AMARANTHUS(通常盤) / ももいろクローバーZ

AMARANTHUS(通常盤) / ももいろクローバーZ

全体の平均評価点(5点満点)

  • 0
  • CD
ジャンル : 
アーティスト : 
ももいろクローバーZ

ももいろクローバーZの3枚目と4枚目のアルバムが同時に発売された。まず、まだ2枚しか出ていないことに驚いた。しかも2nd『5TH DIMENSION』からちょうど3年経つ。アルバム至上主義、とまでは言わないけれど、やっぱりアルバムを中心にミュージシャンの歩幅を測ってしまう評者にとって、このリリースによって彼女たちを“見る目”は確実にリセットされた。ストーンズ『サタニティック・マジェスティーズ』と並べて飾りたい『AMARANTHUS』と、フライング・ロータス『ユーアー・デッド!』と並べて飾らずにはいれらない『白金の夜明け』。ジャケからだけでも意欲はびんびんに伝わってくる。2枚それぞれ独立した作品となってはいるが、前山田健一や清 竜人が書き下ろした曲がそれぞれに入っていたり、シングル曲もバランスよく振り分けられている。ともにトータル・アルバムのような顔をしているが、とくに『AMARANTHS』(アマランサスは植物の名前)は「embryo」(胎児)から、「WE ARE BORN」で“おぎゃあ!”と生まれ、まあ人生いろいろあって、最後は死、そして再生まで扱われる。“死”を歌う「バイバイでさよなら」が、一切湿っぽくなく、気がつけば死んでいた、みたいな軽さがたまらなくいい曲なのだ。新曲のひとつひとつの質の高さは特筆すべきものがあるのだが、その中にある既発曲がいちいち別の輝きを放っていることに驚いた。前から好きだったけれど、中島みゆき作の「泣いてもいいんだよ」がこんなに胸に響くとは。「青春譜」も言わずもがな。正直なところ、シングルとしてはそんなにいいと思わなかったKISSとの共演曲「夢の浮世に咲いてみな」も、ここに収まるべくして……、と腑に落ちた。ザ・タイガース『ヒューマン・ルネッサンス』とか、モダンチョキチョキズ『ボンゲンガンバンガラビンゲンの伝説』なんかを思い出した。プログレよりもプログレッシヴだ。 (安田謙一) JAN:4988003477523

AMARANTHUS(通常盤) / ももいろクローバーZ

  • 旧作
記番 : レンタル開始日 : 在庫枚数 :
KICS3308 2016年03月05日 488枚
1位登録者 : 2位登録者 :
0人 1人
曲目 :
  • 1. embryo -prologue- (1分30秒)
  • 2. WE ARE BORN (4分20秒)
  • 3. モノクロデッサン (5分53秒)
  • 4. ゴリラパンチ (4分36秒)
  • 5. 武陵桃源なかよし物語 (4分29秒)
  • 6. 勝手に君に (4分45秒)
  • 7. 青春賦 (5分17秒)
  • 8. サボテンとリボン (4分44秒)
  • 9. デモンストレーション (4分44秒)
  • 10. 仏桑花 (4分38秒)
  • 11. 泣いてもいいんだよ (5分6秒)
  • 12. Guns N' Diamond (4分5秒)
  • 13. バイバイでさようなら (4分43秒)
  • 14. HAPPY Re:BIRTHDAY (4分15秒)

関連作品

MOMOIRO CLOVER Z BEST ALBUM 「桃も十、番茶も出花」(通常盤) 【MAXI】猛烈宇宙交響曲・第七楽章「無限の愛」(通常盤)(マキシシングル) 【MAXI】未来へススメ!(通常盤)(マキシシングル) 【MAXI】ももいろパンチ(通常盤)(マキシシングル)
MOMOIRO CLOVER Z BEST ALBUM 「桃も十、番茶も出花」(通常盤) / ももいろクローバーZ 【MAXI】猛烈宇宙交響曲・第七楽章「無限の愛」(通常盤)(マキシシングル) / ももいろクローバーZ 【MAXI】未来へススメ!(通常盤)(マキシシングル) / ももいろクローバーZ 【MAXI】ももいろパンチ(通常盤)(マキシシングル) / ももいろクローバーZ

ユーザーレビュー:0件

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

AMARANTHUS(通常盤)