シベリウス:ヴァイオリン協奏曲 ブルッフ:スコットランド幻想曲 / 五嶋みどり

シベリウス:ヴァイオリン協奏曲 ブルッフ:スコットランド幻想曲 / 五嶋みどり

全体の平均評価点(5点満点)

  • 2
  • CD
ジャンル : 
アーティスト : 
五嶋みどり

日本人で最初といっていい世界的な名声を得たヴァイオリニストの五嶋みどりが、出すアルバムすべてが話題となっていた20代前半頃に録音したシベリウスとブルッフ。当時の五嶋の気迫がストレートに出ている。 JAN:4547366235388

シベリウス:ヴァイオリン協奏曲 ブルッフ:スコットランド幻想曲 / 五嶋みどり

  • 旧作
記番 : レンタル開始日 : 在庫枚数 :
SICC1785 2015年04月22日 6枚
1位登録者 : 2位登録者 :
0人 1人
曲目 :
  • 1. ヴァイオリン協奏曲 ニ短調 作品47 第1楽章:アレグロ・モデラート (16分27秒)
  • 2. ヴァイオリン協奏曲 ニ短調 作品47 第2楽章:アダージョ・ディ・モルト (8分11秒)
  • 3. ヴァイオリン協奏曲 ニ短調 作品47 第3楽章:アレグロ、マ・ノン・タント (7分47秒)
  • 4. スコットランド幻想曲 作品46 序奏:グラーヴェ (3分43秒)
  • 5. スコットランド幻想曲 作品46 第1楽章:アダージョ・カンタービレ (4分33秒)
  • 6. スコットランド幻想曲 作品46 第2楽章:アレグロ (6分20秒)
  • 7. スコットランド幻想曲 作品46 第3楽章:アンダンテ・ソステヌート (6分13秒)
  • 8. スコットランド幻想曲 作品46 第4楽章:フィナーレ.アレグロ・グェリエロ (9分38秒)

関連作品

Hindemith:Violinkonzert-Symphonic Metamorphosis- Konzertmusik,Op.50 バルトーク:ヴァイオリン協奏曲第1番&第2番 パガニーニ:ヴァイオリン協奏曲第1番 ドヴォルザーク:ヴァイオリン協奏曲 ロマンス
Hindemith:Violinkonzert-Symphonic Metamorphosis- Konzertmusik,Op.50 / 五嶋みどり バルトーク:ヴァイオリン協奏曲第1番&第2番 / 五嶋みどり パガニーニ:ヴァイオリン協奏曲第1番 / 五嶋みどり ドヴォルザーク:ヴァイオリン協奏曲 ロマンス / 五嶋みどり

ユーザーレビュー:2件

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

1〜 2件 / 全2件

最高だ

投稿日:2017/10/03 レビュアー:vue

これは繊細だ。

このレビューは気に入りましたか? はい 1人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

名盤! 五嶋みどり、ズビン・メータ指揮:イスラエルフィル

投稿日:2015/04/17 レビュアー:ちゅく

シベリウスのヴァイオリン協奏曲。

ヴァイオリン協奏曲というと、第一楽章は、オーケストラの壮大なデモンストレーションのあと、ヴァイオリンのソロが始まります。
作曲家は、第1楽章に最大の思いを込めるのでしょう。

交響曲【通常4楽章)の第1・第2楽章が、ヴァイオリン協奏曲(通常3楽章)の1楽章になることが多い。

続く、第2楽章は、次の2パターンです。

@ 第1楽章が激しかった場合、第2楽章は、、スローな楽章で、ヴァイオリンの音色をゆっくり聴かせ、最後の第3楽章は、勢いのあるオーケストラとヴァイオリンの協奏の決着をする。

A 第1楽章が穏やかだった場合(少ないが)、第2楽章は、変奏曲、ヴァイオリニストの技量を最大限発揮するスケルツォ、悪魔的な楽章になる。第3楽章は、緩徐楽章で、最後に1・2楽章の救い、鋭いメロディが回帰する。

シベリウスのこの曲は、@・Aのどれでも、ないです。

これは、交響曲としては、そこまで行かなかった塊(かたまり)。しかし、一管弦楽曲(交響詩)としては、作曲家が書き足りないと思ったのだろう。
第2楽章と第3楽章は、その清算だ。

第1楽章が30分ある。第2が8分、第3が7分半。
変な構成だ。バランスが悪い。

この変わったヴァイオリン協奏曲が、自分も好きだったが、ファンは多い。
変わり者の曲には、「弾いてやろう」というチャレンジャーが多いのだが、五嶋みどりで聴ければ、それは最高だ。

この演奏は、拡散・演繹ではなく、収斂・帰納の音楽である。



これが、パターンです。
メンデルスゾーン、チャイコフスキーなど、1曲しかヴァイオリン協奏曲を書いていない作曲家の、その曲では、このパターンです。


シベリウスもヴァイオリン協奏曲をこの1曲しか書いていませんが、異例中の異例です。

第1楽章。最初の音は、ヴァイオリン・ソロです。

この演奏では、全体の時間が、1楽章が

このレビューは気に入りましたか? はい 0人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

1〜 2件 / 全2件

シベリウス:ヴァイオリン協奏曲 ブルッフ:スコットランド幻想曲