赤い断層 / ダリル・ホール&ジョン・オーツ

赤い断層 / ダリル・ホール&ジョン・オーツ

全体の平均評価点(5点満点)

  • 1
  • CD
ジャンル : 
アーティスト : 
ダリル・ホール&ジョン・オーツ

78年に発表された9thアルバム。ヒット・シングルこそ少ないが多くのファンから支持されている作品。ロバート・フリップやトッドの参加等、この作品だけで終わってしまったのが惜しいくらいのアイディアが全編に満ちあふれている。 JAN:4547366247732

赤い断層 / ダリル・ホール&ジョン・オーツ

  • 旧作
記番 : レンタル開始日 : 在庫枚数 :
SICP30838 2015年09月30日 2枚
1位登録者 : 2位登録者 :
0人 0人
曲目 :
  • 1. イッツ・ア・ラーフ (3分50秒)
  • 2. 想い出のメロディ (4分55秒)
  • 3. ザ・ラスト・タイム (2分53秒)
  • 4. 君を失いたくない (3分50秒)
  • 5. 愛は彼方に (4分24秒)
  • 6. アレイ・カッツ (3分5秒)
  • 7. 愛に罪はない (3分58秒)
  • 8. シリアス・ミュージック (4分10秒)
  • 9. プレジャー・ビーチ (3分13秒)
  • 10. 八月の恋 (3分6秒)

関連作品

ザ・シングルズ チェンジ オブ シーズン 輸〉Very Best of Daryl サラ スマイル
ザ・シングルズ / ダリル・ホール&ジョン・オーツ チェンジ オブ シーズン / ダリル・ホール&ジョン・オーツ 輸〉Very Best of Daryl / ダリル・ホール&ジョン・オーツ サラ スマイル / ダリル・ホール&ジョン・オーツ

ユーザーレビュー:1件

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

1〜 1件 / 全1件

ブレイク前の意欲作。

投稿日:2019/07/07 レビュアー:MIGHTY MOE AND JOE

なんだ、このアルバム、ロバート・フリップの
プロデュースじゃないんだな。
デヴィッド・フォスターか。
だろうね。まあいいや。

ゲストが豪華。そのフリップはじめ、
ジョージ・ハリスン、トッド・ラングレン、
リック・ニールセン、ディック・ワグナー等々。
曲によって「このアレンジのコードの感覚は」とか
「この優しいタッチのスライドは」ってな風に
何となく察しが付くのが面白い。
多彩なギター・スタイルに導かれるように、
曲調も色とりどりです。

特に、M7のソロで
クリムゾンの「レッド」みたいな
フレーズを聴かせてるのは、やっぱりフリップ先生?
ひょっとして、アルバム・タイトルも
そっから取られたのかな。

この時期、「セイクレッド・ソングス」
「エクスポージャー」という
お互いのソロ・アルバムに参加し合っていた
ダリル・ホールとフリップ。
当時のホールにノン・コマーシャルな音楽への
志向があったのかどうか知りませんが、
ホール&オーツの後のメガ・ブレイクを思えば、
嵐の前の静けさのような二人の交流は
今にして味わい深いものです。

このレビューは気に入りましたか? はい 0人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

1〜 1件 / 全1件

赤い断層