリー・ジャズっぽいギターのリフで持ってかれる。
「あんたのその歯に、はさがった青さこに触れるべきか否かで少し悩んでる」って
ふざけた岡山弁の歌い出しが、とてつもなくカッコイイって何なん?w
実は“内なるもう一人の客観的な自分=ハイヤーセルフ”を歌っているんだとか。
おい若者、ハイヤーセルフなんて概念どこで学んだのじゃ。
「真実なんてもんはとっくのとうに知っていることを知らないだけでしょう」なんて歌詞も出てきて
透徹した達観ぶりにビックリする。
「本は読まない」という風氏だが、洋の東西を問わず夥しい量の音楽に触れてきて、
それらの「歌詞」を通して文学的・哲学的な素養も身に付けたんですかねー。
MV素晴らしいから見て欲しいし、さらに私のオススメは武道館ライブの映像。(YouTubeで見られます)
コロナ禍で行われたマスク着用・声出し禁止のライブで、観客も普通のライブのノリではダメと
思ってるのか座ったままでいると、歌の途中で風氏が「立ってええんやで〜」←超絶かわいい。
艶っぽくて大人っぽい歌声とのギャップに、オバサン膝から崩れ落ちる。魅力に完敗じゃ。

2 「もうええわ」  
 イントロのピアノはわざと歪ませているのか、古いカセットテープを聴いているような音色。
個人的にはイーグルスの「ホテル・カリフォルニア」が蘇るのですよね。(あっちはギターだけど)
で、歌が始まると一気に“今”っぽい16ビートのdopeな横ノリ・リズム。
(ちなみにdopeは風氏本人が楽曲説明で使ってた言葉。coolに近いみたい)
マイナーとメジャーの転調を繰り返す繊細なメロディーラインが、覚えやすく耳心地が良い。ええ曲や。
歌われているのは、− 大切なものだけ選んで、あとは“もう、ええわ”って手放そうよ −
という自由と解放の賛歌。御本人は「執着の放棄」って言ってたかな。
「泣くくらいじゃったら笑ったるわ〜アハハ」っていう言葉選びのセンス!
アウトロのエレピは、マイナーだったイントロのメロディーをメジャーで奏でている。
囚われの身から解放されたハッピー・エンディング。

3 「優しさ」  
 ピアノの美しい和音が連続するイントロで、一気に曲の世界に引き込まれる。
峻厳さと穏やかさが同居しているような響き。私の中では教会の鐘の音がイメージされる。
デビュー前のカバー動画の数々で披露されていた、卓越したリハーモナイズ(コード変化)の技が
発揮されている感じ。そして歌詞にも実に彼らしい価値観がうかがえる。
この曲は自分が人に優しく出来なかった時に、人から優しくされて恥ずかしくなった経験から
インスピレーションを得たと自身が語っていて、
「優しさは弱さではない。優しさは強くてカッコイイ」というメッセージになっている。
うん、こういう事を衒いなく言える「真っ直ぐ」な感性がステキだな。
サウンドがトラップビート?というやつで、後半に向けてどんどん力強さを増していく!魂に響く!

4 「キリがないから」  
 なんとなく80年代の洋楽ポップス、ニューウェイブなんて呼ばれていたジャンルのサウンドを
思い起こさせる一曲。
キメのライン「キリがないからぁっ♪」はちょっと歌謡曲風で中森明菜が歌ってもしっくりきそう。^^
歌詞を聴いていると、これは風氏本人の(デビュー前の)決意を歌ってるのかな?という気がしてしまう。
音楽系ユーチューバー的なポジションで他人の歌をカバーするのはもう終わりにして、
これからは自分の音楽を創って未知の世界に出て行くんだ、みたいな。(勝手言ってます)
途中でDとDシャープの間の“未来の音”が出てくるってのも愉しい仕掛けですわな。
実際に聴いて確かめてほしいです。「♪いや夢、マボロシ」のシの音。
最後にフッって笑ってる不敵な鼻息も必聴。(そう聴こえるのだけど。間違ってたらごめんなさい)


5曲目以後はコメント欄へ。

このレビューは気に入りましたか? 13人の会員が気に入ったと投稿しています

歌うまい

投稿日:2021/05/09 レビュアー: ジョーンジェットの犬

「何なんw」「もうええわ」やっぱ良い!
岡山弁が歌詞にハマってるのが凄いっス。
Disc2はカバー集になってます。

このレビューは気に入りましたか? 2人の会員が気に入ったと投稿しています

1〜 2件 / 全2件

HELP EVER HURT NEVER